転職活動をする上での最後に残る難関として、今勤務している会社の退職があげられます。

転職活動を行う際の最後の難問として、現在勤務している企業からの退職があります。

  • 転職活動の最後の難問として、「今勤めている会社をいかにして辞めるか」という問題があります。転職先の会社がOKしても、今いる企業があなたを手放したくないとして慰留するというのもよくあるケースです。そうなった場合、何があっても退職をあきらめない、という強い信念を持つことが大切といえます。仮に引き留められて、一時は思いとどまったとしても、一度辞めたい、と思った会社は、結局は長続きしないでしょう。会社の規定を確認し、退職に必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を用意しましょう。そのあとで、決定権を持つ上司と相談し、退職を考え直すことは絶対にありませんと、キッパリと伝えましょう。「円満退社」でこれまでのキャリアに別れを告げるのも転職活動において大切なポイントになってきます。
  • 派遣会社に登録しています。インターネットサイトの中…

  • このところ私は派遣の会社に登録をしています。サイトを見ていてなんとなくよさそうな仕事を発見して問い合わせを行ってみると「そのお仕事はもう他の方が採用されました」とお断りされ一瞬ウェブサイト上から仕事情報が消えるのですが、その次の日になるとまた情報が掲載されています。それって結局は私だとよくないのだっていう意味ですよね。そういうことであればカドが立たないくらいで正直に言ってくれるといいのですが、なかなかそうもいかないのでしょうか。それとも客寄せのための偽りのお仕事なのでしょうか?
  • 派遣会社に登録した上で働く人が最近では増えてきていますが、…

  • 派遣会社を通して仕事をする人が近頃は多くなってきています。仮に自分が派遣社員として働くつもりなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、どのくらいの金額(または比率)、自分に入ってくるかをできるだけ面接のときに聞いておきましょう。派遣業は、労働力を欲する会社に人材を派遣し、その見返りにお金を会社に支払うシステムといえますが、現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることが多いです。50%以上を還元しているのであれば、まだよい会社ということも可能ですが、中には開示すらされない派遣会社も多く、酷いケースでは、8割しか労働者に還元しないという場合も珍しくありません。なお、面接のときにきちんと答えてもらえないような会社は、いろいろ不都合なことは隠す体質であることが多いので、できる限り別の派遣業者を利用されることを推奨します。
  • 先週新しい仕事先を探すために人材紹介会社へ登録に行きました。

  • 仕事を探すために人材紹介会社に登録に足を運びました。そこで私のカウンセリングのために出てきた担当者の雰囲気がどうも新入社員じゃないかと思う人で、こちら側が説明していることの半分もその社員は理解ができていない模様。それなのに「そのキャリアデザインでは厳しいですね」とか「きちんと自分の強みと弱みをはっきりさせておくことが必要でしょう」等、一丁前に横柄にのたまうからとても不快な気分になりました。カウンセリング担当者はある程度社会人を経験している方にしてほしいと感じます。
  • これまで20代前半に転職を数回経験し、いまは資格の勉強をしながら…

  • 私は20代で転職を2度行い、いまは資格取得のため、派遣社員で働いています。常勤の勤務を選択しなかったのでやはり毎月の収入は過去の仕事よりも少ないです。しかしその分、以前より心と時間に余裕ができました。たまに、学生時にもっと資格を取得し、仕事できたらムダがなかったのにな、とは思います。実際、そういった成功例を間近に見てしまうと私もこうなりたかったと感じてしまいます。これまで私は、うまくいってる人と自分とを比較して、ガッカリする毎日でしたが、現在は結婚してから、私の生活そのものが大きく変化し将来の目標も決まり、充実した日々を過ごせています。
  • 生涯初の失業保険の給付を受けるケースでは、ただ給付されるのを待っていればいいと考えている…

  • 生涯初の失業保険をもらう場合、「何もしなくても自動的にもらい続けられる」と考える人が大多数ですが、それは誤解です。実は、失業保険の給付を仕事探しを行っていなければならず、毎月1回、ハローワークに通わなくてはいけません。1ヶ月間隔で担当者に求職活動の状況を報告して真剣に仕事を探していることを理解してもらえれば翌月も保険を受けられる仕組みとなっています。他方、「この人は就職活動を全くしていないぞ」と判断されたり、毎月の職員との面談に参加しないときは、有無を言わさずに給付が一時停止となったり、酷い場合は以降の給付資格を失うことになるのでそうならないために充分に注意しましょう。
  • 転職される人で次の仕事を始めるまでにまだ期間がある場合…

  • これから転職活動をする人のなかで、次の仕事をする前にある程度期間があるのなら、忘れずに「失業手当」をもらっておきましょう。失業手当は会社で社員に「雇用保険」を払ってくれている場合は、手続きをすれば誰でも失業手当を手にできます。詳細の手続きについては、「ハローワーク」で行います。しかし自己都合で仕事を辞めた場合は、失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、今の企業の都合や残業時間によってはただちに受け取ることが出来たりもします。このときの、支給される「失業手当」の金額は、会社で最後となる勤務月の直近の給料を軸に計算されるので、「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、理想的なのは「繁忙期」のあとに辞めた方が良いでしょう。
  • 数年前の求人誌には、募集要項の中に「性別」につい…

  • 以前は求人誌には、募集条件の中に「性別」について、記載されているのが一般的でした。けれど今では、1985年に男女雇用機会均等法ができたことによって、男女差別が雇用の際にあってはならないルールが決まり、応募資格に男女の文字を見ることはなくなりました。それでも、求人情報を出す企業は、男性・女性どちらでも等しく採用するとは限らないのです。実際、実は男性を欲しい案件に、女性の応募が殺到したり、女性が必要なのに男性が来てしまったり、でも採用されないといった可能性が高くなります。もしも、「女性が活躍している職場です」なんて書かれている求人募集の場合は、女性の働き手を希望しているのだと解釈しておいた方が良いといえます。
  • 転職をする時に絶対に書かなければいけない履歴書や職務経歴書などについては・・

  • 再就職しようとする場合必ず用意する履歴書や職務経歴書などについては、基本的には手書きではなく、パソコンを使って作るのが一般的です。現代の日本社会では履歴書や職務経歴書は手書きで準備するのが常識だと考えられている面も多々ありますが、それは新卒の就職活動やアルバイトの際に作成する履歴書であって、転職に関しては履歴書や職務経歴書は100%パソコンで書いたものは駄目と断言はできません。自筆の履歴書や職務経歴書の方を高く買う会社もあるようですが、そうじゃないところがずっと増加していていますので、パソコンで作成した履歴書でもOKな場合は意外にもたくさんあるのです。
  • 再就職をする時に面接でほぼ聞きだされることが会社を退職・・

  • 転職をする際に面接で行くと必ずと言っていいほど問われるのは会社を辞職した原因のことです。このような質問に回答する時には話題の中心を退職した会社からそらしたほうがベストです。辞めるに至った経緯が中心となり話が進むとどうしても悪い面を取り込んだ話になってしまいますから。どういう風に進めればいいかというとどうして前の職場を退職したのかという事をこの職場にどうしても入社したいという考えがあったからといった話の中身に進めるべきであり、自己アピールもかねて今、自分が面接に来ている会社に焦点をもっていくべきなのです。そういった話ならば、マイナス面を消し良い印象を与えることができる辞職の理由に変えることが可能です。
  • 転職を行う際、ネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェン…

  • 仕事探しを行うにあたっては、ウェブ上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」のお世話になることもあるでしょうが、あなたがそういったエージェントに登録し、めでたく就職することができた場合でも、失業保険の給付にはつながらないので注意が必要です。あくまでハローワークに届け出を出さないと失業保険の給付対象にはならないので注意すべきです。一方、「ハローワーク」を通じて斡旋された会社に就業したときは、就職のための必要なものを揃えるための一時金が受け取れることになります。インターネットでのエージェントは、私的機関です。彼らは、企業側から「紹介料」を受け取るだけであり、失業保険の手続きについては、ビジネスの対象外となります。このようなことを押さえておかなければ、失業中に給付金が他に入らない状況になるので、注意が必要です。
  • 仕事を探している際に閲覧する募集要項の情報というの…

  • 仕事を変えようと考えている時に注視する求人情報については、基準的なものとして、アバウトに載せている、という確率も少なくはありません。そのため、情報として書いてあることを正しいものだと信じるのはやめておいたほうが最善でしょう。中でも特に給与の金額などにおいては、全社員を平均した給料なのか?最低額なのか?一番高い給料なのか?というような見極めができない人のほうが多く自らの勝手な判断でとらえてしまうと、今後、嫌な思いをする可能性もあり得ます。という訳で、そんな風にならないためにも、求人というのは、参考程度に考えて、そういった情報は会社側に直に連絡を取ってみた方が良いでしょう。