あなたがもし転職サイトで自らにぴったりの魅力的な仕事情報を見ているのなら、…

あなたが現在、「転職サイト」を利用してあなたの働き方に近い条・・

  • 現在の仕事に不満があり、転職サイトを活用してあなたが新たなチャレンジのできる将来性のある仕事を探しているならば、必ず、「転職エージェント」も利用しておきましょう。どうしてかというと、必要情報を入力し、エージェントサービスに登録したあと、エージェントが紹介してくれる仕事は、誰もが見ることのできる求人情報と非公開求人とでは、どう比べても、比べ物にならないくらいたいへん質がいいといえます。しかも、あなたに相応しいものをピックアップし、調査し、紹介してくれます。そういうわけで、あなたの希望とする自身の理想に近い業種の求人を教えてもらえる可能性があります。もし、同一の求人に行き着いたとしても、あなたが自力で手当たり次第に探す手間を考えれば、非常に効率的です。そのうえ使ってみる価値は大いにあります。

    転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択予定の方に…

  • 転職で、「派遣社員」を選択しようと考えている人にチェックしていただきたい点が数点あります。一般的に派遣社員に対して、データの入力、電話対応などの雑務、雑用等をのような業務内容をなんとなく想像する人がおそらく多いかと思います。はじめは私もかつてはそう思っていました。今、勤めている会社に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募したときに「電話対応がメインです」と面接で説明を受けてもいたので安心しきっていました。しかし実際に入社してみると、まさか「電話対応」とともに、退職した正社員の業務の穴埋め役となるよう、任されてしまいました。いつも毎回振り回されますし、入社前の説明とは全く違うので日々かなりきついです。とにかく、派遣の期間が過ぎるのを待つのみです・・・。

    雇用期間にあるときは、できるだけ周りの人間にバレないように…

  • 在職期間中なら、できれば周りの人間に気づかれないように、(私の場合)就労期間中に「転社するかも」という考えを活動初期に社内の人間に話してみました。ですが、その後求人サイトを散々探していたのですが、悲しいことに働く先やタイミングも無計画なまま煮詰まっていないままいつの間にか時間を空費する結果に。一方、会社のほうは、業務の引き継ぎ予定や手続き、自らの退職日などが続々と確定していき、最終的に、「退職予定日に合うように、就職先を見付ける」という、なんとも本末転倒な結果になってしまいました。予定は噛み合うこともなく、失業期間を経たのち、次の就職先を再度探しました。

    職を変える時に必要なビジネススーツのカラーにおいて・・

  • 転職の時の面接で着るスーツの色においては、新卒の就職活動に身に付けている色がベストです。ですので、黒や紺色のダークな感じの色になります。それは再就職の面接でも、着用していくスーツの色味はこういった落ち着いた色が多数を占めていて、黒や紺以外の色の人はほとんど見かけることはありません。強いて言えば、まれにグレー系のスーツを着ている人がいるくらいです。たいていの場合は黒や紺のスーツが圧倒的に多いのです。ですから、面接担当者も黒とか紺のスーツを着ている人が違和感なく見えますから、第一印象という点ではそういった色を着用する方が良いわけです。

    近年、ネット上では、「就職斡旋エージェント」や、ビジネスの一環としてヘッドハンティングの請負を行う会社もたくさんあります。

  • 最近はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」や、ヘッドハンティングの請負ををビジネスとする会社をよく見かけるようになりました。もしもあなたが特許を出したことがあるなら、電話が来る可能性が高くなります。彼らは、特許出願を行った人だけでなく、「研究開発」の論文を出した人、テレビで紹介された人など、何かで有名になったことのある人を対象に、電話やメールを用いてコンタクトを取り、ヘッドハンティングのためのネタとしています。仮にあなたが、ヘッドハンティングっぽい誘いを受けた場合は、そのキッカケを考えてみましょう。近年はヘッドハンディングを装って、登録料を取ろうとする会社があるのですが、そのような業者はほとんどはイカサマであるので引っかからないように気を付けましょう。基本的に、ヘッドハンティングの世界は、企業側が報酬を支払う形になるので転職希望者が支払うものではありません。

    求人についての情報誌やサイトを見てみると、とうぜんたいていの会社…

  • 求人関連の広告には、大部分の場合はたいていの株式会社では月の収入が明記されています。この月収の部分を確認する時には、注意して確認する事が欠かせないです。数字だけ見て判断しないほうが無難です。というのは場合によっては、月収の中に「毎月20時間分の残業」を前提に計算されている可能性もあります。それは残業代を含めて計算することで金額を多く見せ、応募者を増やそうとする場合もあります。このほか、「歩合給」を基本給以外に考える、という案件も要注意です。歩合をかなり盛って月収を多く見せている会社もあります。ですから、その手の可能性の少ないケースを誇張しながら、人を集めるような会社は近づかないほうが良いでしょう。

    安定した人生を送ろうと正規社員として働きたいと考えている人…

  • 安定した人生を手に入れるために正規社員として働きたいと考えている人は少なくない、というのが現状です。けど、役立つスキルを身に着けたりして相当な努力をしていても、正社員として雇用されることが叶わないこともあるでしょう。非正規雇用者の求人募集はかなりあるのに正社員の求人以外はスルーして時間を浪費している人が少なくないと言います。万一正社員として希望する仕事に転職できない場合は、派遣社員の求人募集も見てみましょう。会社によっては、働き手の実力により、数年で正規雇用へのキャリアアップができる可能性もあるからです。ですから面接を受けた時に、「正社員登用」のチャンスがあるかどうかを聞いておくようにすれば良いでしょう。

    転職というものを考える際、転職先での年収について気にしすぎる・・

  • 転職というものをしようと考えたとき、そこでの自身の年収を過剰に気にする人が意外と多くいるようです。とうぜん多くの方はですから生活費を給与として得るべく仕事をしているのはずです。ですから年収は自分自身がどのくらい評価してもらえるか、でもあるので当然大切に思うのは否定できません。とはいえ、ひどく年収額に執着しすぎる生き方というのも人生を損してしまう気がしませんか?それより収入面にそれほど期待ができない仕事であっても、精神的な成長を遂げられるチャンスはゼロではないからです。

    このあいだ転職をやっとしたばかりであるにも関わらず、…

  • 少し前に転職をやっとしたばかりというのに、早期に辞めてしまうケースがとても多いといいます。何故かと思うとたぶん気持ちも新たに、転職先の職場を手に入れたものの、「自分の理想としていたものとだいぶかけ離れていた」「納得行かないのでウンザリしている」ということで去っていくのじゃあないかと思います。このような、転職先選びでの失敗をしないためには、やはり、情報収集を徹底しておく必要があります。徹底して行うべきなのです。職場独自のルール、通勤に掛かる時間、など調べておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。

    シフトのある仕事についての話なのですが、特定の曜日に勤務できる人を募集する求…

  • これはシフト制の業務についてです。毎週、特定の曜日に仕事できる人を募集する求人をけっこう目にするのですが、休む方法やシフトの出し方については前もって確認しておくべきです。前に私は産休で休む人の助っ人として、正社員の仕事をはじめたのですが、私のシフトがそこでは「土日」固定のシフトだったのですが、他の社員は来ず、私一人だけで現場を任されるだけでした。前任の女性が「土日」に必ず出ることができたので、私も出勤できる人と思われていたようです。実際「土日」に冠婚葬祭の予定が入った場合、シフトを変えてもらう必要があり、同じ部署の先輩方に「代わりに出勤していただけませんか?」と私から連絡を入れなくてはいけませんでした。給料も立場も同等なのに土日を1人の人に任せるって・・・冷静に考えると、本当に腹が立ってきます。

    転職する際には面接が必須となります。

  • 転職時の面接の時に面接担当者から「転職理由をお聞かせください」という風に、必ずと言っていいほど質問されます。この時、どれだけあなたが正しくとも、過去の職場の「人間関係」「労働環境」についての返しは、極力口にするのは避けましょう。なぜなら、そのような不満を口にすると、印象が悪くなってしまい、チャンスを無駄にしてしまうことになります。面接時にはポジティブな発言がとても大事です。とにかく「新しい職場で、これまでの自分のキャリアをしっかり生かし、御社に貢献していきたいと考えています。」此の様な言い回しが大切です。

    最近では、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようにな…

  • 最近では、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようになり、労働条件についての取り締まりが強くなったり、悪質な会社が公表されるなど、不利益を被るシステムができてきましたが、完全とはいえません。だから、面接で見破る必要があります。はじめに、求人票などに記載されている労働条件を見ておき、それらの項目を順番にいろいろと質問をぶつけましょう。ブラック企業であれば、求人票の記載が嘘の場合、返答に詰まったり、回答を避けるなど逃げようとすることが多いです。給与と残業、休日に関しては、質問をしつこくしていると、渋い顔をする場合が多くあります。それでも迫ると、ふてくされたような態度を見せ始めるため、そこで「この会社は信用に値しない」と確信できます。この手の企業は、約束を守らない上に、入社してからもふてぶてしい態度であることが多いので、「何か引っかかる」と思ったなら、入社は止めるべきです。