ついこの間、転職をやっとしたばかりであるにもかかわらず・・

2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりだというのに、すぐ…

2ヶ月まえに、転職したばかりであるにも関わらず、わずかしかたっていないのに辞めてしまうことを決断する人が意外と多かったりします。私の考えではリフレッシュな気持ちで良い職場を手に入れたものの、「自分の考えていた職場とおかしいと思うほど違っていた」「独自のルールにどうしても慣れなかった」と考えて退職を決意するのだとか。でもこのような、転職における失敗をしないためには、はやり情報収集を欠かせません。徹底して行うべきなのです。職場環境、業務におけるルール、など多角的に調べておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。

これはシフト制の仕事についての話です。

これはシフト制の仕事に関する話なのですが、一定の曜日に入れる人を募集している求人をよく見ますが、もし、応募しようと考えているならシフトの出し方や休む手順については、あらかじめチェックしておいたほうが良いです。それはなぜかというと、私は過去に、産休で抜けた人の代わりに正社員として仕事をすることになったのですが、私のシフトがそこでは、「土日」固定のシフトだったのですが、新入社員の私以外、誰も現場にいない状態という職場でした。産休に入った前任の女性が土曜、日曜に必ず出勤できる人だったので、私自身も出勤できる人と思われていたようです。「土日」に外せない用事が入ると、シフトを変わってもらうときは、同じ部署の先輩たちに「日曜日に休みたいのです」と私から連絡を入れなくてはいけませんでした。立場も給料も同じなのに土日は一人だけなんて・・・。今思うと本当に異常な職場だったんだと思います。

転職時の面接では面接担当者から「転職理由をお聞かせくださ…

転職のための面接では気を付けておきたい点があります。面接官から「転職理由をお聞かせください」という風に、100%の確率で質問されます。この場合、いくら正論だと思っても、以前の職場の労働環境や人づきあいに関しての不満を絡めた返答は、意識してしないことをお勧めします。もしも、そのような不満を口にすると、あなたにマイナスのイメージが付き、チャンスを無駄にしてしまいかねません。そのため面接時には前向きな発言が重要です。正直な理由でなくとも、「新しい職場で、自身の能力を十分に発揮し、会社の成長をサポートできればと思っています。」といったようなアピールの仕方が担当者に良い印象を持ってもらえるのです。

現在、ブラック企業がニュースで取り上げられたりして…

近時は、ブラック企業がメディアで取り上げられたりして、労働条件関係の取り締まりが強化されたり、悪質な企業は公開されたりと、罰則もそれなりに強化されていますが、完全には至っていないのが現状です。なので、事前に面接で「ブラック企業」かどうかを見破れる方法があるので覚えておきましょう。最初に、求人票等に書かれている労働条件を覚えておき、怪しい点について堂々と質問しましょう。相手が「ブラック企業」な場合、求人票の記載が嘘の場合、不自然な返答になったり、その場での回答を避けるなど逃げの姿勢に入ります。「給与」「休日」「残業」の箇所については、質問していくうちに、渋い顔をするケースが多くあります。それでも食い下がると、ブラック企業特有の高圧的な態度や、ふてくされたかのような態度を見せるので、会社の正体がわかります。この手の会社は、募集要項を遵守してくれない上に、入社後もふてぶてしい態度でいることが多いため、何か違和感を感じたら、入社はキャンセルするのが無難でしょう。

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、契約期間を過ぎたら…

時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、1年経ったら好きな時にすぐ辞められるというわけではないことを転職したことで学びました。新婚した後、生活が落ちついたらできればすぐに子供を持ちたかったので、妊娠する時が訪れるまでのあいだ、1年半~2年くらい現在の職場で継続で仕事を出来たらいいなと思い、就職しました。フルタイムでなく派遣社員だったので、月収は少なかったですが、仕方なく派遣社員という道を選びました。が、入社したあとで、一緒に働く人たちはみなさん派遣社員として10年~20年ちかくつづけて勤務していたのです。たとえ派遣社員だからといって、すぐ辞められる雰囲気ではないと気づき、悩みが増えました。

転社を繰り返さないためには、コツが要ります。

退職と転職を度々しないための術が一つだけあります。仕事面のスキルアップもそうですが、それとは別に精神的なスキルを磨くとそう簡単に転職を繰り返しません。今ではネットを用いて精神面を鍛えるための自己啓発系の情報は満載になっています。また、転職とは全然違う行動でも、精神面を強化することができます。何かと言うとズバリ「海外旅行」です。海外は、文化、言語、生活様式など、違うことばかりなので、刺激を受けることばかりです。なので、精神的な成長は、予想以上に得られるはずです。日本に帰ってくると、自分が小さな世界しか見えていないことに気づかされ、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと実感することができます。その気持ちのまま面接に行けば、今までの面接とは違って自信にあふれた態度でアピールもできるはずです。ですが、退職後しばらくの間は精神面が弱くなっているので、心の回復のために休業期間も必要です。

転職の際に外せない採用面接での、よく思い違いがあるので・・

転職を成功させるための採用面接に関して、勘違いしている人が多いのですが採用をされたいあまり過度に猫かぶりしていると、正直なところ悪い結果につながります。そうならないために猫をかぶるよりも面接時は、「休暇」といったような、多数の人がかなり質問しづらいことを思い切って訊いておくと、間違いなくあなたのためになります。信じがたいかもしれませんが、「面接の段階でそのような質問をすることで面接結果に良い結果が期待できないのではないか」と懸念するかもしれません。ところが、意外とプラスの結果になることは結果的には可能性が高いといいます。この手の実は面接時に仕事をするとなれば、多くの人が知りたい内容なはずです。ついつい多数の人が気を遣いはっきりと聞けないものです。けれど、あなたがあえて尋ねておくことで「正直な人だな」ということで面接官の記憶に残る可能性が高くなります。

それと違う職に「転職しよう」と思う原因はその人それぞれ。色々な事情があるはずです。

看護師の違う職業に転職する理由はその人それぞれです。さまざまな理由がありますが、看護師を辞めての転職するには「職場に気の合わない上司や同僚、お客がいる」「結婚で家庭環境の変化によって出産と子育てさらに親の介護など、さまざまな身近な家庭環境の変化によって今までと同じようには仕事が難しい」「稼ぎに不満がある」など、さまざまな理由が考えられますね。環境を変えたい気持ちは分かりますが、転職を決断する前に、転職したいと、落ちついて沈着冷静に客観視してみることも重要です。「実際に転職したら状況が好転するのか?」と再考してみる必要は大いにあるものです。そのうえで決断されることを強くお勧めします。

転職活動中に、面接で絶対に尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動で必ず尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。これらのうち志望動機に限っては、正直に話しても問題ありませんが、転職理由についてそのまま話すのはよくありません。転職理由でよくある給料・待遇に対する不満、上司や同僚との人間関係などそういった話をしても、あなたの印象は良くはなりません。もっとも、自分の得にならないことを馬鹿正直に話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそういった点に注目しやすいので、慎重に質問してくると考えておくべきです。不満を言わずにうまく答える方法として、現職の仕事内容以外を話さないことに尽きます。そしてさらに、この会社に入社してこんなことを実現したい、「5年後にはこうなっているだろう」、そのために御社を選びました、と志望動機に話をすり替えてみましょう。

今と違った企業の社員になりたいと転職をする活動をしている…

違った企業に入りたいと転職活動をしている中のとき、「ちょっとでもはやく採用通知がもらいたい」と思っているはずです。とはいえそういう気持ちで採用通知ほしさのあまり、自身をより大きく見せたり、あるいはその逆に安売りするような売り込みをするのはゼッタイにしないようにしましょう。大事なのは焦る気持ちをぐっと抑えて、冷静に客観視しつつ、自分の能力にあった職場を探すことに意識を向けましょう。これまでの経歴を生かしつつ、加えて、今後のキャリアアップが見込める職場を賢く探していきましょう。

転職を取り囲む状況は、政治による変化の兆しが出始めています。

政治によって変化の兆しが出始めている転職事情ですが、今の安倍政権下では「アベノミクス」「三本の矢」といった多くの経済政策が盛り込まれています。内閣が打ち出した新たな経済政策に連れ立って日銀の金融政策とも、たがいに作用しあって、財界・民間企業ともに今までにない変化が増加傾向にあります。そういった変化を受け、企業伸長とともに今度は労働人口減による「働き手が足りないこと」が根深い問題となっています。将来、「外国人の労働者」の総数を現状よりも増加させていく、前提と安倍政権は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、雇用や転職問題についてもかなり幅が広がりそうです。こうした変化のなかで日本国内の雇用・転職状況も大きな影響が出てくるのは確実です。

職を変えると、高確率で以前の仕事の大方の出来事は美化されます。

職を変えた際には、だいたいの場合は前の仕事での美化されるものです。本来は現在の待遇に問題があるから、それを解消するためにやっとのことで退職を決め、再就職を決めたはずなのに、過去を思い返すとどういうわけか新しい会社よりも「前の職場のほうが心地良かった」と思ってくるのです。それというのは極めて当たり前のことで、前の職場では仕事の手順に慣れていて、楽に与えられた業務があっさりとできていたのが、もっとも理由にあると思います。ところが、「退職なんてしないほうが良かった」と感じるほど、前職のほうが待遇や人間関係が良いケースもあります。