2021-05

未分類

今現在の自身の職場や仕事に対する少なからず何かしらの不満があるはずです。

今現在の職場・業務内容について不満に感じていることの中に、「自身の持っているスキルや仕事での能力を正確に評価してもらえない」さらには、「報酬は変わらないし、将来的な昇格もまったく期待できない」といった点を挙げる人がほとんどだと思います。しかしながら、そういった不満を持っている人の中には、自分の本当の才能を実際よりも過剰評価してはいないか、改めて確認することが不可欠です。
未分類

クールビズのスタイルで転職の面接に臨む場合、ジャケッ・・

クールビズの格好をして再就職の面接に行く際には、ジャケットまでは着用しなくても安心であるとはっきりと言えます。ですが、ネクタイだけは着用しておいたほうが好印象を与えてくれます。ネクタイもジャケットと一緒でなくても良いとする会社もある確率もなくはないです。ですが、ネクタイにおいては例えクールビズであろうと身だしなみとしてすべきだと思っているところがいくつか存在するわけです。
未分類

転職活動を現職と同時に行っている人が多いです。

転職活動と現在の仕事の同時進行を行う人は少なくありません。しかし、仕事を続けつつ求人を探しながら、その応募手続きをしたり、面接に臨む、というのはハードです。転職活動をしているあいだ、現在の会社の同僚や上司に気づかれないように気を遣う必要があります。応募するだけしてみよう、という人がいますが、仮に、書類選考が通ってしまい、面接に呼ばれたあと「辞退」した場合に、厄介な事態となるかもしれません。
未分類

転職のための活動を行っていて面接時に「志望動機」「転職理由」の2つは必ず尋ねられます。

転職活動をしていれば、面接で間違いなく尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。このうち「志望動機」は、思ったとおりの内容で構いませんが、転職理由について隠さずに話すのはよくありません。例をあげれば給与が納得できないことや、上司と相性が悪いことなど、そのような話をしたとしても、あなたの印象は良いものにはならないでしょう。
未分類

今日、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく…

近年、ウェブ上の就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティング会社も増加しています。あなたが特許を取ったことがあるなら、ヘッドハンティングの対象になりやすくなります。彼らは、特許を出願した人のほかに、研究開発で論文を発表した経歴のある人や、マスコミによって注目を浴びた人など、何かしらの「功績」を残したと思しき人をターゲットに、電話やメールでコンタクトを取り、ヘッドハンティングのネタにしようと考えています。
未分類

もしも再就職の前に、今働いている会社の同僚たちがあなたの退職を知る…

もし転職することが、今働いている会社の人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、職場の空気が一変することがあります。人間関係によって、妬みなどから意地悪されることもあります。酷い場合には、意図的に残業を押し付けられたりすることもあるので、軽はずみに「転職します」と周囲に伝えるのは考えものです。
未分類

再就職の面接につけていく腕時計は、明らかに目を惹くタイプ・・

再就職をする際の面接につけていく腕時計の事ですが、どう見ても目立つ時計はつけないほうが好ましいです。腕時計で目立つものというのは有名ブランドの腕時計であるとか、といったことだけではありません。逆にチープに見える腕時計に見られてしまうとか、そういう目立つという意味であって両極端な意味で目を惹く、ということでとらえておきましょう。
未分類

再就職しようとする際に絶対に書く必要がある履歴書などにおいては…

転職をしようとする際に必ず必要となってくる履歴書や職務経歴書などについては、だいたいはパソコンを使って作るのが当たり前です。今現在の日本においては履歴書はパソコンを使わず自筆で準備するのが普通だと考えられている面も多々ありますが、それは新卒の就職活動やアルバイトやパートの時に用意する履歴書であって、実際には、転職の時は100%手書きでないといけないと言い切ることはできないのです。
未分類

就職活動をする場合に注意すべき求人は、そこまできつくなさそうな仕事内容なのに給料がよ…

就職活動をする場合に気を付けて欲しい求人内容は、そんなにきつそうな仕事内容ではないのに給料が高く、拘束される時間が長めというものです。このような求人内容は、給料に『みなし残業代』が含まれているケースがよくあります。みなし残業代というのは『みなし』とも呼ばれ30時間・45時間というように(時間は例えです)求人の記載内容に時間が併記されているものです。
未分類

転職の際の採用面接では、小規模業者だったらほとんどが人事担当者になりますが…

再就職の際の面接では、中小企業であれば、大抵は「人事」が面接担当ですが、状況によっては、人事以外が担当するかもしれません。直接、これから一緒に仕事をする現場の一番偉い人、一言でいえば役職クラスである部長や課長が担当することになるでしょう。とりわけ事務職や営業職に再就職する場合は資格などという人の評価が難しいですから、やはり自分という人物を売り込んでいくことが必要であります。
タイトルとURLをコピーしました