未分類

未分類

転職することを、現在の会社の人たちがそのことを知ってしまう・・

もしも再就職の前に、今働いている会社の同僚たちがあなたが退職すると知ってしまうと職場の雰囲気がガラリと変わるかもしれません。あなたの置かれている立場によっては、問題はないこともありますが、意地悪される可能性もあります。時には、残業時間を増やされるキケンもあるので、むやみに「転職します」と周囲に伝えるのは考えものです。
未分類

転職時の面接のときにする腕時計に関しては、ビジネスの場らしからぬ派手なタイプ・・

再就職時の面接で使う腕時計は、ビジネスの場らしからぬ派手な時計は避けたほうが良いです。この場合の、目立つを詳しく言うと高価なものとか、といった意味合いだけではなくそれとは逆にチープに見える腕時計の印象を与えるとか、そういった目立つということで両極端で目を惹く、ということで考えておきましょう。
未分類

再就職の際に用意しないといけない履歴書や職務経歴書などについてです・・

再就職しようとする場合準備する必要のある履歴書などについては、原則、手書きではなく、パソコンを活用して作成するのが大多数です。日本国内では履歴書はパソコンを用いずペンを使って書くのが当然だと考えられていることもありますが、それは新卒に関する就職活動やアルバイトやパートの際に用意する履歴書であって、実は、転職においては必ず手書きでないといけないとは言えないのです。
未分類

就職活動に注意すべき求人情報は、そこまできつそうな仕事ではないのにも関わらず給料が高めで・・

就職するため職探しをするときに注意が必要な求人内容は、そこまできつそうな仕事ではないのに給料が高く、拘束時間が長めのものです。このような求人は、給料に『みなし残業代』を含んで算出しているケースが多々見受けられるます。みなし残業代というのは、通称『みなし』とも表記し、例えばですが、30時間や45時間というように求人の記載内容に時間が併記してあります。
未分類

再就職の際の面接は、小規模業者であればおおよそは人事担当者になります・・

再就職をする時に受ける面接では、中小企業であれば、おおよそは「人事」が面接担当になりますが、別のケースもあります。直接、これから仕事をすることになる管理職、というような中間管理職である課長や部長が面接を担当する可能性もあります。特に、営業職や事務職などの部署に転職するのなら、資格のみでは人の評価が難しいですから、きちんと自分自身を売り込んでいくことがとても大事です。
未分類

もしも転職を視野に入れているなら、転職する前に資格を取得しておくことをお勧めします。

もしあなたが転職をするなら転職する前に「資格」の取得をしておいた方が良いかもしれません。とくに、仕事を続けながら資格を取得すると、転職活動時にあたって幅が広がるので、次の仕事も見つけやすくなります。といったわけで、在職中であり、かつ転職活動前の段階が資格取得においてのベストなタイミングです。
未分類

楽しんで再就職に向けての転職活動と向き合うことで、精神的な負担も少ないので、…

楽しく再就職に向けての転職活動と付き合う事が出来れば、メンタルに重荷を感じることもないので、転職期間中の堕落も避けられるでしょう。そのうえメンタルが良好な状態であれば、あまり時間をかけることなく転職先も見つけられるはずです。そうするには、やはり、休職期間をつくることなく新しい職場に飛び込むことが大切です。
未分類

ついこの間、転職をやっとしたばかりであるにもかかわらず・・

ちょっと前に転職をやっとしたばかりというのに、すぐに辞めてしまう人というのもわりと多いものです。何故かと思うとたぶんリフレッシュな気持ちで自分に合った環境を見つけたものの、「自分自身の期待していたものと大きくギャップがあって幻滅した」「職場の雰囲気に馴染めない」という感じで退職を決意するみたいです。
未分類

未経験の業界などに転業するときには、自分が以前の職で…

初挑戦の業界などに転職を考えるときには、前の仕事で養われた腕前や経験値が生かせるという自己アピールが必要になります。初めての分野の場合、それだけその業種で働いたことがある人よりも事実、不利になりますけど、自らが保持している能力がそこでも十分に生かすことができるということをうまく相手に伝えることができれば、戦うことができることも考えられるのです。
未分類

新しい就業先ではいきなり年収に関して高望みはしないほうが無難です。

転職する企業で、年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。特に、入社した年度は、「研修期間」を含んでいるというのが多数で、自分の場合、やっと手にした仕事なのに、期待とは裏腹に前職での稼ぎと年収とほぼ同じでした。それにプラスして、業務はキツく、たいへん責任も重大だったために、初年度は非常に骨が折れました。
タイトルとURLをコピーしました