クールビズ(軽装)の格好で再就職の面接に行く場合、さすがにジャケットまで・・

クールビズ(軽装)をして転職の面接場に出向く場合、ジャケット…

クールビズの格好をして転職の面接会場に行こうとする場合、やっぱりジャケットまでは着用しなくても良いと間違いなく分かるわけですが、ネクタイは面接では着用しているほうが好印象を与えてくれます。タイなしで良いと認める会社もある可能性はあるにはあります。ですが、ネクタイだけはクールビズが推奨されていてもすべきだとする会社が一定数あります。そんな訳で、例えクールビズ(軽装)が指定されていてもネクタイにおいては絶対に着用から行った方が印象が良いというのはお知らせしておきます。

自分の趣味に通じることや好きなことを仕事にしたいという風に思っている方は注意です。

自分の得意なことや大好きな分野の仕事に就きたいという風に考えている人は注意が必要です。私が実際に体験したことなるのですが、私は、もともと食べることが本当に大好きだったのですが、以前は、飲食業界(レストラン)で働いていました。そのレストランでの仕事内容は、そのレストランで私が担当していた業務内容は、簡単な盛り付け作業やホール業務です。この業務内容に関しては、不満もありませんでしたし楽しんで仕事ができていました。しかし、人間関係のいざこざで嫌になりました。そのことが原因で、仕事をやめる羽目になりましたが、それと同時に、好きだった食べることやその店でメニューとして扱っていた食べ物さえも嫌になってしまい、よく似た飲食店には今も行けません。当時のにおいを思い出すだけで不快な記憶が蘇ります。この仕事を始めた頃は、大好きだったことをキライになるなんて自分でもビックリです。自分の得意なことや好きなジャンルの仕事に就きたいと願い、実現できるのは本当に素敵なことです。ですが、「好き」の度合いはどの程度のものか、冷静に判断する必要があります。

このように現在の会社や企業の雇用形態の変化に際し…

このように今の時代の企業の雇用事情が変化したことについて、働きざかりの世代の中で34歳ぐらいまでの若年層ほど鋭く感じ取っているようです。それはたぶん、転職と自身のキャリアアップを同時に考えているのでしょう。ですので、労働者・サラリーマンといった層の「流動化」が年々増えてきているので、それに応じてこの先、若い世代以外の層にも転職の関心が増えると考えられます。労働市場の「流動化」の影響により、会社の転職は誰しもが身近な出来事として捉えるようになるのです。「終身雇用制度」が普通に存在した頃には、「転職」にはそのことだけで良くないイメージがつき転職が思ったようにいかないケースもたくさんあったのです。ですが、時代が変化し現在の仕事のみに執着する必要も益々無くなったともいわれています。

派遣社員として働く会社が決まりました。

派遣先が決定しました。仕事の最初の日に派遣会社の営業の担当の方と就業場所の近くにあるコンビニエンスストアで合流する約束だったのですが、担当者がどういうわけか約束をした店の前にいないので店の中にいるのではないかと思い店の中に入ったところ、雑誌売り場でしゃがみ込んでいやらしいグラビアのページを開いて読んでいるところを発見!こんな担当の方の仕事なんて勘弁してと考えて、その場で声をかけることなく気付かれないように店内から出てすぐさま派遣会社へ仕事を辞退する旨を電話で伝えました。

再就職時の面接では、小企業クラスの場合大体が人事担当者ですが・・

転職時の面接では、規模の小さい企業だったらおおよそは「人事」が面接担当ですが、どこでもそうとは限りません。具体的には、これから職場でかかわりの深くなる一番偉い人、一言でいえば部長や課長などが面接を担当することも少なくありません。その中でも営業職や事務職といった部署に転職するのなら、資格などという人の良し悪しを判断しづらいのでしっかり自分自身を売り込んでいくようにするべきです。面接担当の人たちに「この人はしっかり自己主張できるし、それに良い結果を出してくれそう」と思わせ、自分という人間を覚えていてもらうことがとても大事です。

転職を目前にしているなら、今働いている会社を退社する・・

転職に先立って今務めている会社を退社する時に失業保険の給付を受けるために手続きをしなければいけませんが、もし自らが希望して退職届を出して退社する、いわゆる依頼退職においては失業保険はすぐには出ず手続して失業したことが認められてから3ヶ月間を経ないと受け取ることが出来ないのです。よく勘違いして退社した日の翌日から3か月経てば給付されると思い込んでいる人がいますが、この規則を誤って理解している人が、その結果としてハローワークの担当スタッフと口喧嘩をしているのを見たことがあります。例外として、退職者の都合ではなくリストラなど、「会社都合」での解雇のときは、失業認定を受けたのちすぐに失業保険を受け取ることができます。

転職の採用面接を受けにとある会社に出向きました。

転職の採用面接を受けるため向かいました。たまたま会社で会議室が空いていないとのことで社外のとある場所で面接官と待ち合わせて採用面接が行われて、その場で解散をし、面接官もそのまま自宅直帰されるとのことだったわけですが、なんと自宅最寄駅が私と一緒。それで電車内でも面接担当者と一緒に会話をしながらいっしょに帰宅することになり、おかけで緊張がほぐれて面接より話が弾み、それが功を奏したのか運良く採用を獲得することができました。

長年接客業でお勤めしてきましたが、年齢を重ねるにつ・・

長年接客関係で仕事を行ってきましたが、歳をとるにつれ立って行う仕事は体力的に耐えられないため、事務の仕事への転職を視野に入れて行動しました。事務未経験の場合なかなか難しく、それなら接客の経験も活かせる受付兼医療事務を目指そうと思い資格も獲得して個人病院に転職をしました。周囲はベテランのパートさんばかりで人間関係もややこしい。夜のシフトばっかりさせられて、接客業で働いていた時より帰宅も遅いわけですが、まずはキャリア形成の時期と諦め頑張ります。

今では、株や不動産投資等の不労所得、もしくは個人事業主を目指す人も増えています。

ここ最近は、株式・不動産投資などの不労所得のほかに個人事業や起業で頑張っている人も増えています。そういったような変化に伴い、「会社員以外は不安定であぶない」といった今までの見解も変わりつつあります。1960年代ごろの高度経済成長時代には、どうなるかわからない自営業といった稼ぎ方よりも雇用されて働くほうがずっと安定性にすぐれており、人生の正しい道として、またそれが当たり前であるかのように、一般の人々に認識されていました。しかし、そんな社会全体が安定成長する時代は終わり、現代は「成熟期」などと言い表されています。今後は、機械化、自動化が進んで仕事で人が要らなくなる社会になっていく、とも言われます。

女性の再就職は、数年前とここ最近とでは少なからず、違ってきている点があります。

女性の再就職に関しては、一昔前と今現在とは多少の違いがあるようです。前は面接のなかで会社側から、結婚と出産についての考え方などのことに関して、当たり前のように質問されることがありました。ところが、現在はその手のデリケートな内容は、「セクハラ」の恐れがあるとして、聞かない会社の方が多くなっています。世間に名の知れた大きな会社の場合は、タブーとして神経質になっています。そうではあるものの実際、企業側としては、YES・NO、で返答するのではなく、その女性の価値観、結婚した後も働きたい、出産後の具体的な予定を知っておきたいとは思うはずです。自らの人生設計を知っておいてもらうためにも、自己ピーアールや志望の動機と併せて表現することで、企業側の疑問も解消できると考えられます。ですので、たとえ、質問されていない内容でも、こちらが先んじて気遣いつつ、話を進めていきましょう。

キャリアップしたいと思い何個かの人材紹介会社に登録していました。

自分が仕事を探していた時期に何社かの人材紹介会社に登録していました。サポートしてくれる担当者の質が本当にまちまちでほとんどの場合、物足りなく感じる方ばかりでした。私にとっては人生かかっているのにもっと気持ちを込めて向き合ってほしいという感情が募りました。そのことが契機となって私はキャリアカウンセラーになろうと思い立ちました。資格取得のためにはお金も必要だったし勉強においてもハードなわけですが、お仕事を探している方からあなたがアドバイザーでよかったと言ってもらえる存在になるために頑張っています。

こうした話は従兄の話です。始めに学生時の就職活動でぜひとも入りたか…

こういう転職ができたという話は従妹の旦那から聞いた話です。始めに新卒の就職活動でどうしても勤務したかった憧れのA社で行われた最終面接で不採用になって、そのため不本意ながら他の会社で働くことになりました。その後約1年半経った頃に派遣の求人サイトにおいて奇遇にもA社の紹介予定派遣の仕事が目に入り、じっとしていられなくなってその時働いていた会社をすぐ退職して、A社で派遣での就業を開始、必死のパッチで頑張ってその先なんとかA社で正社員として採用され、今となっては仕事に誇りを持ちつついきいき仕事をしています。