現在の自身の職場・仕事内容についてほとんどの人は不満を感じていると思います。

現在の自身の仕事や勤め先に関して、何かしらの不満点があるはずです。

  • 今現在の自分の勤め先や仕事に対するほとんどの人は、何かしらの不満を感じているでしょう。「自身の持っている能力(スキル)を正しく評価してくれない」したがって、「報酬はアップしないし、将来的な出世も期待できない」といった不満を挙げる人が少なくありません。しかしながら、気持ちは理解できます。しかし、そのような不満が強すぎる人の場合、自分の力量を過大評価してはいないか、改めて確認することが不可欠です。仮に、自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分を生かせる企業や職種がない」と転職するまでの空白がながくなるので生活費にしわ寄せが来るおそれもあります。可能性があるので、注意しなくてはいけません。ですから転職で良い成果をあげるためにも、実際の自身の能力を厳しい目で客観的に評価してみてください。

    働くにあたって心的にまいってしまい転職を考えざるを得ない状況に追い込まれたのな…

  • 仕事をするにあたり、精神的なダメージが増え、転職を考えざるを得ない状況に追い込まれたのなら、職場の人に相談するよりも家族と話して、会社を辞めるかどうかの判断をした方が良いです。なぜならば、働くということは自分の事でもありますが、同時に身内の問題でもあります。毎月、納得のいく報酬がいいとしても精神がボロボロになるほど我慢して仕事を続けることは好ましいとは思えません。今の時代は経済的に豊かなことよりも、働く本人が働きやすいことを大事にしても良いはずです。ですから、あなたの家族とあなたの心も大切にしましょう。

    求人サイトをチェックする折、デスクワークが希望だから・・

  • 求人に関係する情報を見るとき、例えば、「デスクワークがしたい」と思っている人ほど製造業を見逃してしまっています。そういった人は、「製造業は製造マンの求人募集だけだ」と勘違いしている場合もあります。製造業の求人募集でも、現場に出る製造の仕事だけでなく、経理、総務、人事などの人材募集をはじめ、資材、購買、営業管理といった「オフィス系」に分類される役職も結構多くあります。ですが、製造業の職場はビジネス街から遠いのでその箇所がマイナスと思うかもしれません。だとしても、自分のこだわりを捨ててみることで将来の可能性を高めてくれる機会になるかもしれません。

    転職することをスムーズなものにするには、あらかじめ、…

  • 良い転職する先を見つけるためには、事前の徹底した情報を集めることが不可欠です。それには近年はどんな中小零細企業といえども公式ホームページで企業のことをわかる場合が多いので、インターネットを駆使して自分の知りたい情報を調べておくとそれとその企業についてよくわからないことを整理しておくと良いでしょう。それと公式サイト以外にも「転職サイト」を利用してみるのも効率的ではありますが、さらに、インターネット以外の方法として、その職場を自身で確かめることも大事なことです。

    就職するため仕事探しをする場合に特に注意したほうがよい求人内容…

  • 就職のため仕事探しをする際に注意が必要な求人内容は、そんなにきつそうな仕事内容ではないのに給料が高めで、拘束時間が長いというものです。こういった募集内容の場合、給料に『みなし残業代』を入れて告知しているケースが多いです。みなし残業代は、『みなし』と呼ばれるもので例えばですが、30時間、45時間というように求人の記載内容に時間が書いてあります。これは、毎月このぐらいの残業発生が想定されるので、給料に残業代を組み込んで計算しておく、といった仕組みになります。(この仕組みは違法ではありません)仮に『みなし残業代35時間込』と記載があれば、「書かれた時間分の残業代も含めてこれだけの給料になります」というワケです。が、悪質なブラック系の求人では『みなし』という言葉自体が場合もあるので、気をつけましょう。

    転職活動を開始するにあたって、様々な手段で情報を得ることが多いと思いますが…

  • 転職を始める際、いろんな経路で情報を収集する人が大半だと思いますが、転職に関する「口コミサイト」は、かなりオススメです。過去に、会社に不都合な内容の口コミが掲載されたという理由から、サイト運営者に対して損害賠償請求をしたケースがありました。辞めた(辞めさせられた)社員の腹いせによってそういった口コミが投稿された、という見方が一般的ですが、違った角度から見れば、書き込みの内容が嘘であれば、会社としては気にしなくていいようにも思えます。あるいは、現実は『クロ』で「本当のことを書かれてしまったので、潰そう」と考えているのかもしれません。「口コミサイト」も炎上することで注目されるので黙認しますが、悪い口コミが目立つということは、それだけ、入社してから不利益になるリスクが高い地雷企業であると判断して良いでしょう。そもそも、いい会社には煙すら立ちませんから。

    初めて転職を行うとき、注意しなければいけないのは仕事を変える理…

  • 人生で初めて転職をする際、頭に入れておかなければいけないのはなぜ現在の仕事を去る必要があるのかについて頭の中で整理しておくことだと断言できます。その理由こそが根本問題なので、必ず考えておくべきでしょう。問題を解消できるであろう会社を選んでみてください。社会に出てからの転職活動は、学生時の就職活動とは違い、働きながら就職活動をしていくことから、時間の管理をうまくやっていかなくてはなりませんし、メンタル的な強さや体力も求められます。それがために問題の明確化ができていない状態で転職活動を行った場合、途中で挫折したり、息切れしてしまいます。「ゼッタイに転職したい!」「現状をなんとかしたい!」という感じの強い気持ちがない場合は、転職活動の開始はあきらめましょう。

    古来より「石の上にも三年」というコトワザがあるのですが・・

  • 古来より日本には「石の上にも三年」という教訓があります。現在、終身雇用制は死語になりつつあります。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験するのが決して珍しいものでなくなっています。とはいうものの、「転職」が当たり前になったからといっても、簡単に仕事を変えようとする行為はとても危険なことです。実際に再就職するつもりなら、重要なのはタイミングといえます。はじめに、現在の職場・や自分の置かれている立場などについて、何が不満なのか、何が不適なのかを箇条書きにして最低でも5項目、多くて10項目は紙とペンを使い、リストにしてみましょう。其れによって転職活動の次の一手を考えやすくなります。そして決断したら先るだけ迅速に、良い職を手に入れられるように進めることが大切です。

    転職活動における最後の壁として、「現職の退職」があげられるのではないでしょうか。

  • 転職活動をする上での最後の難関として、現在勤めている企業からの退職があげられます。転職先の企業から採用の内定をもらえたとしても、今いる会社が退職を慰留しに掛かるかもしれません。そういったケースでは、障害を乗り越えて退職する、という強い信念を維持することが重要でしょう。仮に引き留められ、一時的に残ったとしても、一時辞めたいと思った会社は、最終的には関係が終わることになります。退職を効率的に行うには、会社の規定に目を通しておき、退職までに必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届をきちんと作成しましょう。そして、決定権のある上司と相談し、「退職については、いかなる交渉にも応じる気はありません」とハッキリと伝えましょう。「円満退社」で現職を終えることも転職活動の重要なポイントです。

    派遣会社に登録して仕事をしています。

  • このところ私は派遣会社に登録をしています。ウェブサイトで気の向くままに自分に向いていそうな仕事を見つけ出し応募しようとすると「そのお仕事はもう別の人で話が進んでいます」とお断りされてしまい瞬間的にウェブサイトから仕事の情報が見えなくなるのですが、その翌日にそのページを見るともう一度載っています。これって結局私ではよくないのだということですよね。そうであれば最初からトラブルにならない程度にはっきりと教えてくれるといいのですが、なかなかそうはいかないのでしょうか。それともまた客寄せのための架空の仕事を載せているのでしょうか?

    派遣会社に登録して仕事をする人が近時は多くなっていますが・・

  • 派遣会社に登録して仕事をしている人が規制緩和以来、増加しています。派遣先が派遣会社にいくら支払い、トータルのお金(または比率)、自分に入るのかを可能な限り面接の際に質問しておいた方がいいでしょう。派遣業は、人手を欲する企業に人材を派遣し、その見返りに手数料を徴収する形を取っています。派遣会社の多くは、派遣労働者の取り分を公開していません。半分以上を派遣労働者へ還元しているなら、良いのですが中には開示すらしない派遣業者も少なくなく、酷い派遣業者では、労働者に3割しか還元しなかった、という場合もあり得ます。面接のときにきちんと返答しない会社は、不都合な点を隠す体質であることが少なくないので、極力その派遣会社で働くのは断念した方が良いです。

    先日転職先を見つけるために人材バンクへ登録を行いに行きました。

  • 昨日新しい仕事先を探すために人材紹介会社へ登録に出向きました。そこで登録するときのカウンセリングに出てきた担当の人の雰囲気が見たところ経験の少ない社員のようで、私が説明した話の3割もその社員は理解できていない模様。それにもかかわらず「このキャリアデザインではダメですね」とか「もっと強みを明確化しいていくべきでしょう」とか、わかったふうに偉そうにしゃべるので非常に不快な気分になりました。カウンセリングを担当する人はそこそこカウンセリングのスキルがある人にしてほしいものです。