未分類

未分類

知人からの紹介を通じて転職する先を見つける人もいます。

友人の紹介をキッカケにして転職する先を見付ける人がいます。しかしながら、労働環境やその他の労働条件といった部分について知っている人からの口コミをあまり信じすぎてしまうのは、あとで良くはありません。どうしてもある特定の人の口コミは客観的な要素が排除されやすく、主観が入ってしまうからです。
未分類

転職サイトは大手サイトの方が掲載される案件の量も多いので・・

転職サイトは、大手が運営しているものであるほど掲載される企業の数も多くなるため、気に入った2~3社を、まずはウェブ登録して、勤務地や年収にチェックマークをいれておき、加えて条件に合った求人情報が掲載されたら自動的にメールが送られるように設定しておくと容易に転職についての情報収集を行うことが可能になります。
未分類

20代の時点で転職を2回し、今現在は資格取得のた…

私はこれまでに20代で転職を2回経験し、現在、資格を取得したいので「派遣社員」を選択しています。フルタイム勤務ではないのでどうしても手取りは以前よりも少ないです。ですが、心と時間的な余裕ができました。思い返すと、学生時代にいくつか取った資格を生かして仕事を続けるという方は本当に稀です。
未分類

このような話は知り合いから聞いた話です。

"こうした話は兄の話です。始めに新卒採用でぜひとも入社したか・・ こうした話は従兄からの話です。始めに在学中の就職活動...
未分類

今の自身の職場・仕事内容について不満に感じていることの中に、…

今の自分の職場や業務に対する大半の人は不満を感じていると思います。「自身の資格やスキルを真摯に評価してもらえない」あるいは、「月給は上がらず、レベルアップする可能性も見いだせない」といった不満を挙げる人がほとんどだと思います。しかしながら、気持ちは理解できます。しかし、そんな人の中には本人が自分自身の持っている才能を実際よりも過剰評価していることもあるのです。
未分類

クールビズ(軽装)の格好で転職の面接会場に行こうとする際には、…

クールビズ(軽装)をして転職の面接に行くときには、ジャケットはさすがに着込まなくても安心であると間違いなく言えるのですが、ネクタイは面接では着用しているほうが良い印象を与えます。ネクタイもジャケットと一緒でなくてもOKだとしている会社もある場合もあるにはありますが、ことネクタイについては例えクールビズだろうとつける必要があると考えている企業がいくつかは存在するわけです。
未分類

転職活動を現職と同時進行させる人は少なくありません。

現在の仕事と並行しつつ、転職活動をする人はかなり多くいます。しかしながら、仕事を行いながら求人を見て、応募の手続きをしたり、面接に行く、というのは負担がかかるといえるでしょう。それを同僚や上司に隠さなければいけません。深く考えずに応募する、という人がいますが、仮に、書類選考が通ってしまい、面接が決定した後で辞退すると今後の転職活動に支障をきたすおそれがあります。
未分類

転職活動をしている際に、面接において例外なく聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動中に、面接のときに必ず質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。志望動機については、正直に話してもOKですが、これとは異なり転職理由についてストレートに話すのは問題です。転職理由でよくある給料に対する不満、同僚や上司との人間関係の軋轢など、面接担当者に悪いイメージを与えやすいものです。
未分類

近頃、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも…

最近、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、「ヘッドハンティング」の専門会社も増えています。あなたに特許権取得の経歴があるなら、連絡が来る可能性が高くなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許を取った人に限らず、研究開発で論文を提出した経験がある人や、メディアで取り上げられた人など、何かで有名な人に狙いを定めて、電話やメールでコンタクトを取り、ヘッドハンティングのネタにしようと考えています。
未分類

転職することを、今勤めている会社の人たちがあなたの転職を知ってしまう・・

もし転職することが、今勤めている会社の同僚たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、職場の状況が悪くなる可能性があります。周りとの付き合い方によっては、これまで通りに行くこともありますが、やっかまれたり意地悪されることもあるかもしれません。それだけでなく、残業時間を意図的に増やされることもあるので、軽率に「転職します」と周囲に伝えるのは考えものです。
タイトルとURLをコピーしました