就職活動に注意すべき求人情報は、そこまできつそうな仕事ではないのにも関わらず給料が高めで・・

転職のため仕事探しをする場合に注意すべき求人は、そんなにきつくなさそうな仕事内容なのに給料がよく、…

  • 転職のため職探しをする場合に気を付けるすべき求人内容は、そこまできつくなさそうな仕事内容なのに給料が高めで、拘束時間が長いものです。このような求人の場合、記載されている給料に『みなし残業代』を入れて告知している場合がよくあります。みなし残業代は、別名『みなし』とも言われ、例えばですが、30時間、45時間という感じで求人の記載内容に時間が併記してあります。これは、毎月この程度の残業が想定されるので、前もって給料に残業代を組み込んで計算しておく、といったものです。(なお、これは合法です)もしも『みなし残業代25時間込』と書いてあれば「書かれた時間分の残業代を入れると、これだけの給料です」という求人になります。ですが、悪質なブラック系の求人では告知しておくべき『みなし』を表記していないこともザラですので気をつけておきましょう。

転職活動を開始するとき、あれこれ情報収集されるとは思いますが…

  • 転職する際は、いろんな経路で情報を得ることが多いと思いますが、転職系の口コミサイトはとても役に立ちます。一時期、悪い口コミをサイトに載せられたと言ってサイト運営者に対して損害賠償請求をした事例がありました。辞めた社員の報復によってそういった口コミが投稿されたという見方が一般的ですが、違った視点から見れば、ウソの書き込みだったなら、会社としては放っておけばいいようにも思えます。または、現実は『クロ』で「マズイと考え急いで火消しをしよう」と思っているかもしれません。口コミサイトも囃し立てることでアクセス数が増えたり、サイトを注目してもらえるチャンスがあるので黙認していますが、悪い口コミが多いと言う事はそれだけトラブルに遭遇する可能性が高くなる、といえるでしょう。そもそも、良い会社にはトラブルなんて起こりません。

最初に転職をするのであれば、注意しなければいけない・・

  • 人生初の転職をする際、気を付けるべきことはなぜ今の仕事を辞める必要があるのかをはっきりしておくことです。その理由こそが根本問題なので、必ず考えておくべきです。その上で問題改善ができる会社を決定してください。転職活動は、大学等での就職活動とは異なり、現在の仕事を継続しながら転職活動を行っていくので、時間の調整能力も、気力・体力も必要です。だからハッキリした理由がないまま転職活動を開始した場合、途中で息切れしてしまうおそれがあります。何とか転職したい、現状を変えたいといった強い意志がない場合は、転職活動を本格的に始めることはやめておいたた方がいいでしょう

”石の上にも3年”という人生において戒めのの意味を持つ言葉があります。

  • 昔から日本には「石の上にも三年」という教えがあります。現在、終身雇用制が死語になりつつ有る昨今では「転職」を経験するのが当たり前になりつつあります。ただ、「仕事を変えること」が一昔前よりも身近になってきたとはいえ、簡単に転職を選択してしまうのは考え物です。実際に転職を検討する際は、重要なのはタイミングを的確にとらえることです。ますはじめに、現在の職場・自分の置かれている立場などについて、不服に思う点を少なくとも5、できれば10個ほど、探してみてください。こうした作業をしておくことによって、転職活動がスムーズになるはずです。そして、もしおおまかな進路が見いだせたら、できるだけ早々に、今よりも良い仕事ができるよう、自分なりに努力してみてください。

転職活動を行う際の最後に残る難関として、現職の退職があります。

  • 転職活動を行う上での最後にクリアしなければいけない問題として、今勤めている企業からの退職があります。転職先の企業が決まっても、現在勤務中の企業が、あなたを離したくないと慰留することも珍しくありません。そういったケースでは、何があっても退職をあきらめない、という強固な気持ちをもつことが重要でしょう。仮に引き留められて留まった人でも、一度辞めたいと思った会社は、近い内に辞めることになるでしょう。退職をスムーズに進めるためには、最初に会社の規定に目を通し、退職までに必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を記入しておきます。それから、決定権のある上司と談判し、「退職に関しての交渉はご遠慮ください」と堂々と伝えましょう。円満退職をすること、これも就職活動において必要でしょう。

今、私は派遣の会社に登録をしています。

  • このところ私は派遣会社で働いています。ウェブサイトでふと自分にぴったりの仕事を見つけ応募したい旨を伝えたところ「その仕事はもうすでに他の方で話が進んでいます」と返答され瞬間的にウェブサイトからお仕事の情報が消えるのですが、翌日にそのページを見ると消えたはずの情報が掲載されています。それって結局私ではダメだっていう意味ですよね。それであれば初めから変に隠さないくらいにはっきりと教えてほしいのですが、なかなかそういうわけにいかないでしょうか。それともまた存在しない仕事を載せているのでしょうか?

派遣社員として仕事をする人が近頃は増える傾向にあります。

  • 派遣会社を利用して仕事をする人が徐々に増えてきていますが、派遣先の企業が派遣会社にいくら支払い、そのうちどれだけがあなたに入るのかを極力面接時に聞いておきましょう。派遣会社は、社員を必要な企業に派遣してその対価としてお金を手数料を徴収する仕組みです。実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしているケースが大半です。5割以上の額を労働者に還元しているのであれば、まだいいのですが、中には開示すらしないところも多く、ひどいものだと労働者に2割しか還元しなかった、というケースも決して少ないとはいえません。なお、面接のときに答えてくれないような会社は、隠ぺい体質であることが多いので、できることなら違う派遣会社で登録されることをおすすめします。

数日前転職のために人材紹介会社へと登録に向かいました。

  • 昨日転職先を見つけるために人材バンクへ登録をしに行きました。そこで登録カウンセリングの際に出てきた担当者の雰囲気がどうも新入社員みたいで、私が伝えたいことの5割ほどもわかってはいない様子です。それでいて「キャリアデザインを作り直した方がいいですね」とか「きちんと自分の強みを考えるべきです」等、何もかもわかっているかのように偉そうに言うのですごく不愉快でした。カウンセリングをする人はある程度社会人を経験している方にしてほしいです。

これまで20代前半に転職を数回行い、そして現在、資格取得のため・・

  • これまで20代前半に転職を数回経験して、現在は資格取得のため、派遣社員として企業で働いています。常勤の勤務とは違うので給料は過去の仕事よりも少ないです。以前より心と時間に大きな余裕が出来ています。たまに、学生時代にいくつか取った資格を生かして仕事できれば良かったのに、とは思います。実際、そのような人を見ると私もこうなりたかったと感じます。前までの私は、成功している人と自分とのギャップに気分が落ち込むことが多かったのですが、現在は結婚してから、過去と比べ生活環境が大きく変わり、明確な目標ができて楽しく日々を過ごしています。

生涯初の失業保険を受けるケースでは、じっとしていれば給付されると考えている人…

  • 生まれて初めて失業保険を受けるときに、何もしなくても給付されると思っている人がたいへん多いですが、それは誤りです。実は、希望通りにもらうためには、求職活動を続けていることが条件で、加えて、毎月1回、ハローワークに通う必要もあります。1ヶ月周期で職員に就職活動の状況をきちんと説明してきちんと就職活動をしていることをわかってもらえれば翌月、保険が給付されるシステムです。その反対に、真剣に就職活動をしていないとみなされたり、毎月のスタッフとの面談を欠席したときは、問答無用で給付の一時停止に至ったり、ケースによっては以降の給付資格自体を失うおそれもあるので、注意してください。

これから転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでにまだ時間が掛かりそうなら…

  • 今年中に転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでにまだ時間が掛かりそうならできれば「失業手当」を受け取っておきましょう。失業手当は現在の所属する会社がもし「雇用保険」を支払っているのなら、手続きをすれば必ず誰しも失業手当を受け取れます。また、受け取り手続きについては「ハローワーク」にて行います。もしも自己都合で仕事を辞めた方は失業手当までの待機期間が「3ヶ月」ありますが、状況によっては会社都合での退職、あるいは残業時間次第ではすぐにもらえる場合もあります。このときの、受け取れる失業手当の金額は会社で最後に働いた月の給料を基に支給する額を計算されるため、企業に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種であれば、なるべく「繁忙期」後に辞めるのが無難です。

今までの求人誌では、求める人材の「性別」まではっきりと書かれていました。

  • 前の求人情報では、雇用主の希望する「性別」がきちんと書かれていました。ところが今では、「男女雇用機会均等法」が成立した影響もあり、男女差別が採用時にしてはならないルールが決まり、応募条件の中身に「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。そういった時代になったのですが、求人情報を出す会社は、男性・女性どちらでも等しく雇用するとは限らないのです。実際に、実は男性を必要なのに、女性が募集にやってきたり、逆に女性を希望している案件なのに男性がエントリーしてきたり、といった問題も他人事ではないのです。仮に、「女性が活躍している職場です」という内容の求人募集は、雇用主が働き手は女性を必要としている、と認識しておく良いといえます。