全くの初挑戦となる業種などに転業するときには、前の会社で、自…

経験のない分野などに転身する際には、自分が以前の職場・・

全く経験のない分野などに転職する際には、以前の職で身に付けた腕前やこれまでやってきたことを生かすことができるという内容の自己アピールがいるようになります。その分野で経験をしたことがないという人は経験のない分だけその業界で勤務したことがある方よりも不利になりますけど、自分自身が保持している力がその業界においても発揮できるということをしっかりと相手に伝えれば、戦うことができるケースも十分に考えられるのです。そのような訳で、未経験の分野にチャレンジするときには、その業界と前の職場でやっていた仕事内容とのつながりを必ず見付けましょう。

『転職をしたい!』と思っている人で自身の意志が固いなら…

『転職をしたい!』と思っていて、自身の意志が固いならば辞めたいということを速やかに上司に伝えるべきです。なぜかというと、そのときに曖昧な表現をしていると、もしかすると言いくるめられる可能性が高いので気をつけましょう。そして、実際に私も、上司へ転職についての相談をしたのですが、手を変え人を変え、最終的に、半年ほど予定が伸びてしまいました。辞めたい旨をはじめて直属の上司に相談をしたのが年度末でしたが、実際では数ヶ月働くことになり、辞められたのはその年の11月です。本音は仕事が一段落した年度末いっぱいで辞めたかったのに、色々と理由をつけられ、予定が狂ってしまいました。会社にも人事の采配が必要なのは分かりますが、社員の意見を聞かずに、上司をはじめ、組織としてこちらの希望を無視してきたのでほとほと呆れてしまいました。

一度、現職からの転職の決意したなら、完全に一緒に働く人に・・

例えば、現職からの転職の決心を固めたなら、徹底的に周りの人には内密にその気持ちを言わないように、活動を進め、転職先が決定していないのなら、徹底して同僚に知られないように平常通りに仕事をするのがたいへんいいです。現職中、その状態をキープしていれば、希望に沿う転職先を見付けることができなくても、転身時期を見送りながら今の職を残っても何ら問題がありません。そうではなくて、ついうっかり口にしてしまったら周囲の人は、その言葉に合わせた態度を態度をし出します。また周囲に「辞めるつもりです」と言った場合、周囲からは「あいつは退職する人」という位置づけになります。そういったシチュエーションのあとで、転職の気持ちが消えて、「やっぱり退職しないことにしました」と釈明しても、会社内の人たちは、「一度は仕事を辞めようとした人」とあなたを見て、在籍しているあいだ、身の置き所がないと感じるでしょう。

来週からでも転職しようと考えるのなら、現在の仕事で感じている不満点…

来週からでも転職することを考えているのなら、今いる仕事や業務の何に対して不満を感じているのかをハッキリとさせておく必要があります。これは当然できていると思われますが、意外とそうでもないのです。もともと気に入らないことが限界に達しているから転職したい、と考えるのは分かります。が、「よく考えていまある仕事の客観的に考えた不満なことを列挙する」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の問題をしっかり見える化しておくと、転職における後悔を減らせます。そのあとに、仮に転職した場合、「どういった事がマイナスになるだろうか」を明確にイメージしてみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、現状の問題が全て解消されるとは限りません。こうした整理をする事で、転職後の急激なモチベーションの低下は抑えることは可能です。

可能性を広げたいと考え、転職サイトを活用して自身にぴった…

可能性を広げたいと考え、転職サイトを利用して自身の可能性を広げてくれるストレスを感じずに働ける企業を探しているのなら、「転職エージェント」は必ず活用しておきましょう。登録は簡単です。エージェントサービスの登録のあとそこで紹介される求人情報は、誰でもチェックできる公開求人とは違って比べようがないほどにかなり高品質といえます。そして何より、あなたに合ったものをピックアップし、調査し、紹介してくれます。そういうわけで、かなりの精度であなたの職種・業種の求人を提供してもらえたりもします。仮に、同一の求人に出くわすとしても、あなたが自身で手当たり次第に調べていくことと比べれば、とても効率的です。ですから試してみる価値は大いにあります。

転職する場合、「派遣社員」として、転職を考えている…

転職の際、「派遣社員」として、転職を考えている人に注意していただきたいポイントがいくつかあります。なんとなく派遣というと、電話対応、データの入力などの雑務、雑用等をといった仕事内容をなんとなく連想される方が多いかと思います。本音を言うと私もかつてはそう思っていました。「派遣社員」の求人に応募した際に、「電話対応がメインです」と直接説明を受けてもいたので安心しきっていました。ところが、実際に仕事に就くと、「電話対応」だけでなく、欠員した正社員の穴埋め役を任されてしまいました。知識もないので毎回てんてこまいですし、はじめの説明とはかなり違っていたので非常に困っています。とりあえず、ひたすら契約期間が終わるのを待つだけです。

在職期間中は、出来るだけ会社内の人にバレないよう・・

雇用期間中なら、極力社内の人間に悟られないよう、(自身の転職活動では)在職期間中に「転社するかも」という考えのみはじめの時期に社内で仄めかしたことがあります。ところが、その後転職サイトを必死に見て回ったのですが、結局転職先もタイミングさえも何も決まらないまま、知らぬ間に時間がムダになるだけでした。挙句の果てにはその一方、会社の方も仕事の引き継ぎ予定や手続き、私自身の退職予定日などが確定していき、最終的に、「退職予定日に合うように、就職先を見付ける」という、なんともお粗末な結果になってしまいました。ですが予定は噛み合うこともなく、失業期間を経たあと、次の就業先を見付けなくてはなりませんでした。

職を変える際にいるビジネススーツの色は、新卒の人たちが就職活動の…

転職時の面接で着用するスーツのカラーについては、新卒の人たちが就職活動の時に着る色がベストとされています。つまり、紺や黒のような暗い色合いになるわけです。それが、転職の面接でも、着ていくスーツのカラーに関してはこういったような暗い感じの落ち着いたカラーが圧倒的に多くて、他のカラーを着ている転職者は圧倒的に少ないです。その他の色で言えば、まれにグレー系のスーツを着ている人がいるくらいで、全体的な割合をみても黒系や紺系のスーツを着用している方が大多数を占めているので、採用担当の人も黒や紺色であるほうが自然です。ですから、第一印象という点ではそのようにする方が好ましいわけです。

今日はネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじ・・

近年はネット上の就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングを専門に行う会社もたくさんあります。特許を出した経歴がある人は、ヘッドハンティングされることが期待できます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許申請を行った人に限らず、研究開発で論文を発表した実績のある人や、マスコミで紹介された人など、「功績」を残した人物を対象に、電話やメールでコンタクトを取り、ヘッドハンティングのネタにしようと画策しています。仮に、あなたがヘッドハンディングのような話が出てきたなら、そうなったキッカケを思い出してみましょう。稀にヘッドハンティング名目として、登録料を要求しようとする会社もあるらしいですが、そういったものは確実に嘘なので、騙されてはいけません。報酬を支払うのは登録している会社であり、転職希望者がお金を出すことはまずありません。

求人についての情報誌やサイトを見てみると、ほとんどの場・・

求人関連の広告には、たいていの職場では月の給与が記載されているはずです。ただしこの月収の欄を頭に入れる時には、注意して確認する事が大事です。その値だけで納得してはいけません。というのはもしかすると、月収の額の中身に月20時間残業の場合を前提に計算されている可能性もあります。要するに残業代の金額を含めて金額を多く見せ、応募者を増やそうとすることも珍しくありません。また「歩合給」を付けますよ、という案件にも注意が必要です。歩合をかなり盛って月収を多く見せている会社もあります。だから、そうやって表記された数字どおりとなる見込みがない会社にははじめから相手にしないほうが無難です。

安定した人生を求めて正規の社員になりたいと考えている人は…

より安定した暮らしを送りたいと正規社員として働くことを念頭に置いている人が相当数います。しかし、即戦力として働けるように資格を取得するなどして頑張っていても、正社員としての転身が叶わないこともあるでしょう。契約社員の求人募集はかなりあるのに正規雇用の求人以外はそっちのけでチャンスを放棄してしまっている人が多いといいます。なかなか、転職先が正社員として迎え入れてくれないのなら、準社員に応募することも選択肢に加えてみましょう。契約社員や派遣社員を募集している企業であっても、その人の実力によって、2,3年で非正規雇用から正規雇用にステップアップができる可能性もあるからです。ですから採用面接の際に、「正社員登用」の可能性を質問しておけば、今後の役に立ちます。

転職を考える際、転職後の自分の給与について気にする人が…

転職を考えるとき、そこでの給料を気にしすぎる人が意外と多くの方のようです。もちろんほとんどの人は、仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を手に入れるために仕事するはずです。だから年収がどれだけかは自身の仕事に対する評価という側面もありますから、当然大切なものであることは当然ともいえます。とはいえ、年収の額ばかりを気にかけすぎる生き方というのも虚しい気がするでしょう。よく見れば年収が期待できない業種でったも精神的な充足感を得られることは少なくないからです。