転職活動する場合に注意して欲しい求人の募集内容は、そんなにきつそうな仕事内容ではないのに給料が高く、…

転職のため職探しをする場合に特に注意が必要な募集内容・・

就職活動をするときに特に注意すべき求人の募集内容は、そんなにきつくなさそうな仕事内容なのにも関わらず給料がよく、拘束される時間が長めのものです。このような案件の場合、記載されている給料に『みなし残業代』を入れて告知しているケースがとても多いです。みなし残業代は、別名『みなし』とも言われ、例えばですが、30時間・45時間といった形で求人の内容に時間が併記してあります。これは、毎月この程度の残業が想定されるので、前もって給料形態に残業代を組み込んで計算しておくというものです。(注意・合法です)仮に求人に『みなし残業代35時間込』と書いてあれば「記載時間分の残業代を入れれば、この給料です」という話になります。しかし、悪質な求人情報では告知しておくべき『みなし』をわざと記載していないこともザラですのでしっかり注意をしておきましょう。

転職活動を始めるとき、様々な方法で情報を得ることが多いと思いますが、…

転職活動をする際、いろんな手段で情報を収集する人が大半だと思いますが、転職についての「口コミサイト」は、とても利用価値があります。一時期、悪い口コミをサイトに載せられたと言ってサイト運営者に対して損害賠償請求をした事例がありました。辞めさせられた社員の報復によってそういった内容が投稿された、と見るのが一般的ではあるものの、別の見方をすれば、口コミの内容が真実でなければ、会社としては気にしなくていいようにも思えます。または、実際には『クロ』で「周囲に気づかれたら恥になるから、潰そう」としていると考えることも出来ます。「口コミサイト」も炎上ネタが投下されることでアクセス数がアップしたり、サイトの存在感を示せるチャンスになるので黙認していますが、よくない内容の口コミが目立つのは、その分関わったらトラブルに遭遇するリスクが高くなると判断するのが妥当だと思います。何より、良い会社だったら煙なんて立ちません。

最初に転職をするにあたって、心がけるべきことはどうして今の仕事を辞めなければいけないのかを…

初めて転職をするにあたって、頭に入れておくべきなのはなぜ今の仕事を辞める必要があるのかについて明確にしておくことだと断言できます。その理由こそが根本の問題になるので、必ずやっておいた方がいいでしょう。その上で問題を改善してくれそうな会社を選択してみてください。社会人の転職活動は、大学等での就職活動とは性質が大きく異なり、今の仕事をこなしつつ就職活動していくことから、時間と体力が必要です。それがために理由を明確にせず転職活動を始めると、途中で息切れしてしまいます。「必ず転職したい!」「現状をなんとか変えたい!」という強固な気持ちがない場合は、転職活動のスタートを切ることはやめておくべきだと思えます。

日本には”石の上にも3年”という生きていくうえで教訓となるべき言葉があります。

日本には昔から「石の上にも三年」という人生において役に立つ教えがあります。1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともに「終身雇用制度」は死語になりつつあります。「転職」を経験するのが一般的な事柄となってきています。とはいうものの、「転職」が珍しくなくなってきたとはいえ、やたらとそれを選択するのは考えものです。再就職したいなら、時期を捉える必要があります。まず第一に、今やっている職場、仕事内容について具体的に、嫌だと感じいているポイントを、少なくとも5、できれば10個ほど、書き出してみてください。そうすることで、転職活動の次の一手を考えやすくなります。そして、将来の進むべき道が見えてきたら、ためらうことなく、今より良い職を手に入れるべくがんばりましょう。

転職活動における最後に残る壁として、今勤めている会社の退職があります。

転職活動における最後の問題として、「現職の退職」があげられるのではないでしょうか。転職先がOKしても、現在働いている会社があなたを引き留めるというのもありがちな話です。もしそうなってしまったら、何があっても退職する、という強固な気持ちをもつことが大事でしょう。会社に残るように説得されて、一時は思いとどまったとしても、一度辞めたい、と思った会社は長続きしないでしょう。退職を効率的に行うには、会社の規定に目を通しておき、退職の要件を満たす、日数を超過する年月以降の退職日設定に加え、退職届を記入しておきましょう。それから、決定権を持つ上司と談判し、「退職にあたって、いかなる交渉も受け付けません」と(毅然とした態度で)伝えましょう。「円満退社」でこれまでのキャリアに別れを告げるのも転職活動の大事な要素です。

このところ私は派遣会社に登録をしています。

今、私は派遣会社に登録して仕事をしています。ウェブサイト上でふとよさそうな仕事を見つけ応募したい旨を伝えたところ「その仕事はもうすでに別の人が採用されました」と断られてしまい一瞬ウェブサイトから仕事の情報が見えなくなるのですが、なぜか次の日になればもう一度情報が掲載されています。ということは結局私ではダメってことですよね。そういうことであれば最初から変に隠さない程度で正直に言ってくれればありがたいのですが、それを行うのは困難なのでしょう。それとももしかするとダミーのお仕事なのでしょうか?

派遣会社を利用して仕事をする人が規制緩和の後、増加する傾向にあります。

派遣会社を利用して仕事をする人が近頃増える傾向にあります。今後、自分が派遣社員として働くつもりなら、派遣先から支払われる時給がいくらで、その中でどれだけが自分の報酬になるのかをなるたけ面接のときに聞いておいた方が無難でしょう。派遣業は、労働力を欲する会社に人材を派遣し、その対価としてお金を手数料を徴収するシステムになっていますが、実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしている場合が少なくありません。半分以上支払われているのであればまだいい会社だが、情報開示をしてくれない業者も多く、酷いケースでは、2割しか支払われていなかったというケースも決して少ないとはいえません。面接時、誠実に返答してくれない派遣業者は、不都合な点を隠す体質であることが少なくないので、極力別の派遣会社のもとで登録されることを推奨します。

数日前転職先の会社を探すために人材会社に登録に行きました。

先週新しい仕事を見つけるために人材バンクに登録に出向きました。カウンセリングをしに出てきた担当者が見たところ入社して間もない新入社員のようで、私の話の3割も理解ができていない模様。しかも「キャリアデザインを変えた方がいいですね」とか「きちんと強みと弱みを明確化するべきでしょう」とか、何もかもわかっているかのように偉そうにしゃべるので非常に不愉快でした。カウンセリングを担当させるのはそこそこ社会人の経験がある方にしてほしいと感じます。

20代で転職を2回した為、現在、資格取得のために派遣社員になりました。

私はこれまでに20代で転職を2回経験し、いまは資格を取る目的で「派遣社員」として働いています。フルタイムの勤務を選択しなかったのでどうしても給料は以前よりも少ないです。前よりも心と時間に大きな余裕が生まれ、満足しています。たまに、もっと学生の頃に資格を取り、仕事すればムダがないのに、と悔いはちょっとあります。資格を活かして働いている方に会うととても羨ましいと感じてしまいます。前の私は、成功している人と自分との違いに劣等感を感じていましたが、しかし今は、結婚をキッカケに生活そのものが大きく変化し、その中で将来の目標も定まったので自ずと生活が充実するようになりました。

生涯初の失業保険を受けるときに、じっとしていれば給付されると考えている人が…

生涯初の失業保険の給付を受ける際に、「何もしなくても自動的にもらえる」と考えている人が大部分ですが、それは誤解です。実際は、失業保険の給付を希望通りに受け続けるためには、求職活動を行う必要があり、さらには、毎月一回はハローワークに通う必要がある。毎月スタッフに就職活動の状況をきちんと説明して真面目に就職活動をしていることを理解してもらえれば次の月の給付を受けとることができるという仕組みです。他方、真剣に就職活動をしていないとみなされたり、毎月の職員との面談を拒否している場合は、アッサリと給付が一時停止となったり、ケースによってはそれ以降の給付資格も消失するおそれがあるので、十分気を付けましょう。

転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでに期間がある場合…

年内中に転職活動をしていく人で、次の仕事をする前にある程度期間があるのなら、ぜひ失業手当をもらうことをおススメします。失業手当はあなたが働いている企業側が「雇用保険」を支払っているのなら、必ず誰でも失業手当を受け取れます。また、手続きに関しては「ハローワーク」で行います。しかし自己都合で仕事を辞めた方は失業手当を受け取るまでの待機期間が3ヶ月となりますが、今の企業の都合での退職や、残業時間によっては、日数をおかず即、受け取ることが出来たりもします。このときの、支給される失業手当の金額は会社で最後に働いた月の近々の給料がもとになって失業手当の支給する額を計算されるので、働いている会社に「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、理想的なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。

以前は求人情報では、性別が当然のように記載されていました。

数年前は求人誌に募集条件の中に「性別」まで、きちんと明記されていました。ところが今では、「男女雇用機会均等法」が成立した影響もあり、採用する際、男女の差別がしてはいけないルールが決まり、求人情報の概要に「性別」を明記できなくなりました。けれど、募集情報を出す企業側は、男性・女性どちらでも平等に雇用するとは限りません。実際、男性が必要とするジャンルに、募集に女性がやってきたり、逆に女性を希望している案件なのに男性が来てしまったり、といった問題も無関係ではありません。たとえば、「女性が活躍している職場です」と紹介されていたら、雇用主が「女性」を必要としている、と捉えておいたほうができます。