転職するならば、仕事のやりがいアップと共にそれにとどま…

転職先を考えるにあたって、言うまでもなく仕事におけるやりがいのアップと共・・

転職先を決めるのに、言うまでもなくやりがいを考慮することも大事だけどさらに給料のアップも大切なポイントですから「年収比較サイト」に登録して前もって調査をしています。全く一緒の会社で加えて同一の職種、経歴であるにも関わらず人によってずいぶんと違いがある場合も数多くあり、ぶっちゃけて言えば面接の際質問をしたことがあります。面接をした方も一緒のサイトをよく見ていたみたいで「その高い年収で書いてるのは、書いた人間についてそこそこ見通しがついているんですけどね、おそらく見栄をはっているのでしょう。低い方の年収だと考えておいてください」とのことでした。

これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと思っている人に…

転職で、「派遣社員」を選択しようと思っている人にぜひ注意してもらいたいポイントがあります。一般的に派遣に関しては、「電話対応」「データ入力」「お茶出し」「その他雑用」といった業務内容を思い浮かべている方がおそらく少なくないとは思います。はじめは私もそう思ってました。現在働いている会社に入るまでは「派遣社員」の募集に応募したときに「メインの業務は電話対応になります」と採用の際に派遣会社から伝えてもらっていました。が、働き始めると、まさか「電話対応」だけでなく、退職した正社員の穴埋め役を頼まれました。何をしていいのかもよくわからず、はじめの説明とはかなり違っていたので毎日全くわからないような内容でしたので、今は、ひたすら派遣の期間が過ぎるのを待つのみです・・・。

スムーズに転職したい時は、希望する企業相手というより・・

スムーズに転職したい時は、企業そのものというより、採用担当の面接官とのやり取りが大事といってもいいでしょう。採用担当の面接官に良い印象を与えるために、まずは面接が始まる前に焦る気持ちを抑え、平常心を意識しましょう。例を挙げるとお見合いをする心構えで望むと緊張がとけるかもしれません。更に大事なことは面接官は最も最初にあなたの中身を判断してもらうので誤解を招くような見た目・言動は気をつけてゼッタイにやめましょう。また品性の有る雰囲気やT・P・Oなどに応じて転職活動にピッタリな服装(T・P・O)を意識してみてください。あなたらしさを表現できるといいでしょう。企業にとって必要な人材と思ってもらえれば、良い転職先に巡り会える可能性も高くなります。

これはシフトのある仕事についての話なのですが、毎週、同じ…

シフトのある仕事についてです。毎週、一定の曜日に勤務できる人を募集する求人をけっこう目にするのですが、休み方やシフトの提出方法については前もって確認しておきましょう。私は以前産休で抜けた人の代理として正社員としての仕事をはじめたのですが、「土日」固定となるシフトだったのですが、新人の私以外は、誰一人現場にいませんでした。産休に入った前任の女性が土日に必ず出勤できる人だったので、私も同じタイプと思われていたようです。実際「土日」に冠婚葬祭が入った場合、シフトを変わってもらうときは、職場の先輩たちに「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」と私からお願いしなくてはいけませんでした。給料も立場も同じなのに土日は私だけなんて・・・。冷静に考えると、「よく耐えた」と自分でも驚きです。

社会的な転職事情ですが、安倍総理が舵取りを行う現内閣で・・

昨今の転職事情は、政治によって左右されつつあります。今の安倍内閣では「アベノミクス」「三本の矢」など、経済政策が続々打ち出されています。経済政策ともに日銀による「金融政策」と、たがいに作用しあって、財界・民間企業間でも次世代の社会的な変化が顕在化しつつあります。それもあって企業の側でも労働人口の減少による「人材不足」がかなり深刻な社会問題となっています。最近では「外国人の労働者」の総数を現状よりも増やしていく、前提と現政権は宣言しています。日本国内の雇用や転職問題についても大きく幅が広がりそうです。このような社会的変化によって国内の雇用・転職事情も大きな影響が出てくるのは仕方のないことだといえます。


経営コンサルティングなら東京の英知コンサルティングへ
経営コンサルティング、人材育成コンサルティング、個人コンサルティング、FPコンサルティングなら東京の英知コンサルティング株式会社へ。国内唯一、全コンサルタントがMBAまたは中小企業診断士。全国対応。

コメント

タイトルとURLをコピーしました