2,3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりなのに、慣れもしないあい…

ちょっと前に転職したというのに、早期に退職を決断する・・

  • 数ヶ月ほどまえに、転職したばかりなのに、すぐに辞めてしまうことを決断する人がずいぶん多いといいます。それはたぶん新たな気持で良い職場で勤務を始めてみたものの、「自分の理想としていた職場環境と大きくかけ離れていた」「会社独自のルールになじめない」ということが理由で去っていくのじゃあないかと思います。でもこういった転職における失敗を未然に防ぐためには、とにかく情報収集を徹底しなくてはなりません。手を抜くことなく行うべきなのです。業務におけるルール、通勤にかかる時間、などあれこれ事前にチェックしておくことで気になる点は職に就く前の段階でチェックしておきましょう。
  • 「シフト制」がある仕事についての話です。

  • シフトの業務についてです。毎週、決まった曜日に仕事できる人を募集している求人を頻繁に目にしますが、もし、応募しようと思っているならシフトの出し方、休み方については事前に確認しておいた方が良いです。それはなぜかというと、前に私は出産のため抜けた人の穴埋めとして、正社員の仕事をはじめたのですが、私のシフトがそこでは「土日」固定のシフトだったのですが、他に誰も来ず、新入社員の私一人だけで現場を任されるだけでした。産休に入った前任の方が「土日」に必ず出れる人だったので、私自身も同じような人として扱われてしまいました。実際「土日」に外せない用事が入った場合、シフトを変更してもらわなくてはならず、上の人たちに「日曜日に休みたいのです」と私自身がお願いをしに行かなければいけませんでした。給料も立場も同等なのに土日を私ひとりに任せっきりって、一体・・・。今思うとよく我慢したな、と自分でも驚きです。
  • 転職時の面接では、正直さがマイナスに作用することがあります。

  • 転職時の面接では、正直さがマイナスに作用することがあります。面接担当から「転職理由は?」と必ずと言っていいほど訊かれます。この時に、いかなる理由があったにせよ、過去の職場の「人間関係」「労働環境」についての返答などは、極力避けましょう。なぜなら、此の様な内容の話は、採用のチャンスをダメにしてしまいます。面接時には前向きな発言が大切です。、実際の理由とは違っていても、「新しい職場においては、自分のキャリアを十分生かし、会社のためにより一層の努力をしていくつもりです」といったようなアピールの仕方が担当者の心証はよくなります。
  • 近時は、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようになり、…

  • 近時は、ブラック企業がニュースで取り上げられたりして、労働条件違反の取り締まりが強化されたり、悪質な会社が公表されるなど、厳罰に処せられる傾向にありますが、まだまだ不完全です。したがって、面接で見破る必要が生じます。最初に、求人票等に書かれている労働条件をチェックし、それらをもとに細かく質問してみましょう。「ブラック企業」と対峙している場合には、質問したことが嘘であった場合、不自然な返答になったり、「その場でははっきり答えられない」と逃げようとすることが多いです。中でも給与や残業や休日に対しては、質問してみると、渋い表情を見せるケースが多くあります。それでもしつこく聞くとブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされたような態度になってくるので、そこで「この会社は信用に値しない」と確信できます。このような会社は入社してからもこのような態度であることが多いので、少しでもおかしいと感じたら、別の会社を面接しておいた方が良いでしょう。
  • 時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、契約期間を過ぎた…

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、1年経ったら好きなタイミングで退職できるわけではないと実際に転職活動したことで思い知らされました。結婚生活が落ちついたら、すぐにでも子育てに取り組みたかったので、それまでの間のために数年だけ現在の部署で継続で仕事したかったので就職しました。フルタイムでなく派遣社員であるために、月収は少なかったですが、仕方ないので時間的な融通が得られるのでガマンしました。しかしながら、入社してみたら、一緒に働いている人たちは多数のスタッフが10年、15年と続けていらっしゃったのです。たとえ派遣社員であったとしても、契約が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気もないと知り、この先どうしたらいいのか、少し困惑しています。
  • 転職を度々しないための術が一つだけあります。

  • 転社を繰り返さないためにすることはただ一つです。スキルアップもそうですが、メンタルな部分を鍛えれば、そう簡単に転職を繰り返しません。現在はネットがいつでも使えるので、メンタル面を鍛えるための自己啓発系の情報はカンタンに知ることができます。加えて、転職以外の行動によっても、精神面を鍛えることが可能です。たとえば「海外旅行」です。海外は、文化も言語も、日本とは大きく違うため、とにかく刺激が山ほどあるのです。なので、精神的な成長を遂げるにはピッタリの方法といえます。帰国してみると、「自分の視野の狭さ」に驚き、「世間の小ささ」というものをしみじみと実感することができます。その気持ちを携え面接に行けば、これまでとは格段に違い自信にあふれた態度でアピールもできるはずです。どうしても、退職して間もない頃は精神面がもろくなっている人も多いので気力回復のために休みも必要です。
  • 転職時の採用面接では、やめておいたほうがよいのは採用を勝ち取りたいあまり過度に…

  • 転職を成功させるための企業の面接に関して、多数のひとが思い違いをしているのですが良い印象を与えたいと露骨なまでの猫をかぶることは残念なことに悪い結果を招くおそれがあります。そうなる前に思い切って面接の際は「産休」といったような、普通はかなり質問しにくい内容を勇気を出し率直に質問しておいた方が、結果的に絶対にあなたのためにもなります。実際には「面接の段階でそういった内容を無神経に尋ねたら、面接で不採用になるのではないか」と懸念する人もいるかもしれません。ところが、かえって良い結果をもたらす直結するといいます。この手の「お金」や「労働環境」に関連する内容は、実のところ、誰しもが尋ねておきたい内容ですよね。ですが、面接の場でははっきりと聞けないものです。けれども、ほんの少し勇気を出して質問することで「ほかの人とは違うな」と格好の自己アピールとなるのです。
  • 看護師のほかの仕事に転職に至る理由は、人によりけりです。

  • 看護師という職業の人のそれと違う職に転職の理由はその人によって違うはずです。考えてみると「職場に関わりたくない人がいる」「結婚で一人とは変わって出産と子育てそのうえに家族の介護など、仕事環境の変化など、これまでと同じような働き方が厳しくなってしまった」「現在の給与とキャリアとのバランスに不満を感じている」というような問題があるのでしょう。環境を変えたい気持ちは分かりますが、転職を決める前に「どうして自分は転職しなくてはいけないのか?」と、今一度冷静に、そして客観的に見つめ直すこともしてみてください。「本当に転職して状況が良くなるのか?」と再考してみる必要は大いにあるものです。そのうえで決断しておくと間違いありません。
  • 転職活動をしていて面接において例外なく尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動中に、絶対に尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。志望動機については、心で思っていることをそのまま話してもかまいませんが、これとは異なり転職理由についてありのままに伝えるのは得策ではありません。例をあげれば給料に関する不満、同僚や上司とのあいだのトラブルなど、面接官に好印象を与えるものではありません。たぶん、自分にとってマイナスになると予想されることをストレートに話す人は非常に少ないと思いますが、転職先となる企業は、そのような部分を重要視している傾向があるため、遠回しに聞き出そうとしてきます。悪いイメージを与えずに答える方法としては、現職の仕事内容以外を話しないのが基本です。そしてさらに、この企業に入社してこんなことを実現したい、「いついつまでに〇〇は叶えるつもりです」、「このような私の目標を達成できるのは御社のみです」、といった形でポジティブなイメージを与えるようにしましょう。
  • いい企業がいいと転職活動をしている場合、「ちょっとでも早…

  • 新しい会社がいいと転職活動中の場合には「できるだけ早く、内定(採用通知)が手にしたい」と考えるはずです。ただ、その気持ちが強くて内定通知を得たいばかりに、自分をより大きく見せたり、あるいは逆に自分を安売りしてしまう売り込みは可能な限りしないでください。大事なのは焦ってしまう気持ちをガマンして、落ちついて自分の能力にあった職場を探すことに専念しましょう。これまでの経験が活かせるように、そして、自分のキャリアアップが期待できる場所を見極めましょう。
  • 転職を取り囲む状況ですが、政治による変化が出始めています。

  • 近年の転職事情では、政治による影響が出始めています。今の安倍内閣によって、「アベノミクス」「三本の矢」など、経済に関係する政策が打ち出されています。内閣が打ち出した新たな経済政策に連れ立って金融政策とも、たがいに作用しあって財界・企業ともに新時代となる明るい動きが顕著に現れてきております。そういった変化が加わったことで、企業のあいだでも若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる「働き手が足りないこと」が社会では大きな問題となっています。最近では「外国人労働者」の割合を現状よりも増加させていく、つもりでいると安倍政権は語っています。国内の転職問題についても幅が広がりそうです。こういった変化によって、日本国内の雇用や転職をとりまく事情も大きな影響が出てくるのは確実でしょう。
  • 転職したケースでは、高い確率で以前の仕事での記憶は美化されます。

  • 仕事を変えた際には、だいたいの場合は前職は多くの記憶は美化されます。実のところ現在の仕事内容に合っていないと思ったから、それをどうにかするために、せっかく再就職を決意したはずなのに、過去を振り返ると不思議なことに転職した会社よりも「前の仕事のほうが良かったかも」と感じます。至って自然のことで、前の職では日々の業務に慣れていて事もなくまいにちの業務を淡々とできていたから、というのもあるでしょう。だが実際は「やっぱり転職しなけりゃよかった」と真剣に悔やむほど、前の仕事のほうがやりがいも居心地が良かった事も考えられます。