未分類

未分類

友人・知人による紹介で転職先を探す人もいるでしょう。

友人からの紹介によって転職する先を見つける人もいます。しかしながら、転職した先の労働環境、その他の労働条件などを友人知人の口コミを信用しすぎると後悔するかもしれません。言うまでもなく、そういう口コミというのは、客観的な要素が排除されやすく、客観性に乏しくなります。
未分類

転職サイトは大手サイトの方がたくさんの会社が掲載されているため…

転職サイトは大きなサイトの方がたくさんの求人情報が掲載されているため、興味を引く2つか3つの会社を、ともかく転職サイト登録しておき、希望する勤務地や年収に対してチェックを入れて、条件に合う求人情報が自動的に通知されるように設定しておくと情報を収集しやすくなります。
未分類

20代までに転職2回で、いまは資格の勉強をしなが・・

これまで20代前半に転職を数回行い、今現在は複数の資格をとるために、派遣社員として企業に採用されました。フルタイムでの勤務ではないため、給料は過去の仕事よりも少ないです。ですがその分、心と時間的な余裕ができました。たまに、学生時代に資格を取得し、仕事できたらムダがなかったのにな、とは思います。
未分類

今現在の自身の職場や業務の中身について少なからず何かしらの不満点があるはずです。

今現在のあなたの職場や業務内容について何かしらの不満に思うことがあるはずです。「自分の持っているスキルや、仕事上での能力を正確に評価してくれない」そのため、「賃金は平行線だし、昇進も出来ない」といった不満を挙げる人がほとんどだと思います。しかし、そんな不満を持つ人の中には、本人が自分自身の持っている技量を過剰評価してはいないか、改めて確認することが不可欠です。
未分類

クールビズ(軽装)をして転職の面接に臨むときには、いくらなんでもジャケッ…

クールビズの格好をして再就職の面接を受けに行くときには、さすがにジャケットまでは着込まなくても大丈夫だと言い切ることができるわけです。ですが、ネクタイにおいてはして行った方が良い印象を与えてくれるのでお勧めです。タイの着用はなくても大丈夫だと認めている企業もある確率もありますが、ことネクタイにおいてはクールビズが推奨されていてもすべきだと決めている会社がいくつかあります。
未分類

転職活動と今の仕事の同時進行を行っている人が多いです。

現在の仕事と転職活動を並行される人は少なくありません。しかし、仕事を続けながら求人案件をチェックして応募したり、面接を受けるのは心身ともにかなり骨の折れる作業といえます。転職活動をしているあいだ、現在の職場の同僚や上司にバレないように振る舞わなければいけません。
未分類

転職活動をしている際に、面接で必ず質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動をしている際に、面接時に必ず聞かれるのは志望動機と転職理由の2つです。これらのうち志望動機に限っては、率直に話してもOKですが、これとは違い転職理由についてストレートに話すのは得策ではありません。たとえば収入面の不満、人間関係に関する問題など、面接担当者に悪いイメージを与えやすいものです。
未分類

近年はネット上では、「就職斡旋エージェント」や、ヘッドハンティングの請負ををビジネスとする会社をよく見かけるようになりました。

現代はネット上では、「就職斡旋エージェント」や、ヘッドハンティングを専門に取り仕切る会社もたくさんあります。特許を出願したことのある人は、ヘッドハンティングの対象になりやすくなります。彼らは、特許出願を行った人だけでなく、研究開発で論文を出した経験がある人や、「マスコミ」によって注目を浴びた人など、「功績」を残した人物に狙いを定めて、電話・メールで接触してきて、ヘッドハンティング用のネタにしています。
未分類

もしも転職することを、今働いている会社の同僚たちがあなたの転職を知ってしまうと…

もし転職前、現在の職場の同僚たちがあなたの退職を知ると状況が悪くなる可能性があります。周りとの付き合い方によっては、問題はないこともありますが、意地悪や、やっかまれる可能性など様々です。そればかりでなく、残業時間を意図的に増やされてしまうこともあるので、軽々しく転職のことを口にするのはあまり良いとは言えません。
未分類

転職する時に行われる面接で使う腕時計について申し上げますが…

転職する時に行われる面接を受けるときにする腕時計のことなのですが、明らかに目を惹くようなタイプの時計は避けたほうが最善といえます。この場合の目立つ腕時計とは有名ブランドの腕時計であるとか、それとは反対に安っぽいものに見えるとか、そういった意味であって両極端で目を惹くのだととらえておきましょう。
タイトルとURLをコピーしました