転職活動を行っていて面接時に「志望動機」「転職理由」の2点は例外なく質問されます。

転職活動をしていて面接のときに間違いなく聞かれる質問は志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動を行っていると面接において「志望動機」「転職理由」の2点は例外なく質問されます。志望動機については、正直に話してもOKですが、これとは違い転職理由についてそのまま話すのは得策ではありません。たとえば給与に対する不満、同僚や上司との人間関係の軋轢など、面接官によいイメージを持ってもらえるものではありません。もっとも、過去のマイナスをそのまま話する人は稀だとは思いますが、採用担当者はそういった点に関心を持つことが多いので、かなり慎重に質問してきます。これに対して現職の不満を伝えないようにするには、現職の業務内容以外を一切話さないことです。加えて、この会社に入社してこんなことをしたい、「いついつまでに〇〇は叶えるつもりです」、「このような私の目標を達成できるのは御社のみです」、といった形でポジティブなイメージを与えるようにしましょう。
  • いい職場に入りたいと転職活動をしている中の場合には「ちょっとでも・・

  • もっと良い職場に入りたいと転職をする活動をしている中のときの場合は「ほんのちょっとでもはやく、採用通知が欲しい」と思ってしまうものです。しかし、それで採用通知ほしさのばかり、自身のできないことまで「出来ますよ」と嘘をついたり、対称的に自分を安売りしてしまう行動はぜったいに避けるべきです。大事なのは焦燥感を抑え、冷静に客観的に考えながら自分に最適の職場を見つけることに集中しましょう。これまでのキャリアを活用できるように、加えて、今後のキャリアアップが見込める会社を賢く見極めていきましょう。
  • 政治により変化の出始めている転職を取り囲む状況につい・・

  • 転職を取り囲む状況は、政治により状況が変わりつつあります。現在の安倍政権下ではアベノミクス「三本の矢」など、経済政策が矢継ぎ早に展開されています。経済政策に連れ立って日銀の金融政策ともミックスされて、財界や民間企業間では今までにない変化が生じ始めています。その影響を受け、企業伸長とともに今度は若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる人手不足が社会では大きな問題となっています。最近では外国人労働者を現状よりも増加させていく、と安倍政権は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、雇用や転職問題もかなり幅が広がりそうです。こういった変化によって、日本国内の雇用や転職状況にも、変わっていくのは間違いないでしょう。
  • 職を変えると、高確率でそれまでの仕事は多くは美化された記憶となります。

  • 職を変えた場合には、だいたいの場合は前の仕事での記憶は大方、美化されます。現実には現在の仕事に向いていないと感じたから、前向きな思いで新たな職に就いたのに、気付けば不思議と転職した会社よりも「前の仕事のほうが良いのでは?」と感じる機会が増えてきます。というのは至って当然のことで、前の職では日々の日々の仕事の手順に慣れていて、普通にやるべき業務が淡々と消化できていたのももっとも根底にあると思います。とはいえ「やっぱり退職などするべきでなかった」と心底後悔するほど、以前の職場の方が待遇や待遇が良い場合もあります。
  • 将来に目を向け、楽しみを見出しながら転職活動をすることができれば…

  • 将来に目を向け、楽しみを見出しながら転職活動と向き合えれば、メンタル面での負担が減るので、転職期間中の堕落も回避できます。それに精神的な箇所が良好な状態のままであれば、割と早く転職先も見つけられるはずです。一番の理想は、スムーズな隙間のない時間で新しい勤め先を見付けることが大切です。現在の会社に勤務しながら、次を見付ける形がベストでしょう。さらに、休職期間をなくすことで、退職後もすぐに働けます。こうすることで、仕事をしていない空白の期間がなく、履歴も傷がつきません。要するに、再就職の際に不利になることがないということです。今後のことを考えつつ、上手に転職活動を進めてみましょう。
  • がんばっている転職する活動時、「かつて、こういう内容…

  • 今やっている転職する活動で「自分は今までずっとこういった仕事に従事しました」「過去の仕事によって、こういった経験を得られました」と過去の自分自身の実績などを十分にアピールしようと考える人はとても多いです。ところが、転職先のその環境下で「可能ならこうありたい」「こういった内容の業務ならぜひ貢献したい」と未来の話をして自分自身をアピールする方が過去を語るよりも聞き手からの反応は良いものになります。この点を意識して、転職活動をがんばってみてください。
  • 転職によって仕事先を一新するということは、自分自身に見…

  • 再就職で勤め先を新しく替えるということは、自分自身に適する自分の理想に近い、今よりもずっと心地良い場所に就職したいものです。勤め先を変えれば、うってつけの仕事に出会う可能性もあります。とはいうものの、良い面ばかりでなく転職先にふさわしい能力が必要不可欠です。逆説的に表現すると、自分の価値をあげることで、天職に恵まれる可能性も広がる、ということです。今の時代は職業選択の自由が一般的に受け入れられているので、転職しても特に困難なことはないでしょう。この様な情勢下では、今現在、「使える人材が欲しい」と希望する企業も増えているため、このチャンスを活かしましょう。
  • 転職を決めるあいだは、無意識のうちに時間に余裕があるため、…

  • 転職活動中は、そんな風に過ごすつもりもないのに時間に余裕がある分、緊張感のない、だれた生活になってしまいます。しかしながら、そんな風な過ごし方を習慣にしてしまうのはかなり危険です。というのは、だれた生活が普通になると、「精神的」にも問題が出てくるからです。なので、いつの間にか働く気力がわかず、生活ができなくなり困る未来がやってきます。そのまま、悪いサイクルができてしまい、再就職先をなかなか決められなくなります。次の仕事が決められなくなるのは、もらえるお金を第一に考えてしまうからです。給料を一番に考えざるを得ない状況ではキャリアアップのために転職に踏み出したとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。なので、お金に縛られないように暮らしていくためにだらけきった生活は、転職活動中にしないようにしましょう。
  • 「就職エージェント」の大手になると、潤沢な案件があ…

  • 大規模な転職エージェントは、潤沢な案件があるという魅力がありますが、その反面、転職を希望するライバルも多くいる可能性が高いです。それがためにあなたが気になる企業を見つけたとしても、転職エージェントの担当スタッフが「転職が難しい」と判断すると応募してもらえないこともよくありますし、企業から見てあなたよりも有能だと評価される人がいると、その人を優先したりもするのです。大手エージェントでは、サイトに掲載していない案件をデータ宝庫として扱っておりなかなか難しいので、中小クラスのエージェントに対し、応募したい会社や案件を伝え、応募できないか相談してみると、転職希望者の利益を考えて行動してくれることもあるので、そのような風に活用してみるのも良いかもしれません。
  • 就職活動において、年収はとても重要な要素です。

  • 就職活動において、年収はとても大切な要素です。面接時には、必ず現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。本当の年収を上回る額をもらっていると偽り、多額の年収を獲得しようとしても、無駄な努力でしょう。最終的には源泉徴収を提出することになるので、たとえ一度は信じ込ませたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、結局はウソはバレてしまうからです。運が悪ければトラブルに発展することもあるので、現職での年収を正確に相手に伝え、それに釣り合う希望年収を設定するのが一番良いです。現在の年収が400万円の方が、転職して500万円となる可能性は普通はありません。たとえば、現在の年収が430万円であれば、希望額は400~450万円であると伝えておくことをおすすめします。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなり、一時的に入社できたとしても、直後に退職しなくてはいけなくなることもあるので、注意しましょう
  • 転職活動をするのなら、良いと思える求人(あるいは業種)…

  • 将来的に転職活動をするという時は、気になる求人(OR 業界)を見るたびにきちんと「〇〇業、ブラック、デメリット」でネット検索しておきましょう。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントの言葉からはまずその業界に関するマイナス面などは知ることができない、と思っておくべきです。もしも、やましい箇所がある場合は、インターネット検索を通じていとも簡単に実態を知ることができます。そうした面を知らずに仕事を始めてしまうと、直後に痛い目に合うおそれがあります。だいたいその求人が出されていた理由が「内容がキツイから人が定着してくれない」ということも多くを占めるため、気になった案件について、下調べをした上で応募しましょう。
  • とある古物商のお店で、書類選考に合格しました。2、3日し・・

  • とある古物商のお店で、書類選考に受かりました。2、3日して先方から、面接日時を教えてもらいました。けれども、当日、行ってみると、どうしたものか相手の面接の準備が全くできていない状況でした。ようやく、所長らしい男性が面接担当をしてくれましたが、最初から最後まで、驚くほどだるそうな対応の状態のまま面接が終わりました。けれど、予定日を過ぎても合否連絡が一切なく、私のほうから問い合わせると、「郵送で本日送付してあります」と告げられました。しばらく待ちましたが、ですが、これも来ず、また連絡をしたところ、驚くことに、「残念ですが不採用」ということで、すぐに電話を切られてしまいました。私は呆れすぎて言葉も出ませんでしたが、採用されなくて良かったと痛感しています。