派遣社員だからといっても、好きなタイミングで辞められるわけではな・・

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって契約期間を迎えた・・

  • 派遣社員だからといって契約期間を迎えたら好きなタイミングで辞められるわけではないと転職活動を通じて感じました。私は結婚し、落ち着いたらすぐにでも子供を授かりたかったので、妊娠するまでの期間のために数年くらい現在の部署でそのまま仕事したかったので就職しました。派遣社員ということもあり、月収は安かったですが仕方なく時間的な自由が得られるのでガマンしました。ところが、いざ入社したあと、一緒に働く人たちのほとんどのスタッフが派遣社員として10年以上も続けて勤務していらっしゃったのです。意外にも派遣社員であっても期間が過ぎたらすぐ辞められる雰囲気もなく、この先どうすべきか、とても困惑しています。
  • 退職と転職を度々しないための方法が一つだけあります。

  • 退職と転職を繰り返す日々を止めるためにすることはただ一つです。仕事面のスキルアップもそうですが、精神的なスキルを磨くと転職を繰り返すことがなくなります。インターネットでなんでも見られる今では精神面を強くするヒントは容易に知ることができます。また、不思議に感じるかもしれませんが、転職とは関係なさそうなことでも、メンタル面を強化することが可能です。何かと言うと「海外に行くこと」です。海外に旅行に行くと文化、生活様式、言語など、違うことばかりなので、とにかく刺激が山ほどあるのです。なので、帰って来てから変化があるのです。日本に戻ってくると、「自分の見せている世界はこんなに小さいのか」と気づき、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと感じることができます。こういった気持ちの状態で、(転職のための)面接に向かうと、今までの面接とは違って自信に溢れた態度で相手にアピールできるはずです。どうしても、退職後しばらくは精神的にまいっている人も多いのでその後のために休業期間も必要です。
  • 転職候補となる面接では、勘違いしている人が多いのですが…

  • 転職の際に欠かせない採用面接に関して、よく思い違いがあるのですが採用をされたいあまり必要以上に猫かぶりすることは、予想に反して良い結果にはならないことがあります。そうならないためにその場を繕うのではなく面接の際は「ボーナス」などの、普通はかなり質問しづらい内容を思い切って訊いておいた方が、最終的に間違いなく自分のためになります。実のところ意外に思うかもしれませんが、「そんな無遠慮なずけずけと質問をすると、結果が響くのではないか」と不安がるかもしれませんが、けれども、かえって面接官からの印象もいいことは少なくないようです。こうした労働環境やお金に関連する疑問点は、仕事をするとなれば、誰もが聞きたい事項ではあるのに、ついつい面接結果に影響するのを恐れ、なかなか聞けないものです。しかし、あなたが勇気を出して質問をすることで、「勇気のある人だな」ということで面接官の記憶に残る可能性が高くなります。
  • 看護師の他の職業に転職する理由は一人ひとり違います。

  • 看護師という職業の人の違う職に転職に至る理由は、人それぞれ。色々な事情があるはずです。考えてみると看護師が他の仕事への転職するには「職場環境に関わりたくない人がいる」「結婚してから自分勝手にできなくなって出産それと子育てそれから家族の介護など、さまざまな変化によってこれまでと同じようには働き方が厳しくなってしまった」「今の収入に大きな不満がある」というような悩みが解消したいために転職されるのかもしれません。不満があるほど、急いで行動を起こしたくなりますが、実際に転職される前に「どうして、転職しないとダメなのか?」と、ゆっくりじっくりと現状を客観視することも重要です。「本当に転職を叶えたら、状況が上向くのか?」と再考したうえで決断すれば間違いが減らせます。
  • 転職活動をやっていると、面接で「志望動機」「転職理由」の2つは必ず尋ねられます。

  • 転職活動を行っていると面接のときに例外なく尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。これらのうち志望動機に限っては、心で思っていることをそのまま話してもかまいませんが、これと違って転職理由について隠さずに伝えるのはよくありません。転職理由でよくある給与の不満、同僚や上司とのトラブルなど、聞き手があなたに良い印象を持ってくれる可能性は少ないです。とはいっても、過去のトラブルを開けっぴろげに話す人は少ないとは思いますが、転職先の企業では、そういったマイナス点を重視しやすいので、あなたに対し、慎重に「探り」を入れてくるものと考えておきましょう。これに対抗して現職の不満を伝えないようにするには、現職の仕事の内容以外には、触れないように心がけることです。そしてさらに、この企業に入社してこんな貢献をしたい、「3年後にはこうしている、5年までに〇〇を叶える」、「こういった私の希望が叶うのは御社だけだと思っています」、といったように志望動機に話をすり替えるのが正解です。
  • 今と違った会社がいいと転職活動をしているときの場・・

  • 違った会社につきたいと転職希望者の場合には「はやく、内定(採用通知)が手にしたい」と考えるものです。でも、それで吉報が欲しいあまり、自分のできないことまで「出来ますよ」と嘘をついたり、あるいは対称的に自分を安売りするような売り込みはゼッタイにしないようにしましょう。焦ってしまう気持ちをブレーキを掛けて、冷静に、そして客観的に、自分にピッタリな職場を探すことに専念することが重要なのです。これまでの経験が活かせるように、そして、今後のキャリアアップが図れる会社を賢く見極めていきましょう。
  • 転職を取り囲む状況は、政治により状況が変わりつつあります。

  • 転職を取り囲む状況ですが、政治による変化が出始めています。今の安倍政権では、「アベノミクス」や「三本の矢」といった経済に関係する政策が次々と打ち出されています。経済政策ともに日銀による「金融政策」と相まって、財界や民間企業間においても新たな社会的な変化が巻き起こりつつあります。その変化を受け、企業のあいだでも今度は若者世代の減少と、現役世代の大量退職による人手不足がかなり深刻化しています。また最近では、外国人の労働者を増やして人材確保に務めていくつもりでいると現政権は語っています。外国人労働者の増加に伴い、転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こうした変化によって日本国内の雇用状況や転職状況も大きな影響が出てくるのは当然のことといえます。
  • 転職後は、大体の場合、前職での出来事は美化されます。

  • 転職すると高確率でそれまでの仕事は出来事は美化されます。実を言えば現在の職務に不服があるから、それを解消するためにやっとのことで退職を決め、再就職を決めたはずなのに、気がつくと、どうしてかわからないけれど「前の仕事のほうが良かったかも」と感じることが増えてきます。至って普通で、前職では日々の業務に慣れていて、今よりもすんなりとやるべき業務があっさりとできていたのも一番の根底にあるでしょう。ですが、「退職するんじゃなかった」と本気で思うほど、前の会社のほうが全体的な雰囲気や高く評価されていたことがあります。
  • 楽しんで転職をすることができれば、メンタルを脅かされることがないので・・

  • 期待をもって再就職をすることができたら、精神的に負担を感じることもないので、転職期間中の堕落も避けられます。おまけにメンタルが良好な状態のままであれば、割と早く転職先も見つけられるはずです。一番の理想は、やはり、スムーズな隙間のない時間で新しい勤め先を見付けることが大事です。一番は働きながら次の勤め先を見つけるのがベストだと思います。さらに、ブランクをつくらなければ直ぐに働けるので、経済的な心配もありません。そのように予定を組んでおくと、職歴の空白期間をなくせるため、将来に響くこともありません。つまり、転職の時にマイナスの要因がなくなるということです。先を見据えて、転職活動を進めてみましょう。
  • 転職活動で「私はかつて、こういう職場の仕事を長く続けまし・・

  • やっている転職する活動中に、「自分は今まで、このような種類の仕事を長く続けてきました」「今までにこういったスキルを身につけることができました」と過去の自身の経歴をがっしりアピールしなくちゃと考える人はよく目にします。しかし、希望する再スタートを図る職場で「そのうちこのようなことをしてみたい」「私が触れたようなことであれば貢献できるはず」と未来形として自分を売り込むほうが過去の実績以上に反応が良いはずです。この点を意識して、転職活動をがんばってみてください。
  • 再就職で勤め先を新しく替えるということは、自身に合う…

  • 転職して勤め先を一新するということは、自分自身に合う自分の希望に近い転職先に就職したいものです。職場や勤務先を変えることで、自分向きの仕事に出会うかもしれません。けれども、良い面ばかりでなく相応の努力が必要です。表現を変えると、あなたの才能次第で、「天職」に近い転職に巡り会えるチャンスがある、ということです。今は、職業選択の自由が一般敵に広く認知されているので、勤め先を変えても偏見を持たれてしまうリスクもありません。終身雇用制度が崩壊に向かいつつある今現在、「即戦力になる人材が欲しい」と願う企業も増加していますので、今の良い時期を生かしていきましょう。
  • 転職活動中は、ついつい時間が有り余っているため、気が緩んでしまい、…

  • 再就職先を探している間は、そういう風にしたいわけではないのに時間に余裕がある分、気が緩んでしまい、緊張感のない、だれた生活になりやすいですよね。しかしながら、そんな過ごし方は避けたほうが賢明です。なぜならば、だらけた生活をしていると、「精神的」にも悪影響があるからです。気が付くと、働く気力がなくなり、経済的に困る状況にも・・・。そんな状態になると、負のサイクルができてしまい、転職をしたい会社が決められません。次の仕事を決められなくなるのは、給料を最優先に考えてしてしまうからです。お金を一番に考えざるを得ない状況ではやりたかった仕事を求めて転職しようと思っていたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。ということで、お金に縛られない生活をする意味でも、だれた生活は、(転職活動中には)不必要です。