2021-10

未分類

20代に転職を2度経験して、いまは資格取得のため、派遣社員で働いています。

これまで20代前半に転職を数回行い、今現在は資格をゲットするべく派遣社員として企業に採用されました。常勤の勤務を選択しなかったので手取りは安いのですが、しかしその分、前よりも心と時間に余裕ができました。思い返すと、もっと学生の頃に資格を取り、仕事をできる人はとても少ないです。
未分類

仕事をするために派遣会社に登録する人が規制緩和の・・

"派遣社員として働く人が現在多くなっていますが、労働の対価として派遣会社にいくら支払われ・・ 仕事をするために派遣会社...
未分類

新たな仕事で今までに培われてきた資格やキャリアを存分に発揮できれば…

"新しく就いた勤め先でそれまでのスキルを活かせられれば、… 新しく就いた仕事でこれまでに身に付けたキャリア・スキルを生...
未分類

中小零細の消費者金融系列の業者であれば…。

中小零細の消費者金融系列の業者であれば、少しばかり審査自体が緩くなりますが、総量規制により、年収の3分の1を超過する債務...
未分類

現在のあなたの勤め先や仕事の中身について不満の中に、…

今現在の勤め先や仕事内容に対して、ほとんどの人は、何かしらの不満を感じているでしょう。「自分のスキルや能力を適正に評価してくれない」または、「報酬のアップも、昇格も出来ない」といった点を挙げる人がほとんどだと思います。けれど、そういった不満を持っている人の中には、本人が自分自身の持っている力量を過剰評価しているケースが少なくありません。
未分類

クールビズ(軽装)の格好をして転職の面接に行く際には…

クールビズのスタイルで転職の面接を受けに行く場合、ジャケットまでは着込まなくても良いとはっきりと分かるわけですが、ネクタイはして行った方が好印象です。タイに関してもジャケットと一緒でなくても大丈夫だと認めている会社もあることはあると思いますが、ことネクタイはクールビズだろうと身だしなみとしてしなければならないとしているところがいくつかあります。
未分類

転職活動と現職の同時進行を行っている人が多いです。

転職活動を現在の仕事と同時進行させる人が多いです。けれども、仕事をしつつ求人情報をチェックしながら、その応募手続きをしたり、面接を受けるのは精神面だけでなく肉体面も苦しいものがあります。さらに転職活動時は、今の会社の同僚や上司にもバレないようにやり過ごさなければいけません。
未分類

転職活動をしている際に、面接においてほぼ例外なく「志望動機」「転職理由」の2点を訊かれます。

転職活動をやっていると、面接において高い確率で尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。このうち志望動機に限っては、率直に伝えてもOKですが、「転職理由」を率直に話すのはオススメできません。転職理由でよくある報酬に関する不満、人間関係に関する問題など、面接担当者に悪い印象を与えるものです。
未分類

最近、ネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、…

今日はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、ヘッドハンティングの請負ををビジネスとする会社も増えています。あなたに特許出願の経験があるなら、コンタクトを受けやすくなります。彼らは、特許権を獲得した人に限らず、研究開発で論文を提出した経験がある人や、メディアで取り上げられた人など、「功績」ある人に狙いを定めて、電話やメールを使ってコンタクトを取り、ヘッドハンティングのネタにしようと考えています。
未分類

もし再就職の前に、今の会社にいる人たちがあなたの転職を知ってしまうと…

転職することを、今勤めている会社の人たちがあなたが退職すると知ってしまうと職場の空気が一変するおそれがあります。あなたの置かれている立場によっては、妬みなどから意地悪されることもあります。時には、残業時間を増やされてしまう事があるので、むやみに「転職します」と口にするのはお勧めしません。
タイトルとURLをコピーしました