Author

未分類

全くの未経験の分野などに転身したいときには、自分が前職で…

全くの初挑戦となる業界などに転業するときには、自分が以前の職で培ってきた力や今までやってきたことを生かすことができるという自己アピールが必要になります。働いたことのないジャンルの場合、経験のない分だけその分野で勤務したことがある方よりも事実、損にはなりますが、自分の持っているスキルがその業種でも生きるということをうまく相手に伝えれば、勝負になるケースはあり得ます。
未分類

仕事を始めてすぐは「年間報酬」の理想を高くしないようにしましょう。

転職した場所では、いきなり満足できるほどの「年収」を手にできると考えないほうが良いです。ことさら、転職したはじめの年は、ほとんどの場合試用期間が含まれることも多数で、自分の転職では、尽力して手にした職なのに、悲しいことに前職の年間報酬とほとんど同じということがありました。
未分類

再就職の時の面接などの際にもし面接担当者に名刺を渡された時・・

転職での面接などの時に面接担当者に名刺を差し出されたとしたら、あなたも名刺を相手側に渡すべきであるのか?と対応の仕方に迷ったら、ほとんどの場合は渡さなくても良いと理解しておくと良いですね。面接というものは仕事の内ではなくて、仕事を得るための就職活動内のことです。ですから基本的には名刺を交換する場ではありません。
未分類

転職活動の最後の壁として、「今の会社の退職」があるのではないでしょうか。

転職活動における最後に残る厄介な問題として、現職の退職があります。転職先の企業がOKしたとしても、今いる企業が退職を引き留めることもよくあります。そうなった場合、どうあっても退職する、という強固な気持ちをもつことが大切です。仮に引き留められて、残ったとしても一時辞めたいと思った会社は、結局は関係が終わることになります。
未分類

今では、株式・不動産投資などの不労所得で収入を得たり…

今の時代は株式・不動産投資などといった不労所得を得たり、個人事業や起業といった形で生きる方法も人気です。そういったような変化に伴い、「起業することは不安定だしキケン」といった従来の考えも変わりつつあるようです。1960年代ごろの高度経済成長を遂げている最中には、安定しない株式投資や個人事業よりも組織の一員であるほうが安定性にすぐれ、人が生きていくうえでもっとも正しい道としてまたそれが自然のことのように一般の人々に認識されていました。
未分類

勤務していた会社で嫌な上司に困ってしまい、最後には耐えきれなくなり退職し・・

就業していた会社でつらく当たる上司に悩みを持ち、最後には耐えきれなくなり退職し、同じ畑の他社に転職をしました。転職先の会社では居心地よく勤務することができて満足の毎日でしたが、ゆっくりと会社の売り上げが少なくなりとうとうある会社に経営統合されることとなったのです。
未分類

大規模な転職エージェントほど、多種多様な案件を取り扱って…

「就職エージェント」の大手ほど、多数の案件を取り扱っているというメリットがありますが、同時に競合する転職希望者も大勢います。したがって応募希望の会社があっても、転職エージェントの担当者が望みがないと判断すると応募してもらえない場合もありますし、会社から見て自分よりも有能な人がいれば、そのライバルを優先して送り込む傾向があります。
未分類

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、1年ご…

派遣社員だからといっても、1年経ったらすぐ辞められるというわけではないことを転職活動したことで思い知らされました。結婚した後、落ち着いたらなるべく早く子育てに取り組みたかったので、子供ができる日が訪れるまでのあいだ、だいたい1年半~2年くらい今の継続で仕事をしておきたいと思い、就職しました。
未分類

今あなたが、「転職サイト」を活用して自らが新たなチャレンジので…

あなたがもしも、「転職サイト」を利用して自らの働き方に近い条件の将来性のある企業情報をチェックしているのなら、必ず、「転職エージェント」も利用しておきましょう。なぜなら登録は簡単です。エージェントサービスの登録手続きを終え、エージェントが紹介してくれる求人情報は、誰しもが見られる公開求人とは異なります。その答えは、どう比べても、比べ物にならないレベルでたいへん質が良いといえます。
未分類

友人・知人による紹介で転職先を探す人もいるでしょう。

友人からの紹介によって転職する先を見つける人もいます。しかしながら、転職した先の労働環境、その他の労働条件などを友人知人の口コミを信用しすぎると後悔するかもしれません。言うまでもなく、そういう口コミというのは、客観的な要素が排除されやすく、客観性に乏しくなります。
タイトルとURLをコピーしました