新しい就業先ではいきなり年収に関して高望みはしないほうが無難です。

新しい仕事に就きたいと考えているのなら、すぐに年収に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 転職しようと思うなら、「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。中でも、入社した年度は、おおむね「研修期間」が入っている会社があります。私自身の転職では、労力を費やして手にした仕事なのに、期待とは裏腹にそれまでの職場での年間報酬とほぼ同額ということがありました。そればかりでなく、業務はかなりキツく、たいへん責任のある立場で最初の1年は、たいへん状態でした。そうした実体験から1年目はいわば勉強の期間と割り切って、出来る限り転職前から貯金しておくことに尽きると思います。
  • 再就職を視野に入れているならこまめに多様な会社の採用情…

  • 転身するつもりなら、労を惜しまず頻繁に会社の情報を日頃からチェックしておくと就職先の判断がしやすくなります。あなたが現在の職場に不満足だと感じている場合、いざ転職活動をはじめたとき、どんな企業でもいいように思えてしまします。そんな状況になってしまうと、どこを選択するべきか、迷ってしまい、会社選びをしくじってしまう恐れがあります。結果、短い期間で不満が募ってしまうこともあるので前もって会社を見る目を養っておくのがベストです。会社の雇用に関する情報だけ見る以外に、その企業の「取引先」を見るのがオススメです。透明性ある良い企業は、取引先情報を開示していますし、逆にそういった企業ではない場合、広告宣伝ばかりに注力しがちなので、求人チェック時に見ておきましょう。また、企業によっては、個人でのグループに入っている企業があるので、グループ名で調べ、確認しておくのも手です。
  • 転職エージェントに一旦登録すると、電話やメールでしつこいくらい連絡が入ってきます。

  • 転職サイトは一度登録したあとに、電話・メールが嫌になるぐらい掛かってきます。初めて利用する人は大変びっくりすることが少なくありません。「転職エージェント」は、利用者に転職してもらうことが仕事だといえるので、非常に積極的な姿勢を見せます。とりわけ大手のエージェントは、転職を完了させると企業側からお金が支払われる仕組みであるといえるので、転職希望者の都合うんぬんよりも企業の都合を優先的に考えることが多かったりします。また、転職エージェントは、契約数を増やしたいために、内定が出ると間髪入れずに、入社を積極的にすすめてくることが多いです。自身の気持ちをハッキリしておき、無理に転職しないように気を付けることが重要です。
  • 転職期間のあいだは、自身の趣味に没頭したり、体力を損なわない生活を習慣化しておく…

  • 転職期間中は、自分の好きなことに時間を費やすほか、体力の向上を意識しておくと良いでしょう。仕事が決まり、いざ仕事を再始動したときに、趣味に夢中になっていたことによって無意識のうちに集中する力が高まります。そしてまた、体力を補っている事で、他の社員たちと比べるとスタミナがあると認識します。というわけで、休職中は自分の好きなことに力を入れることと、体力を落とさないようにしておいて損することはありません。このあと、その職場のなかであなたと同様の趣味を持つ人と巡り会えれば、仲良くなるキッカケになります。ですから、これまでやってみたかった物事に挑戦してみるのも転職期間中の時間の有効活用となります。
  • 知人による紹介で転職を叶えようとしている人もいるでしょう。

  • 友人や知人の紹介で転職先を見付ける人がいます。しかし、転職の先の労働環境、労働条件に関する情報について、友人からの口コミを信じすぎてしまうのは、トラブルになることが多いです。そういうわけは主観が強調されてしまい、どうしても伝える側の主観が入ってしまうから客観性に乏しくなります。要するに友人にしたら良い職場だったとしても、あなたの主観で見た場合、イマイチな環境だってあるのです。その逆も然りです。ですので職場環境をはじめ、気になる箇所は口コミだけで判断せず、最後は自身の目でチェックしておくようにしましょう。
  • 失業したときにもらえる失業保険は、失業状態でなければもらえませんが、…

  • 失業した際に給付される失業保険は、失業中でなければ給付されませんが、給付期間が無限に続くわけではありません。それまで働いていた期間で給付期限は変わり、90日とか120日とか決められるのですがなんとこのような現実を全く知らない人が一定数いらっしゃいます。失業を続ける限り給付されると思い込んで仕事をすれば失業保険をもらえなくなるから損だと考えて遊び続けている人もいますが、給付残りが1ヶ月、という段階で気づいてから急いで職探しをしても良い結果にならないのは言うまでもありません。転職を希望している会社の面接官もアホウではないので、失業中にきちんと求職活動をしていたか位はだいたいバレると思っておくべきです。状況次第では、面接時に失業中何をしていたのかことごとく聞かれます。答えに詰まったり、不自然な嘘をついたりしていると、受かるのは難しいでしょう。
  • 転職先で見学などがあるとたいへん参考になります。

  • 転職しようと考えている会社で見学などがあるとたいへん参考になります。その中でも、職人さんのいる会社では職人技を近くで見られるため、楽しくなります。しかしながら「職人」がいる会社見学ではほぼ例外なく見学者には、実際の仕事風景を見せてくれることはまずありません。もっとも顕著なのは、ブルーワーカーなどの分野です。個人のクセが強い業種であるため、入社しないと、本来の姿は伺えません。そのため、仕事=見学内容と考えないことが賢明です。ましてや、会社見学時に実際に仕事を体験させる会社はかなり問題がありますから言語道断といえます。入社していない人にはもし何かトラブルが発生しても、保障は一切ありません。仕事体験ができる、と言われてもやんわりと断るほうが良いでしょう。
  • 将来、今以上に短絡的な作業は機械に変更されていきそういう仕事を…

  • 私たちの社会的環境において、将来、みるみるうちにシンプルな作業は機械化に置き換わってその変化によって稼働人口はどうしても削減させられてしまいます。どうしてかというと、単純労働においては、人の手を借りるよりも機械を稼働させたほうが比べられないほど作業量をこなせるからです。例えば、数をカウントしたり、同一の手順をずっと繰り返すのは機械にとってはへっちゃらです。当たり前のことながら人と違って愚痴を言わないし、ペースが変わらないし、ズルもしないし、早いし均一化できるメリットもあります。加えて、報酬も発生しないのです。こういった点から、生身の人間を使う意味が無さすぎるため、機械にシフトされるもの当然といえます。
  • もし転職前、今の会社にいる人たちがあなたの転職を知ってしまう…

  • 転職前、今の会社の人たちがあなたの転職を知ると職場の空気が一変することがあります。今までの周囲との関係によっては、問題はないこともありますが、意地悪される可能性もあります。さらには、残業時間を意図的に増やされることもあるので、軽率に転職のことを口にするのはあまり良いとは言えません。上記トラブルを避けるためにも、いまの職場では、いたって真面目に振る舞いましょう。そうしておけば、良い雰囲気をギリギリまで維持したまま、仕事を辞められます。加えて、円満退職できれば、転職後、何かあったときに相談できる機会にも恵まれるでしょう。規模や業界に関係なく、どこの企業も人とのつながりは大切なので、会社を辞める際のトラブルは控えましょう。
  • 昔は看護婦と呼んでいた看護師というのはやはり女性の割合がかなり高…

  • 昔は看護婦ですが看護師というのは仕事として女性の割合がたいへん大きい職種です。厳しいことに気力だけでなく体力への大きく消耗する職場ともいえます。それ故に、職場での対人関係にトラブルを抱えやすく、自分の結婚や出産によってそれまでとは同等の勤務が継続できなかったりして、仕事とプライベートのバランスをかなり難しい職業といえます。実際、人付き合いや仕事と私生活との両立で悩み、転職する人が多いといいます。流動性が高い仕事であるため、看護師は、慢性的な人材不足に陥っています。つねにどの医療機関も看護師を募集する「売り手市場」な状態で、さらに転職に拍車を掛ける要因になっているのでしょう。
  • 転職活動といえば、企業そのものというより、ある意味、「担当面接官」と…

  • 転職活動のコツは希望する企業そのもの、というよりも採用担当の面接係員とのやり取りが大事です。しっかりと採用してもらうために、第一歩として面接だからといって焦らずに対応することを心がけましょう。出来ればお見合いのような気分でいる望むのも大事でしょう。とくに面接を介して最も最初にあなたの人柄や人間性を評価されるので悪い評価になるような言動は気をつけて控えましょう。また良識ある社会人らしくきちんと整った服装を意識してください。魅力ある人物と面接官に思ってもらえれば、かならず良い結果で転職活動を終えることができるでしょう。
  • 再就職する場合、準備は必要不可欠です。

  • 再就職にあたってそれなりの準備は必須です。一言で準備といってもたくさんありますが、そんな中でも目に見える服装は大事に感じてしまいます。…が、近年の採用面接については形式ばらない服装がOKな会社があるので、ビジネススーツで決めて行く必要がない場合もあります。会社の創立したての新規の企業などは、柔軟な考えをしていることが多く、私服で行ったほうが、相手先に良い印象をあたえます。また、正装ではないので、堅いイメージを与えないのでフランクに会話がしやすいのもメリットといえます。そして私服だと、面接の間に、ファッションについて、話題が広がることがあるので、もしかしたら面接担当の人から気に入られる期待もできます。ということで、これから転職活動をするつもりなら、企業の「設立した年」を確認し、(ベンチャー系企業の)面接時にはスーツは着ずに私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。