現代はインターネットの就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングの会社もたくさんあります。

現代はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」や、…

  • 最近、ネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、ヘッドハンティングの請負ををビジネスとする会社もたくさんあります。特許権を取得した経歴のある人は、ヘッドハンティングの対象になることが期待できます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許を取った人だけでなく、研究開発で論文を書いた経歴のある人や、テレビをはじめとするマスメディアで話題になった人など、何らかの実績も持つ人をターゲットに電話やメールを使って接触し、ヘッドハンティング用のネタにしています。万が一、あなたがヘッドハンティングらしい勧誘をされたときには、そうなったきっかけを考えてみてください。たまに、ヘッドハンティングと称して、登録料を要求しようとする業者もありますが、そのような業者は完全に詐欺といえるので相手しないのが正解です。報酬は登録している会社が払うので転職希望者がお金を支払う必要はありません。
  • 求人についての情報では、たいていの職場では月の給料の記載に目が行きますよね。

  • 求人関連の情報誌やサイトを見てみると、とうぜん大部分の株式会社では月にもらえるお金等が記載されています。でもこの月収の欄を見る時には、注意深く確認する事が大切です。多い少ないだけで判断してはいけません。そのわけは場合によっては、月収の金額のなかに「毎月10時間分の残業」を含んでいるかもしれません。何が問題かというと残業代を含めて金額が高く見えるようにしている所があるからです。このほか、「歩合給」をプラスする、といった案件も要注意です。歩合をかなり盛って月収を多く見せている所もあります。だから、こうして「不誠実」とも取れる詭弁を弄する案件には近づかないほうが良いでしょう。
  • 安定した生活基盤を送ろうと正規の社員を目指している人は…

  • 安定を手に入れるべく正社員になりたいと思っている人は少なくない、というのが現状です。けれども、役立つスキルを身に着けたりしてかなり頑張っても、中々正社員のためのキャリアアップが現実化しない可能性もあります。非正規雇用者の求人募集が目につくのに正規雇用の求人情報に執着し、落ち着かない日々を過ごしている人は少なくないようです。もしもあなたが、転職希望先が正社員を必要としていないのなら、契約社員に応募することも選択肢に加えてみましょう。契約社員の募集を掛けている会社でも、成果によって数年で正社員にステップアップを図れるようにしている所があるからです。ですから面接を受ける際に、こういった可能性を聞いておくと後々の役に立ちます。
  • 転職というものについて考えた場合、転職先での年収ばかりに気を取られる…

  • 転職というものをする場合、そこでの年収を気にしすぎる人がそこそこ多いように思います。とうぜん大部分の方は仕事というのは収入を得るため、行うものです。ですから生活費を給料として得るべく仕事を選択すると思います。したがって自身の社会的な価値を知る値という見方もできるから、大切なのは至極当然です。しかし、愚かにも年収に執着しすぎる生き方というのも寂しい気がしませんか?年収がさほど期待できない仕事であったとしても精神的な充足感を得られることは大いにあるものだからです。
  • ほんの3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりだというのに・・

  • 2ヶ月まえに、転職したばかりであるにも関わらず、入ってすぐに辞めてしまう人というのも意外にも多いといいます。何故そうかと考えてみると私見ですが新たな気持で新しい会社を見つけたというのに、「自分の考えていた職場環境と大きく違っていた」「おかしな慣習があってウンザリしている」ということがワケで退職してしまうのだとか。できればこのような失敗を繰り返さないために、初歩として、前もっての情報収集を徹底しておく必要があります。手を抜くことなく行うべきなのです。職場内の環境、具体的な業務内容、通勤にかかる時間、など前もって調べておくことで気になる点は職に就く前の段階でチェックしておきましょう。
  • これはシフト制の仕事に関する話なのですが、毎週、同じ曜・・

  • シフトの仕事についての話なのですが、一定の曜日に勤務できる人を募集している求人を頻繁に見るのですが、もし、応募しようと思っているなら休み方やシフトの出し方については面接時にたずねておいた方が良いです。それはなぜかというと、私は過去、出産のため休む人の代わりに正社員として就職したのですが、そこでは「土曜、日曜」固定のシフトで、他の社員は来ず、私一人だけで現場を任されるだけでした。前にいた女性が土日は必ず出勤していたので、私も出勤できる人として扱われてしまいました。実際「土日」に外せない用事が入った場合、シフトを変えてもらう必要があり、同じ部署の上司に「代わりに出勤していただけませんか?」と私から交渉しないといけませんでした。一緒に働いて給料は同じなのに土日は私だけなんて・・・。思い返してみるとよく我慢したなと思います。
  • 転職時には、面接をすることになりますよね。

  • 転職のための面接では注意する点があります。人事から「転職の理由は何ですか?」といった形で、必ず聞かれますが、こういった場合、どれだけ正論だと思っても、前の仕事場での人間関係や働く環境に関しての不満ともとれる内容は、出来るだけ控えたほうがいいでしょう。というのも、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、採用の可能性を棒に振ってしまいます。ですから面接では「前向き」な人物であると印象づけるのがかなり重要です。実際の理由とは違っていても、「新しい職場で、自分の能力を十分に発揮し、会社のためにより一層の努力をしていくつもりです」のような未来形での話ぶりが良い成果につながります。
  • 今日では、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件に関する取り締まりが強くなった・・

  • 現代では、いわゆるブラック企業が大きな問題となり、労働条件に関する取り締まりが活溌になったり、社名が公表されるなど厳罰化の動きが活発になっていますが、まだまだ問題が多いというのが現状です。実は、面接で見破ることが可能です。とりあえず、求人票などに記載されている労働条件を見ておき、それらの項目を順番に堂々と質問してみることです。「ブラック企業」の場合、記載内容にウソがあったときは、返答が不自然になります。あるいは、その場で答えられなかったり逃げ腰になることがよくあります。とりわけ給与と残業、休日に関しては、詳しく聞いていくと、渋い表情を見せることが多くあります。それでも迫ると、ブラック企業特有の高圧的な態度や、ふてくされた態度を見せるので、そこで相手がウソをついていると確信できます。このような会社は入社してからもこのような態度であることが多いので、変だと思ったら、入社は止めるべきです。
  • 時間に融通が効くはずの派遣社員になっても契約期間を過ぎ…

  • 派遣社員であっても、1年経ったら好きな時にすぐ退職できるわけではないことを転職したことで気付かされました。私は結婚後、落ち着いたらすぐにでも子供を持ちたかったので、子供ができる日が来るまでのあいだ、だいたい1年半~2年くらい今の会社で仕事をしておきたいと思い、就職しました。常勤ではなく派遣社員であるために、収入は少なかったですが、仕方ないので時間的な融通を優先するために、あえて選択しました。しかしながら、いざ入社したあと、一緒に働く人たちの大半のスタッフが10年、15年と続けていらっしゃったのです。意外にも派遣を選択したとしても、契約が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気もないと知り、ちょっと困っています。
  • 退職と転職を繰り返す日々を止めるための方法が一つだけあります。

  • 退職と転職を度々しないためには、少しコツがいります。仕事面のスキルアップもそうですが、メンタルな部分を鍛えれば、そう簡単に転職を繰り返すことがなくなります。インターネットでなんでも見られる現在では精神面を強くするための自己啓発系の情報はとてもたくさんあります。加えて、転職とは無関係な「とある行動」によってもメンタル面を鍛えることができます。それは、海外に行くことです。海外は、言葉も文化も日本のそれとは全く異なるので、どの瞬間も勉強になります。なので、帰国してからも心境の変化を実感できるはずです。日本に戻ってくると、己の視野の狭さを実感し、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと実感することができます。その気持ちを携え(転職のための)面接に行けば、今までの面接とは違い自信満々に自己アピールができるはずです。ただ、退職してすぐは、精神的に弱っている人が多いので今後のために休業期間も必要です。
  • 転職活動中の面接でしてはいけないのは良い印象を与えたいと過…

  • 転職活動中の面接で多数のひとが思い違いをしているのですが露骨なまでの猫かぶりすることは、それがそのまま採用を逃してしまいます。ですから、例に挙げるならば面接の際は「残業」といったような、普通は触れにくい内容を思い切って率直に尋ねておくと、結果的に間違いなく自身のためになります。実のところ意外に思うかもしれませんが、「採用前の段階で、そういった質問をすることで面接で良い結果が期待できないのではないか」と不安がるかもしれません。ところが、意外なことに、面接官に良い印象を持ってもらえることは結果的にはいい場合が多いようです。こういったお金や労働環境に対する内容は、仕事をするとなれば、多くの人が知りたいと思っています。それなのに、面接結果に影響するのを恐れ、聞かないのも事実です。けれど、勇気を出し一歩踏み込めば「正直な人だな」ということで面接官の記憶に残る可能性が高くなります。
  • 看護師でありながら違う職に転職を決断するキッカケは・・

  • 違う職業に転職に至る理由は、人それぞれではないでしょうか。さまざまな理由がありますが、転職には「職場に付き合いづらい同僚や上司がいる」「結婚することでライフスタイルの変化によって出産さらに家族の介護など、いくつかの変化によって働き方ができなくなった」「今の収入面で不満を感じている」など、さまざまな理由が考えられますね。でも、転職前に、「なぜ、転職しなくてはいけないのか?」と、落ちついてゆっくりと客観視してみることも大切なことです。「本当に転職する意味があるのか?」と再考してみて、決断してみてください。