転職活動をする上での最後に残る難関として、今勤務している会社の退職があげられます。

転職活動を行う際の最後の難問として、現在勤務している企業からの退職があります。

  • 転職活動の最後の難問として、「今勤めている会社をいかにして辞めるか」という問題があります。転職先の会社がOKしても、今いる企業があなたを手放したくないとして慰留するというのもよくあるケースです。そうなった場合、何があっても退職をあきらめない、という強い信念を持つことが大切といえます。仮に引き留められて、一時は思いとどまったとしても、一度辞めたい、と思った会社は、結局は長続きしないでしょう。会社の規定を確認し、退職に必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を用意しましょう。そのあとで、決定権を持つ上司と相談し、退職を考え直すことは絶対にありませんと、キッパリと伝えましょう。「円満退社」でこれまでのキャリアに別れを告げるのも転職活動において大切なポイントになってきます。
  • 派遣会社に登録しています。インターネットサイトの中…

  • このところ私は派遣の会社に登録をしています。サイトを見ていてなんとなくよさそうな仕事を発見して問い合わせを行ってみると「そのお仕事はもう他の方が採用されました」とお断りされ一瞬ウェブサイト上から仕事情報が消えるのですが、その次の日になるとまた情報が掲載されています。それって結局は私だとよくないのだっていう意味ですよね。そういうことであればカドが立たないくらいで正直に言ってくれるといいのですが、なかなかそうもいかないのでしょうか。それとも客寄せのための偽りのお仕事なのでしょうか?
  • 派遣会社に登録した上で働く人が最近では増えてきていますが、…

  • 派遣会社を通して仕事をする人が近頃は多くなってきています。仮に自分が派遣社員として働くつもりなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、どのくらいの金額(または比率)、自分に入ってくるかをできるだけ面接のときに聞いておきましょう。派遣業は、労働力を欲する会社に人材を派遣し、その見返りにお金を会社に支払うシステムといえますが、現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることが多いです。50%以上を還元しているのであれば、まだよい会社ということも可能ですが、中には開示すらされない派遣会社も多く、酷いケースでは、8割しか労働者に還元しないという場合も珍しくありません。なお、面接のときにきちんと答えてもらえないような会社は、いろいろ不都合なことは隠す体質であることが多いので、できる限り別の派遣業者を利用されることを推奨します。
  • 先週新しい仕事先を探すために人材紹介会社へ登録に行きました。

  • 仕事を探すために人材紹介会社に登録に足を運びました。そこで私のカウンセリングのために出てきた担当者の雰囲気がどうも新入社員じゃないかと思う人で、こちら側が説明していることの半分もその社員は理解ができていない模様。それなのに「そのキャリアデザインでは厳しいですね」とか「きちんと自分の強みと弱みをはっきりさせておくことが必要でしょう」等、一丁前に横柄にのたまうからとても不快な気分になりました。カウンセリング担当者はある程度社会人を経験している方にしてほしいと感じます。
  • これまで20代前半に転職を数回経験し、いまは資格の勉強をしながら…

  • 私は20代で転職を2度行い、いまは資格取得のため、派遣社員で働いています。常勤の勤務を選択しなかったのでやはり毎月の収入は過去の仕事よりも少ないです。しかしその分、以前より心と時間に余裕ができました。たまに、学生時にもっと資格を取得し、仕事できたらムダがなかったのにな、とは思います。実際、そういった成功例を間近に見てしまうと私もこうなりたかったと感じてしまいます。これまで私は、うまくいってる人と自分とを比較して、ガッカリする毎日でしたが、現在は結婚してから、私の生活そのものが大きく変化し将来の目標も決まり、充実した日々を過ごせています。
  • 生涯初の失業保険の給付を受けるケースでは、ただ給付されるのを待っていればいいと考えている…

  • 生涯初の失業保険をもらう場合、「何もしなくても自動的にもらい続けられる」と考える人が大多数ですが、それは誤解です。実は、失業保険の給付を仕事探しを行っていなければならず、毎月1回、ハローワークに通わなくてはいけません。1ヶ月間隔で担当者に求職活動の状況を報告して真剣に仕事を探していることを理解してもらえれば翌月も保険を受けられる仕組みとなっています。他方、「この人は就職活動を全くしていないぞ」と判断されたり、毎月の職員との面談に参加しないときは、有無を言わさずに給付が一時停止となったり、酷い場合は以降の給付資格を失うことになるのでそうならないために充分に注意しましょう。
  • 転職される人で次の仕事を始めるまでにまだ期間がある場合…

  • これから転職活動をする人のなかで、次の仕事をする前にある程度期間があるのなら、忘れずに「失業手当」をもらっておきましょう。失業手当は会社で社員に「雇用保険」を払ってくれている場合は、手続きをすれば誰でも失業手当を手にできます。詳細の手続きについては、「ハローワーク」で行います。しかし自己都合で仕事を辞めた場合は、失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、今の企業の都合や残業時間によってはただちに受け取ることが出来たりもします。このときの、支給される「失業手当」の金額は、会社で最後となる勤務月の直近の給料を軸に計算されるので、「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、理想的なのは「繁忙期」のあとに辞めた方が良いでしょう。
  • 数年前の求人誌には、募集要項の中に「性別」につい…

  • 以前は求人誌には、募集条件の中に「性別」について、記載されているのが一般的でした。けれど今では、1985年に男女雇用機会均等法ができたことによって、男女差別が雇用の際にあってはならないルールが決まり、応募資格に男女の文字を見ることはなくなりました。それでも、求人情報を出す企業は、男性・女性どちらでも等しく採用するとは限らないのです。実際、実は男性を欲しい案件に、女性の応募が殺到したり、女性が必要なのに男性が来てしまったり、でも採用されないといった可能性が高くなります。もしも、「女性が活躍している職場です」なんて書かれている求人募集の場合は、女性の働き手を希望しているのだと解釈しておいた方が良いといえます。
  • 転職をする時に絶対に書かなければいけない履歴書や職務経歴書などについては・・

  • 再就職しようとする場合必ず用意する履歴書や職務経歴書などについては、基本的には手書きではなく、パソコンを使って作るのが一般的です。現代の日本社会では履歴書や職務経歴書は手書きで準備するのが常識だと考えられている面も多々ありますが、それは新卒の就職活動やアルバイトの際に作成する履歴書であって、転職に関しては履歴書や職務経歴書は100%パソコンで書いたものは駄目と断言はできません。自筆の履歴書や職務経歴書の方を高く買う会社もあるようですが、そうじゃないところがずっと増加していていますので、パソコンで作成した履歴書でもOKな場合は意外にもたくさんあるのです。
  • 再就職をする時に面接でほぼ聞きだされることが会社を退職・・

  • 転職をする際に面接で行くと必ずと言っていいほど問われるのは会社を辞職した原因のことです。このような質問に回答する時には話題の中心を退職した会社からそらしたほうがベストです。辞めるに至った経緯が中心となり話が進むとどうしても悪い面を取り込んだ話になってしまいますから。どういう風に進めればいいかというとどうして前の職場を退職したのかという事をこの職場にどうしても入社したいという考えがあったからといった話の中身に進めるべきであり、自己アピールもかねて今、自分が面接に来ている会社に焦点をもっていくべきなのです。そういった話ならば、マイナス面を消し良い印象を与えることができる辞職の理由に変えることが可能です。
  • 転職を行う際、ネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェン…

  • 仕事探しを行うにあたっては、ウェブ上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」のお世話になることもあるでしょうが、あなたがそういったエージェントに登録し、めでたく就職することができた場合でも、失業保険の給付にはつながらないので注意が必要です。あくまでハローワークに届け出を出さないと失業保険の給付対象にはならないので注意すべきです。一方、「ハローワーク」を通じて斡旋された会社に就業したときは、就職のための必要なものを揃えるための一時金が受け取れることになります。インターネットでのエージェントは、私的機関です。彼らは、企業側から「紹介料」を受け取るだけであり、失業保険の手続きについては、ビジネスの対象外となります。このようなことを押さえておかなければ、失業中に給付金が他に入らない状況になるので、注意が必要です。
  • 仕事を探している際に閲覧する募集要項の情報というの…

  • 仕事を変えようと考えている時に注視する求人情報については、基準的なものとして、アバウトに載せている、という確率も少なくはありません。そのため、情報として書いてあることを正しいものだと信じるのはやめておいたほうが最善でしょう。中でも特に給与の金額などにおいては、全社員を平均した給料なのか?最低額なのか?一番高い給料なのか?というような見極めができない人のほうが多く自らの勝手な判断でとらえてしまうと、今後、嫌な思いをする可能性もあり得ます。という訳で、そんな風にならないためにも、求人というのは、参考程度に考えて、そういった情報は会社側に直に連絡を取ってみた方が良いでしょう。
  • 近頃、株・不動産投資などといった不労所得、あるいは個人経営 や起業で頑張っている人も増えています。

    昨今では、株・不動産投資などの不労所得で収入を得た・・

    この頃では、株式・不動産投資の不労所得で儲けたり、起業で頑張っている人も増えています。そういった移り変わりに伴い、「自営業は安定しない」といった従来の考えも変わりつつあるようです。高度経済成長時代に関しては、どうなるかわからない株式投資、個人事業といった稼ぎ方よりも雇用されて働いているほうが将来が安定していました。そのため人が生きていくうえでもっとも正しい道としてまたそれが自然のことのように一般の人々に広まっていました。そのような社会全体が等しく成長する時代は過ぎ去り、現代は「成熟期」という名が呼ばれます。将来は、機械化、自動化が進んで社会においては人手が不要になると言われています。

    女性が転職するに当たって、今現在と一昔前では多少の変化があったりします。

    女性が再就職する時、一昔前と近年とでは少なからず、状況に違いがあったりします。以前は会社側から「結婚観」や「出産後の仕事」に関して、ごく普通に質問されることが多くありましたが、今現在の流れとしては、そういった内容はセクハラとして聞かない会社、が増加傾向にあります。そしてまた、名の知れた大企業の場合は、タブーとして神経質になっているといいます。ただし実際、会社側としては、はい・いいえ、の2択でなく、その女性の姿勢、結婚した後も働きたいのか、出産後は仕事にすぐに復帰するつもりかなどを知っておきたいと思うはずです。自身の人生設計を伝えるためにも、志望動機や自己ピーアールとともに言い表すことで、会社側にも認識してもらえ、判断してもらいやすくなると考えます。ということで、たとえ、質問されていない部分も、あなたの側から企業にとっては必要な情報と捉え、話していくことを考えてみてください。

    自らが仕事を探していた時期にかなり何社かの人材紹介会社に登録していたことがあります。

    自分が勤め口を探していたころ割とたくさんの人材紹介会社に登録していのだが、その際に特に思ったのは転職のアドバイザーの質も本当に多様で大抵は物足りなく感じる方ばっかり。こちら側は人生の大事な事なのにもっと心して向かい合ってほしいという気持ちが募ってしまいました。それが引き金となりキャリアカウンセラーの資格を取得することにしました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格を取るためには費用も必要でしたし資格取得のための勉強の面に関してもとても大変ですが、求職中の人に頼みの綱とされるような存在になるために頑張っています。

    こうした話は兄の友人から聞いた話です。

    このような話は兄の友人から聞いた話です。就職活動を始めて大学生のときの就職活動でなにがなんでも勤めたかった最終目標であるA社の最終の面接で不採用になって、ですからやむを得ず違う会社に就労しました。そのあと数年過ぎた後派遣の求人サイトにおいてたまたまA社の紹介予定派遣の仕事が目に入り、気持ちを抑えることができず当時の会社をすぐに辞め、A社で派遣での勤務を開始、やったな、と思った行動です。真面目に頑張ってそれから後憧れのA社で正社員になれて、現在においてはやりがいを持ちながら楽しく仕事をしています。

    現在の自分の職場や業務の中身についてほとんどの人は何かしらの不満点を感じているでしょう。

    今現在の自らの勤め先や仕事に対するほとんどの人は、何かしらの不満を感じているでしょう。「自身の持っているスキルや能力を真摯に評価してくれない」さらに、「賃金は増えないし、昇格も出来ない」といった内容が多くを占めると思います。とはいえ、上記のような悩みを持っている人のなかには自らの本当の能力を「過大評価」している事が少なくないのです。そんな人が転職しようとすると、「自分を生かせる企業や職種がない」と休職期間が伸びると言う事に陥りがちです。おそれがあるので、注意が必要です。ですから転職で良い結果を出すためにも、あなた自身の能力を今一度、厳しく評価してみることから始めてみましょう。

    働いていることで回復が難しいほど心的にまいってしま・・

    働く中で回復が難しいほど心的な負担がかなり増え、転職しなくてはいけない状況に至ったなら、職場の人に相談ではなく家族と相談し、会社を辞めるかどうか判断した方が良いです。なぜなら、働くことは自分の事でもありますが、同時に身内の問題でもあるのです。毎月、どんなに給料が良いからといって、心的ダメージを負ってしまうほど、無理して仕事をするのは良くありません。今の時代は、経済的なことよりも、仕事のしやすさを重視していく生き方も徐々に増えつつあります。ですから気に病むことなく、あなたの身内や、あなた自身の心も大切にしましょう。

    求人情報をチェックする折、「デスクワークがしたい」という人ほど…

    求人に関係する情報をチェックする時、例えば、事務系の仕事が希望だからと、はなから製造業に目を通さない人がいます。そういった人は、「製造業は現場で製造する求人しかやっていないだろう」と間違って解釈しているケースもあります。事実、製造業での求人であっても現場に出る仕事だけでなく経理、総務などの従業員募集をはじめ、購買、営業管理のような「オフィス系」に分類される職もとても多いです。しかしながら、製造業の勤務場所はビジネス街などのおしゃれな雰囲気とはかけ離れた場所にあることが多いですから仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、その箇所がマイナスと感じるかもしれません。でも、自らのこだわりを捨てることによって人との出会いや、将来の可能性を高められるチャンスになるはずです。

    転職することを成功させるためには、行動する前に行動をしましょう。

    転職を成功させたいのなら、最初から情報を収集することが必須です。そうしようと思うのならインターネットを見ると会社の名前も知らないような小さな会社だって公式ホームページに企業のことを書いている会社が普通だから、インターネットを使って自分が知りたい情報を調べておくとまたその企業のわからないこと等をチェックしておくと転職に役立ちます。公式ホームページの他に、「転職サイト」を利用するのも効率的ではありますが、そのほか、インターネット以外の方法としてその職場を自分自身で見て判断するのも大事です。

    転職するため職探しをする場合に特に注意が必要な求人の募集内容は…

    転職活動に注意して欲しい求人内容は、そこまできつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料がよく、拘束される時間が長めのものです。このような求人の場合、給料に『みなし残業代』を含んでいるケースがよくあります。みなし残業代というのは、『みなし』と呼ばれるもので例えばですが、30時間や45時間といった感じで求人の内容に時間が併記されているものです。これは、毎月これくらいの残業が想定されるため、最初から給料形態に残業代を含んでおく、といったシステムになります。(合法です)例えば『みなし残業代20時間込』と表記されていれば、「記載時間分の残業代を含めると、これだけの給料がもらえます」という意味になります。が、悪質な求人では、記載しておくべき『みなし』を意図的に表記してないこともザラですので充分に注意を払っておきましょう。

    転職時は、いろんな経路で情報を集める人が大半だと思います…

    転職活動をするとき、様々な手段で情報を得ることが多いと思いますが、転職についての「口コミサイト」は、とても利用価値があります。少し前に、会社に不利益となる悪い口コミが書かれたということで、損害賠償を、その掲載会社に請求した事例がありましたが、辞めた(辞めさせられた)社員の報復によってそういった口コミが投稿されたという見方が一般的ですが、裏を返せば、ウソの書き込みだったなら、会社としては放っておけばいいようにも思えます。でも、現実は『クロ』で「このままではマズイと考え、なんとか火消ししたい」としていると考えることも出来ます。「口コミサイト」も炎上ネタが増えることでアクセス数が増えたり、サイトを注目してもらえるチャンスがあるので黙認していますが、よくない内容の口コミが目立つのは、その分、入社してから不利益になる覚悟をしなければいけないと考えてもいいと思います。そもそも、善良な会社には煙など立たないものです。

    初めて転職を行う場合、気を付けなければいけないのはなぜ現在の仕事を辞めなければいけないのかについ…

    人生初の転職を行う場合、気を付けるべきことはなぜ今の仕事を去る必要があるのかについて明確にしておくことだといえます。その理由こそが根本の問題であるので、まだの人は考えておくのが無難でしょう。そして問題を改善できるであろう会社を決定していきましょう。転職活動は、新卒時の就職活動とは違い、今の仕事をこなしつつ転職活動を続けていく必要があるため、時間と体力とが必要だと考えられます。ゆえに理由を明確にせず転職活動を開始した場合、途中で息切れしてしまうことがあります。「ゼッタイに転職したい!」「現状をなんとかしたい!」という強固な気持ちがなければ、転職活動にゴーサインを出すことはやめておくことをおすすめします。

    昔から日本には”石の上にも3年”といわれる諺もありますが・・

    日本には古来より「石の上にも三年」という教訓があります。1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともに「終身雇用制度」もなくなりつつある現在、「転職」を経験するのがとても身近なものになってきました。ですが、「仕事を変えること」が一昔前よりも身近になってきたとはいえ、簡単に仕事を変えようとする行為はとても危険なことです。実際に再就職しようと考える場合、時期を捉える必要があります。まず第一に、今やっている職場、仕事内容について具体的に、不服に思っている点を5~10個ほど、リストアップしてみてください。そうしておくと、再就職の次の一手を考えやすくなります。そして、あなたの進みたい道が見えてきたら、できるだけ素早く、より良い仕事ができるようにがんばりましょう。

    就業していた会社で嫌で反りが合わない上司に悩まされ、…

    初めて働いた会社で性格のきつい上司に悩み、とうとうやっていくのは難しいと判断してその会社を退職…

    新卒で採用された会社で嫌な感じの上司に神経を使い、結局これ以上は無理だと思いその会社を辞め、同業の他の会社に職を変えました。転職先の会社では会社の雰囲気がよく本当に満足のいく毎日でしたが、だんだんと業績が悪くなって、最後には経営統合されました。そしてその経営統合した先の会社がなんと前いた会社で、大変嫌いだった上司がもう一度私の上司になることに。まったく困ったことになりましたが、ここまで縁があるとは。当然新たな転職活動を始める予定です。

    仮にあなたが再就職を希望したとき、「Uターン」「Iターン」において…

    あなたが再就職しようと考えた場合、「Uターン」「Jターン」といった具合に、都会から地方に移住した上で再就職したい、と思っている人が、近年増えています。ここ最近は求人情報サイトを用いれば、地方や郊外での求人情報にも簡単に得られますが、しかし、地方や郊外での求人の場合、都市部の場合よりも、数が少なく良い条件も少ないというのが大きく違うところで、そういった点でマイナスといえます。したがって転職サイトのみに執着するのも考えものです。求人情報サイトだけでなく、「地方自治体・商工会議所」の情報サイトなどもこまめにチェックしてみてください。「地方自治体・商工会議所」など、行政が開催する転職サポートの関連情報も見逃さないようにしましょう。

    新しい仕事を探すのに、まずは今の会社を辞職してからと思っている人もいるようです・・

    新しい仕事を探すのに、まず会社を辞めた後でという方もいますが、そうするときにはボーナスの支給時期を気にかけておきましょう。ボーナスのある会社は星の数ほどありますが、ボーナスがもらえる会社であれば、ボーナスが振り込まれる時期まで少ししかないのなら、ボーナスが支給された後で辞職するという考えも悪くないです。ボーナスだとそこそこ大金なので、もらっておかないともったいないとも明白ですから、転職を考える時にはボーナスについての規定と支給日をまず第一に確かめておくとスマートなやり方です。

    一般的に見て一流企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるため・・

    一般的に大企業では、「定期採用」で人材募集することが普通なので、転職で入る事は中々難しいものです。さらに、都会以外だとその見込みがずっと低くなります。ただ、製造業の会社の場合には、都市部でない地方の工業団地などに運営していることが可能性があります。また、そのような工場の場合、事業拡大時等に「中途採用」を積極的に行うので、このチャンスを捉えるのです。そのためには、地方の工場での転職を考えているなら、希望する会社についての予備知識をあらかじめ知っておきましょう。その会社のホームページを覗いて、求人の予定がないか、暇があればチェックすると良いでしょう。

    クールビズ(軽装)の格好で再就職の面接にチャレンジする場・・

    クールビズの服装で再就職の面接に行く場合、いくらなんでもジャケットは着なくても良いと間違いなく言えるのです。ですが、ネクタイにおいては着用していったほうが間違いありません。ネクタイの着用はなくても良いと認める企業も存在するケースもあります。ですが、ネクタイにおいては例えクールビズだろうと必ずしなければならないと考える企業がいくつか存在するわけです。ですから、例えクールビズの恰好でもネクタイはしていった方が安全であるということをわかっておいてください。

    自分の趣味に通じることや大好きなことを仕事にしたいと思っている人は注意が必要です。

    自分自身の趣味に通じることや好きなことを仕事にしたいという風に思っている方は注意した方が良いです。これは、私が実際に経験したことなのですが、私自身、食べることが本当に好きだったのですが、前に、料理店で勤務していました。そのお店での業務は、そのお店で任されていた仕事内容は、シンプルな盛り付け作業やホール業務でした。この業務内容に関しては、嫌なこともなく楽しんで仕事ができていました。しかし、職場の人間関係にすごく疲れてしまったのです。ということが引き金になり、職場を離れたのですが、そのせいで、あんなに大好きだった食べることやそのレストランでメニューとして提供されていた食べ物も嫌になり、よく似た飲食店には現在も行くことができません。当時の店の匂いを思い出すだけで辛くなります。この仕事を始めた当初、好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。自分の好き、を仕事にしたいと思い、実現できるのは素敵なことだとは思います。しかし、「好き」はどのレベルのものなのか、じっくり冷静に自分自身に問いただした上で行動するべきです。

    今現在の企業の労働背景の変移について、社会人の中で若者…

    近年の会社や企業の雇用形態が大きく変わったことについて、全世代の中で34歳ぐらいまでの若者の世代が特に注目しているようです。自らの将来を見据えた動きなのでしょう。こういった背景から労働者やサラリーマンといった人たちの労働力の流動化が進行しているようで、一層、今後、世代に関わらず転職への注目が高まる気がします。労働市場の「流動化」の影響により、転職することは当たり前となりつつあります。「終身雇用制度」が機能していた時代には、「転職」には悪いイメージがあり、それで損してしまうこともあったようです。ところが、時代が変化し今やっている会社のみに執着する意味も必要性もあまりなくなったように思います。

    派遣でのお仕事が決まりました。

    派遣のお仕事が決定しました。仕事の最初の日に営業担当の方と会社の近くのコンビニで合流することになっていたのですが、担当者が約束をした店の前にいないから店内にいるのではないかと考えコンビニエンスストアの中に入ってみたら彼は大胆にも雑誌のコーナーで座り込んで卑猥なグラビアページを開けて見ているところを発見!こんな人に担当されるなんて願い下げだと思って、その場で声をかけずに気付かれないように店内から出て即刻派遣会社に辞退すると連絡をしました。

    再就職をする時に受ける面接では、規模の小さい企業だった・・

    再就職の際の面接では、中小企業であれば、概ねそこの会社の「人事」担当者が面接官となりますが、100%ではないのです。具体的には、これから一緒に仕事をする担当者、つまり部長・課長などの役職の人が面接担当になる可能性もあります。特に、事務系や営業系などの部署に転職する場合は、資格による見極めが難しいですから、結局のところ自分をアピールしていくことで好印象を与えられます。面接担当者から「この候補者は、きちんと自己アピールできるし、頼りになりそうだ」と思わせ、覚えていてもらうことがとても大事です。

    転職に先立って現在働いている会社を辞める時に失業保険の給付を受ける手続きをしなければいけないが・・

    転職するにあたって、今働いている会社を辞める時に「失業保険」をもらうための手続きをしておく必要があるのですが、仮にあなたの都合で退職願を出して会社を去る、いわゆる「依願退職」であった場合は失業保険をすぐさま受け取れません。手続きが終わった後で失業したことが確認されてから3か月の期間が必要なのです。よって、会社を辞めた翌日から3か月経てばもらえると信じている人がいますが、実際にそういった間違いをした人が、ハローワーク側に落ち度があると言い張ってその結果としてハローワークの職員さんとトラブルを起こしているのを見たことがあります。念のために付け加えておくと、社員側の都合ではなくリストラなど、「会社都合」での解雇のケースでは、失業認定されてからすぐに失業保険をもらえます。

    転職の面接を受けるため転職したい会社へ訪ねました。

    転職の面接を受けに転職希望の会社へ行きました。偶然会社内の面接ができる部屋が空いていないとのことで外のとある場所で採用担当の人と待ち合わせて採用面接を行って、その場で解散、面接を行った方も会社に帰らず自宅に直帰されるとのことだったわけですが、奇遇にも自宅からの最寄駅が一緒。結局は電車の中でもずっとおしゃべりをしながら帰宅することとなり、打ち解けて話が盛り上がり、それが功を奏したのかなんとか採用を手に入れることができました。

    長きにわたって接客関係で働いていたのですが、年をとったせい・・

    長いこと接客業で働いてきましたが、年齢的に立って行う仕事は体力的に難しくなり、座って仕事ができるオフィスワークへの転職を目指して行動しました。事務の経験がなければなかなか難しくて、それなら接客の経験も活かせる受付兼医療事務になろうと資格も取って個人の医院に転職することができました。周囲はベテランのパートさんばかりで人間関係が大変。夜のシフトばっかり押し付けられ、接客業をしていた時よりも帰る時間も遅いわけですが、初めの頃はキャリアの形成時と割り切り頑張ります。

    大きな転職エージェントに限って、潤沢な案件を扱って…

    大きな転職エージェントに限って、いろんな案件を持って・・

    大手転職エージェントは豊富な案件を持っているという強みがあるといえますが、反面、競合する転職希望者も多くいる可能性が高いです。それがために気になる企業を見つけたとしても、そのエージェント担当者が「転職の望みが薄い」と判断すれば応募してくれない可能性もありますし、会社から見て自分よりも評価の高いライバルがいると、そのライバルを優先することもあります。このように大手エージェントの場合は、サイトに未掲載の案件のデータを宝庫として扱っており案外応募できないので、中小規模のエージェントに対し、応募したい企業や案件について相談し、応募できないものでしょうか?と話しをすると転職希望者のために仕事してくれることもあるので、そうした活用方法もあります。

    就職活動において、年収は非常に大切な要素です。

    就職活動において、年収はかなり大切なポイントです。面接において、大部分の会社で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。実際の年収を上回る額をもらっていると偽り、多額の年収を獲得しようとしても、無駄でしょう。というのは、「源泉徴収票」が必要となり、たとえ一時的に信じさせたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、最終的にはウソがバレてしまうためです。運が悪ければトラブルに発展することもあるので、現在の会社での年収を正直に伝え、それに釣り合う希望年収額を設定するのが賢い選択となります。今の年収が400万円の人が、急に年収500万になるようなことは普通はありません。もし、現在の年収が430万円であれば、希望額は400~450万円と伝えておくとよいでしょう。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなり、せっかく入社した会社をその後、退職しなくてはいけなくなるかもしれません。

    転職活動のとき、気になった求人(または業種)を見るたび…

    転職活動の最中、気になった求人(あるいは業種)を見つけたときに100%「〇〇業(気になる業種)、ブラック」とインターネットで検索を掛けてみましょう。求人票・転職エージェントの言葉からはまずその業界のマイナスとなる面は、アドバイスしてもらえません。インターネットで調べればネット検索を活用することで瞬時におおまかな実態を理解できます。そういった手間を惜しんで入社してしまうと、直後に痛い目にあいます。だいたい求人が頻繁に出ている理由が「仕事の内容がキツイから人がすぐに辞めてしまう」という場合がかなり多くあります。目に留まった業種や案件に関しては、納得するまできちんと調べた上で応募するようにしましょう。

    とある古物商の求人にて、書類選考をクリアしました。2、3日…

    ある古物商の社員募集にて、書類審査に合格しました。すぐに担当者から、面接日時を教えてもらいました。ところが、当日行ってみるとなぜなのか相手が面接の用意を一切していないことがわかりました。所長らしき人物が面接担当をしてくれたのですが、始終けだるい表情を見せ、面接を終えました。が、予定日を過ぎているのに、まったく採用結果すらなく、ガマンできなくなり、自ら問い合わせてみたところ、「郵送で本日送付してあります」と告げられました。心待ちにしていたのですが、届くことはありませんでした。もう一度電話をしたところ、どういったわけか、「今回はご縁がなかったということで」と勝手に電話を切られてしまいました。あまりのことに呆れ返ってしまい言葉も見つかりませんでしたが、素直に、採用されなくて良かったとホッとしています。

    転職活動を現在の仕事と並行している人は少なくありません。

    転職活動を現職と同時に行う人が多いです。とはいっても、忙しく仕事をしつつ求人情報をチェックして応募したり、面接に臨むのは精神的にも肉体的にも大変です。転職活動をしているあいだ、今の職場の同僚や上司に気づかれないように気を遣わなければいけません。このようなとき、「とりあえず応募しておこう」という人がいるのですが、そうした場合に書類選考が通り面接の段になって辞退すれば今後の転職活動に支障をきたすおそれがあります。エージェントを介していた場合は、そのエージェントからの心象が悪くなりますし、他方直接応募していた場合も応募した企業からの電話・メールがしつこくやってくることもあります。いずれにしても自分の貴重な時間をドブに捨てることになるので、行くつもりがない会社は、最初から応募しないことをオススメします。新卒の就活とは全くことなることを意識を持つことが大切です。

    転職をする際は、事前に求人票やパンフレット、WEBサイトなど…

    転職活動を始めるにあたっては、前もって、求人雑誌を見たりして転職したい会社を調査するはずです。しかしながら、その会社が情報を掲載する際には、コンサルタントが主導している場合が多いです。コンサルタントは、会社にマイナスとなる情報を隠すプロでもあります。たとえ公表したとしても曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。その類の社員の声や社長のインタビューについては、額面通りに捉えるのではなく、話半分で捉えておいた方が良いでしょう。書かれていたことを信じて入社してしまった場合、こんなはずではなかったと後々、後悔するおそれがあります。悪意ある会社は、バカ正直な人間を取り込み、その後、様々な言いがかりをつけて退社させないように仕向けています。ブラック企業では、このようなことが少なくありません。

    転職サイトや転職エージェントといったサービスを利用し…

    転職サイトや転職エージェントなどを活用し、転職活動される人は多くなってきました。よりよい転職先を探すには、加えて転職フェアも併用されることをお勧めします。多くの企業が一度に集まるので、そこに足を運べば複数の企業の情報に触れることができ、そして、説明員等の雰囲気から、企業の雰囲気を肌で感じることができます。もしも、転職フェアに参加する場合は、面接に行くのと同じ覚悟を持ってしっかりと自分を売り込みましょう。幸運にもフェアを通じて、自分の魅力が企業に伝われば、その後応募して採用面接で良い手応えを期待できます。

    転職先を考えるにあたって、やりがいのある仕事か考えることも大切だけ・・

    転職を行うならば、むろん仕事のやりがいアップも重要だけどさらに給料のアップも大きなポイントなので「年収サイト」というところに登録して事前に調べています。全く一緒の会社で加えて全く一緒の職種、経歴であるにも関わらず人によってずいぶんと違いがあることも多数あり、ぶっちゃけて言うと面接で質問したことがあります。面接をした方も一緒のサイトを見ていたようで「ああ、高い年収で書かれているのは、書いた者について誰かある程度予想できるのですが、おそらく見栄をはってるんですよ。低い方の給料で心の準備をしておいてください」とのことでした。

    もしも転職したいと考えているなら、先に資格を取るのがおすすめです。

    もし転職を考えているなら、前もって「資格」取得は考えておいて損はありません。とくに、仕事を続けながら資格を取得するのがベストです。転職の際にそれを生かせるので、新しい仕事を探すのも容易になります。といったわけで、在任期間中での資格取得がベストタイミングです。転職を目指しているなら、社会的に強みになるような資格を取得しておくと、現在の仕事を辞めたとしても悔やむことなく次に進めます。そればかりでなく、資格取得後は転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、面接時に戦力として使えるとみなされ、待遇アップも期待できます。

    世の中は変化していてPCを使えばわかるけどネットのエリアには…

    この頃スマホを見ればインターネットで見られる世界には要するに「転職に関するサイト」と呼ばれるものがそこらじゅうに存在します。そのいっぱいのサイトから自分自身にピッタリの転職先と思えるのを見付けるためには、最初は情報を集めることが必要です。このようなサイトを上手く活用することで、スムーズな転職が実現します。最新情報が満載で、客観的なデータもしっかり掲載される役に立つ「転職サイト」がある一方、情報更新が遅く、粗悪な内容ばかり掲載しているサイトもあるので、充分に注意しておきましょう。使い慣れないうちは、実際に信用していいサイトであるかを類似サイトと比較しながら厳しく確かめてみましょう。

    きちんと失業保険の給付を振り込んでもらうためには、仕事を探していることの証明が必要になります・・

    失業保険の給付については、職探しをしていることが条件になります。とはいっても、現実的には「会社を辞めしばらくは自由に過ごしたい」というのが現実だと思います。というワケで、ちゃんと次の仕事先を探しているように思わせる方法があるので紹介します。毎月のハローワーク職員との面談は必須ですが、その場で求人票のチェックは必ずやっておきましょうまじめに探す気力がないときは、求人票を真剣に見ている芝居をして、ハローワーク職員との面談の際に、「納得できる条件の仕事や自分に合った仕事、希望する仕事が残念なことに見つかりませんでした」と相手に言い、次に期待しましょう。

    再就職では、要となるのが間違いなく「面接」である。

    再就職において、とても重要となるのがまぎれもなく「面接」だと言えます。ふつうの面接の際は面接官が応募者に対して、転職に至った理由や仕事の意気込みなどこれまでのキャリアといったことを尋ねてくると思います。そして必ず、面接終了の直前に転職希望者から、面接担当の人へ聞いておきたかったことなどを質問できます。面接官から、「何か弊社について疑問に思うことはありませんか?」と。そういった質問をされたとき、面接者本人が気持ちの準備もできていないし、何も聞けずじまいになる可能性もあります。そうならないためにも、前もって不安に感じていることや疑問などの答えを整理しておくことをお勧めします。よく考えてみればいくつか疑問点は出てくるはずです。ぜひ、やってみてください。

    派遣社員だからといっても、好きなタイミングで辞められるわけではな・・

    比較的時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって契約期間を迎えた・・

  • 派遣社員だからといって契約期間を迎えたら好きなタイミングで辞められるわけではないと転職活動を通じて感じました。私は結婚し、落ち着いたらすぐにでも子供を授かりたかったので、妊娠するまでの期間のために数年くらい現在の部署でそのまま仕事したかったので就職しました。派遣社員ということもあり、月収は安かったですが仕方なく時間的な自由が得られるのでガマンしました。ところが、いざ入社したあと、一緒に働く人たちのほとんどのスタッフが派遣社員として10年以上も続けて勤務していらっしゃったのです。意外にも派遣社員であっても期間が過ぎたらすぐ辞められる雰囲気もなく、この先どうすべきか、とても困惑しています。
  • 退職と転職を度々しないための方法が一つだけあります。

  • 退職と転職を繰り返す日々を止めるためにすることはただ一つです。仕事面のスキルアップもそうですが、精神的なスキルを磨くと転職を繰り返すことがなくなります。インターネットでなんでも見られる今では精神面を強くするヒントは容易に知ることができます。また、不思議に感じるかもしれませんが、転職とは関係なさそうなことでも、メンタル面を強化することが可能です。何かと言うと「海外に行くこと」です。海外に旅行に行くと文化、生活様式、言語など、違うことばかりなので、とにかく刺激が山ほどあるのです。なので、帰って来てから変化があるのです。日本に戻ってくると、「自分の見せている世界はこんなに小さいのか」と気づき、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと感じることができます。こういった気持ちの状態で、(転職のための)面接に向かうと、今までの面接とは違って自信に溢れた態度で相手にアピールできるはずです。どうしても、退職後しばらくは精神的にまいっている人も多いのでその後のために休業期間も必要です。
  • 転職候補となる面接では、勘違いしている人が多いのですが…

  • 転職の際に欠かせない採用面接に関して、よく思い違いがあるのですが採用をされたいあまり必要以上に猫かぶりすることは、予想に反して良い結果にはならないことがあります。そうならないためにその場を繕うのではなく面接の際は「ボーナス」などの、普通はかなり質問しづらい内容を思い切って訊いておいた方が、最終的に間違いなく自分のためになります。実のところ意外に思うかもしれませんが、「そんな無遠慮なずけずけと質問をすると、結果が響くのではないか」と不安がるかもしれませんが、けれども、かえって面接官からの印象もいいことは少なくないようです。こうした労働環境やお金に関連する疑問点は、仕事をするとなれば、誰もが聞きたい事項ではあるのに、ついつい面接結果に影響するのを恐れ、なかなか聞けないものです。しかし、あなたが勇気を出して質問をすることで、「勇気のある人だな」ということで面接官の記憶に残る可能性が高くなります。
  • 看護師の他の職業に転職する理由は一人ひとり違います。

  • 看護師という職業の人の違う職に転職に至る理由は、人それぞれ。色々な事情があるはずです。考えてみると看護師が他の仕事への転職するには「職場環境に関わりたくない人がいる」「結婚してから自分勝手にできなくなって出産それと子育てそれから家族の介護など、さまざまな変化によってこれまでと同じようには働き方が厳しくなってしまった」「今の収入に大きな不満がある」というような悩みが解消したいために転職されるのかもしれません。不満があるほど、急いで行動を起こしたくなりますが、実際に転職される前に「どうして、転職しないとダメなのか?」と、ゆっくりじっくりと現状を客観視することも重要です。「本当に転職を叶えたら、状況が上向くのか?」と再考したうえで決断すれば間違いが減らせます。
  • 転職活動をやっていると、面接で「志望動機」「転職理由」の2つは必ず尋ねられます。

  • 転職活動を行っていると面接のときに例外なく尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。これらのうち志望動機に限っては、心で思っていることをそのまま話してもかまいませんが、これと違って転職理由について隠さずに伝えるのはよくありません。転職理由でよくある給与の不満、同僚や上司とのトラブルなど、聞き手があなたに良い印象を持ってくれる可能性は少ないです。とはいっても、過去のトラブルを開けっぴろげに話す人は少ないとは思いますが、転職先の企業では、そういったマイナス点を重視しやすいので、あなたに対し、慎重に「探り」を入れてくるものと考えておきましょう。これに対抗して現職の不満を伝えないようにするには、現職の仕事の内容以外には、触れないように心がけることです。そしてさらに、この企業に入社してこんな貢献をしたい、「3年後にはこうしている、5年までに〇〇を叶える」、「こういった私の希望が叶うのは御社だけだと思っています」、といったように志望動機に話をすり替えるのが正解です。
  • 今と違った会社がいいと転職活動をしているときの場・・

  • 違った会社につきたいと転職希望者の場合には「はやく、内定(採用通知)が手にしたい」と考えるものです。でも、それで吉報が欲しいあまり、自分のできないことまで「出来ますよ」と嘘をついたり、あるいは対称的に自分を安売りするような売り込みはゼッタイにしないようにしましょう。焦ってしまう気持ちをブレーキを掛けて、冷静に、そして客観的に、自分にピッタリな職場を探すことに専念することが重要なのです。これまでの経験が活かせるように、そして、今後のキャリアアップが図れる会社を賢く見極めていきましょう。
  • 転職を取り囲む状況は、政治により状況が変わりつつあります。

  • 転職を取り囲む状況ですが、政治による変化が出始めています。今の安倍政権では、「アベノミクス」や「三本の矢」といった経済に関係する政策が次々と打ち出されています。経済政策ともに日銀による「金融政策」と相まって、財界や民間企業間においても新たな社会的な変化が巻き起こりつつあります。その変化を受け、企業のあいだでも今度は若者世代の減少と、現役世代の大量退職による人手不足がかなり深刻化しています。また最近では、外国人の労働者を増やして人材確保に務めていくつもりでいると現政権は語っています。外国人労働者の増加に伴い、転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こうした変化によって日本国内の雇用状況や転職状況も大きな影響が出てくるのは当然のことといえます。
  • 転職後は、大体の場合、前職での出来事は美化されます。

  • 転職すると高確率でそれまでの仕事は出来事は美化されます。実を言えば現在の職務に不服があるから、それを解消するためにやっとのことで退職を決め、再就職を決めたはずなのに、気がつくと、どうしてかわからないけれど「前の仕事のほうが良かったかも」と感じることが増えてきます。至って普通で、前職では日々の業務に慣れていて、今よりもすんなりとやるべき業務があっさりとできていたのも一番の根底にあるでしょう。ですが、「退職するんじゃなかった」と本気で思うほど、前の会社のほうが全体的な雰囲気や高く評価されていたことがあります。
  • 楽しんで転職をすることができれば、メンタルを脅かされることがないので・・

  • 期待をもって再就職をすることができたら、精神的に負担を感じることもないので、転職期間中の堕落も避けられます。おまけにメンタルが良好な状態のままであれば、割と早く転職先も見つけられるはずです。一番の理想は、やはり、スムーズな隙間のない時間で新しい勤め先を見付けることが大事です。一番は働きながら次の勤め先を見つけるのがベストだと思います。さらに、ブランクをつくらなければ直ぐに働けるので、経済的な心配もありません。そのように予定を組んでおくと、職歴の空白期間をなくせるため、将来に響くこともありません。つまり、転職の時にマイナスの要因がなくなるということです。先を見据えて、転職活動を進めてみましょう。
  • 転職活動で「私はかつて、こういう職場の仕事を長く続けまし・・

  • やっている転職する活動中に、「自分は今まで、このような種類の仕事を長く続けてきました」「今までにこういったスキルを身につけることができました」と過去の自身の経歴をがっしりアピールしなくちゃと考える人はよく目にします。しかし、希望する再スタートを図る職場で「そのうちこのようなことをしてみたい」「私が触れたようなことであれば貢献できるはず」と未来形として自分を売り込むほうが過去の実績以上に反応が良いはずです。この点を意識して、転職活動をがんばってみてください。
  • 再就職で勤め先を新しく替えるということは、自身に合う…

  • 転職して勤め先を一新するということは、自分自身に合う自分の希望に近い転職先に就職したいものです。職場や勤務先を変えることで、自分向きの仕事に出会うかもしれません。けれども、良い面ばかりでなく相応の努力が必要です。表現を変えると、あなたの才能次第で、「天職」に近い転職に巡り会えるチャンスがある、ということです。今は、職業選択の自由が一般敵に広く認知されているので、勤め先を変えても偏見を持たれてしまうリスクもありません。終身雇用制度が崩壊に向かいつつある今現在、「即戦力になる人材が欲しい」と願う企業も増加していますので、今の良い時期を生かしていきましょう。
  • 転職活動中は、ついつい時間が有り余っているため、気が緩んでしまい、…

  • 再就職先を探している間は、そういう風にしたいわけではないのに時間に余裕がある分、気が緩んでしまい、緊張感のない、だれた生活になりやすいですよね。しかしながら、そんな過ごし方は避けたほうが賢明です。なぜならば、だらけた生活をしていると、「精神的」にも悪影響があるからです。気が付くと、働く気力がなくなり、経済的に困る状況にも・・・。そんな状態になると、負のサイクルができてしまい、転職をしたい会社が決められません。次の仕事を決められなくなるのは、給料を最優先に考えてしてしまうからです。お金を一番に考えざるを得ない状況ではやりたかった仕事を求めて転職しようと思っていたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。ということで、お金に縛られない生活をする意味でも、だれた生活は、(転職活動中には)不必要です。
  • あなたがもし転職サイトで自らにぴったりの魅力的な仕事情報を見ているのなら、…

    あなたが現在、「転職サイト」を利用してあなたの働き方に近い条・・

  • 現在の仕事に不満があり、転職サイトを活用してあなたが新たなチャレンジのできる将来性のある仕事を探しているならば、必ず、「転職エージェント」も利用しておきましょう。どうしてかというと、必要情報を入力し、エージェントサービスに登録したあと、エージェントが紹介してくれる仕事は、誰もが見ることのできる求人情報と非公開求人とでは、どう比べても、比べ物にならないくらいたいへん質がいいといえます。しかも、あなたに相応しいものをピックアップし、調査し、紹介してくれます。そういうわけで、あなたの希望とする自身の理想に近い業種の求人を教えてもらえる可能性があります。もし、同一の求人に行き着いたとしても、あなたが自力で手当たり次第に探す手間を考えれば、非常に効率的です。そのうえ使ってみる価値は大いにあります。

    転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択予定の方に…

  • 転職で、「派遣社員」を選択しようと考えている人にチェックしていただきたい点が数点あります。一般的に派遣社員に対して、データの入力、電話対応などの雑務、雑用等をのような業務内容をなんとなく想像する人がおそらく多いかと思います。はじめは私もかつてはそう思っていました。今、勤めている会社に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募したときに「電話対応がメインです」と面接で説明を受けてもいたので安心しきっていました。しかし実際に入社してみると、まさか「電話対応」とともに、退職した正社員の業務の穴埋め役となるよう、任されてしまいました。いつも毎回振り回されますし、入社前の説明とは全く違うので日々かなりきついです。とにかく、派遣の期間が過ぎるのを待つのみです・・・。

    雇用期間にあるときは、できるだけ周りの人間にバレないように…

  • 在職期間中なら、できれば周りの人間に気づかれないように、(私の場合)就労期間中に「転社するかも」という考えを活動初期に社内の人間に話してみました。ですが、その後求人サイトを散々探していたのですが、悲しいことに働く先やタイミングも無計画なまま煮詰まっていないままいつの間にか時間を空費する結果に。一方、会社のほうは、業務の引き継ぎ予定や手続き、自らの退職日などが続々と確定していき、最終的に、「退職予定日に合うように、就職先を見付ける」という、なんとも本末転倒な結果になってしまいました。予定は噛み合うこともなく、失業期間を経たのち、次の就職先を再度探しました。

    職を変える時に必要なビジネススーツのカラーにおいて・・

  • 転職の時の面接で着るスーツの色においては、新卒の就職活動に身に付けている色がベストです。ですので、黒や紺色のダークな感じの色になります。それは再就職の面接でも、着用していくスーツの色味はこういった落ち着いた色が多数を占めていて、黒や紺以外の色の人はほとんど見かけることはありません。強いて言えば、まれにグレー系のスーツを着ている人がいるくらいです。たいていの場合は黒や紺のスーツが圧倒的に多いのです。ですから、面接担当者も黒とか紺のスーツを着ている人が違和感なく見えますから、第一印象という点ではそういった色を着用する方が良いわけです。

    近年、ネット上では、「就職斡旋エージェント」や、ビジネスの一環としてヘッドハンティングの請負を行う会社もたくさんあります。

  • 最近はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」や、ヘッドハンティングの請負ををビジネスとする会社をよく見かけるようになりました。もしもあなたが特許を出したことがあるなら、電話が来る可能性が高くなります。彼らは、特許出願を行った人だけでなく、「研究開発」の論文を出した人、テレビで紹介された人など、何かで有名になったことのある人を対象に、電話やメールを用いてコンタクトを取り、ヘッドハンティングのためのネタとしています。仮にあなたが、ヘッドハンティングっぽい誘いを受けた場合は、そのキッカケを考えてみましょう。近年はヘッドハンディングを装って、登録料を取ろうとする会社があるのですが、そのような業者はほとんどはイカサマであるので引っかからないように気を付けましょう。基本的に、ヘッドハンティングの世界は、企業側が報酬を支払う形になるので転職希望者が支払うものではありません。

    求人についての情報誌やサイトを見てみると、とうぜんたいていの会社…

  • 求人関連の広告には、大部分の場合はたいていの株式会社では月の収入が明記されています。この月収の部分を確認する時には、注意して確認する事が欠かせないです。数字だけ見て判断しないほうが無難です。というのは場合によっては、月収の中に「毎月20時間分の残業」を前提に計算されている可能性もあります。それは残業代を含めて計算することで金額を多く見せ、応募者を増やそうとする場合もあります。このほか、「歩合給」を基本給以外に考える、という案件も要注意です。歩合をかなり盛って月収を多く見せている会社もあります。ですから、その手の可能性の少ないケースを誇張しながら、人を集めるような会社は近づかないほうが良いでしょう。

    安定した人生を送ろうと正規社員として働きたいと考えている人…

  • 安定した人生を手に入れるために正規社員として働きたいと考えている人は少なくない、というのが現状です。けど、役立つスキルを身に着けたりして相当な努力をしていても、正社員として雇用されることが叶わないこともあるでしょう。非正規雇用者の求人募集はかなりあるのに正社員の求人以外はスルーして時間を浪費している人が少なくないと言います。万一正社員として希望する仕事に転職できない場合は、派遣社員の求人募集も見てみましょう。会社によっては、働き手の実力により、数年で正規雇用へのキャリアアップができる可能性もあるからです。ですから面接を受けた時に、「正社員登用」のチャンスがあるかどうかを聞いておくようにすれば良いでしょう。

    転職というものを考える際、転職先での年収について気にしすぎる・・

  • 転職というものをしようと考えたとき、そこでの自身の年収を過剰に気にする人が意外と多くいるようです。とうぜん多くの方はですから生活費を給与として得るべく仕事をしているのはずです。ですから年収は自分自身がどのくらい評価してもらえるか、でもあるので当然大切に思うのは否定できません。とはいえ、ひどく年収額に執着しすぎる生き方というのも人生を損してしまう気がしませんか?それより収入面にそれほど期待ができない仕事であっても、精神的な成長を遂げられるチャンスはゼロではないからです。

    このあいだ転職をやっとしたばかりであるにも関わらず、…

  • 少し前に転職をやっとしたばかりというのに、早期に辞めてしまうケースがとても多いといいます。何故かと思うとたぶん気持ちも新たに、転職先の職場を手に入れたものの、「自分の理想としていたものとだいぶかけ離れていた」「納得行かないのでウンザリしている」ということで去っていくのじゃあないかと思います。このような、転職先選びでの失敗をしないためには、やはり、情報収集を徹底しておく必要があります。徹底して行うべきなのです。職場独自のルール、通勤に掛かる時間、など調べておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。

    シフトのある仕事についての話なのですが、特定の曜日に勤務できる人を募集する求…

  • これはシフト制の業務についてです。毎週、特定の曜日に仕事できる人を募集する求人をけっこう目にするのですが、休む方法やシフトの出し方については前もって確認しておくべきです。前に私は産休で休む人の助っ人として、正社員の仕事をはじめたのですが、私のシフトがそこでは「土日」固定のシフトだったのですが、他の社員は来ず、私一人だけで現場を任されるだけでした。前任の女性が「土日」に必ず出ることができたので、私も出勤できる人と思われていたようです。実際「土日」に冠婚葬祭の予定が入った場合、シフトを変えてもらう必要があり、同じ部署の先輩方に「代わりに出勤していただけませんか?」と私から連絡を入れなくてはいけませんでした。給料も立場も同等なのに土日を1人の人に任せるって・・・冷静に考えると、本当に腹が立ってきます。

    転職する際には面接が必須となります。

  • 転職時の面接の時に面接担当者から「転職理由をお聞かせください」という風に、必ずと言っていいほど質問されます。この時、どれだけあなたが正しくとも、過去の職場の「人間関係」「労働環境」についての返しは、極力口にするのは避けましょう。なぜなら、そのような不満を口にすると、印象が悪くなってしまい、チャンスを無駄にしてしまうことになります。面接時にはポジティブな発言がとても大事です。とにかく「新しい職場で、これまでの自分のキャリアをしっかり生かし、御社に貢献していきたいと考えています。」此の様な言い回しが大切です。

    最近では、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようにな…

  • 最近では、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようになり、労働条件についての取り締まりが強くなったり、悪質な会社が公表されるなど、不利益を被るシステムができてきましたが、完全とはいえません。だから、面接で見破る必要があります。はじめに、求人票などに記載されている労働条件を見ておき、それらの項目を順番にいろいろと質問をぶつけましょう。ブラック企業であれば、求人票の記載が嘘の場合、返答に詰まったり、回答を避けるなど逃げようとすることが多いです。給与と残業、休日に関しては、質問をしつこくしていると、渋い顔をする場合が多くあります。それでも迫ると、ふてくされたような態度を見せ始めるため、そこで「この会社は信用に値しない」と確信できます。この手の企業は、約束を守らない上に、入社してからもふてぶてしい態度であることが多いので、「何か引っかかる」と思ったなら、入社は止めるべきです。

  • 友人の紹介をキッカケにして転職先を見付ける人がいます。

    知人の紹介で転職先を見つけている最中の人もいるでしょう。

    知人からの紹介によって転職を叶えようとしている人もいるでしょう。ただし、その職場の労働環境、労働条件といった部分について紹介者の口コミをあまり信じすぎてしまうのは、あまり後悔するかもしれません。そういうのは主観が強調されてしまい、誤解・齟齬が多くなってしまいます。それ故に他の人にとっては今よりずっとベターな働く場所だとしても、自身にとってはイマイチな可能性なのかもしれません。またその逆も然りです。ということで、職場環境については口コミを過剰に信用しないように、自身の目でしっかり確認しておきましょう。

    失業したときに受け取ることができる失業保険は、給付されるためには失業中であることが必要ですが・・

    失業した人に給付される失業保険は、失業状態でなければもらえませんが、給付される期間について規定があります。離職時までに働いていた期間に応じて異なり、3ヶ月とか1年と決められるのですが、驚くことにこれを知らない人が一定数います。永久にもらえるものと勘違いして失業保険で生活すればいいと考えて求職活動をしない人もいますが、給付期間の終わり際にやっと自分の誤りに気付き大急ぎで職探しを始めてもロクなことにならない可能性が高いです。転職を希望する会社の面接担当もバカではないので、失業中に遊び惚けていなかったのか位はそこそこ察しがつくでしょう。状況によっては、面接担当者から何をしていたか質問されることになり、返答に詰まってしまったり、バレる嘘をとっさにつくと、採用されることはまずありません。

    転職候補に挙がっている会社での会社見学に参加するとかなり参考になります。

    転職したいと考えている会社の見学は、良い勉強になります。とりわけ、技術を必要とされる業種なら、スキルを近くで見られるため、楽しいものです。でも、残念ながら「職人」がいる会社見学は、見学者にはたいていの場合、普段通りの仕事現場を見せてくれることはありません。もっとも顕著なのは、ブルーワーカーなどの業種です。個人のクセが反映されやすい業種なので、働きだしてからでないと、本当の姿はわからないものです。そのため、見学で知った内容がそのまま仕事現場と決めつけないことがとても大切です。それに加えて、見学時に仕事を体験させてくれる会社は危険ですし、正直言って、言語道断です。入社すらしてない人には万が一万が一何かしらのトラブルが起こっても、保障がないので、万が一、勧められても丁寧に断ることが大事です。

    この先、労働力という観点において一段とシンプルな労働は…

    将来、一段と単純労働は機械で処理されるようになっていき、明らかにマンパワーはどう考えてもカットされていきます。なぜなら、シンプルな労働という観点では人より機械で作業するほうが数段にすぐれているからです。例えば、数を数えたり同じ動きをずっと繰り返すことは機械にとっては何の苦もないのです。もちろん人と違って不満を言わないし、ペースが変わることもなくずるもしない、正確だし均一化できるのも魅力です。さらには、給与も発生しないのです。なので、生身の人間を使う意味が無いことが明白で、機械化されるのは自然といえます。

    転職前、今働いている会社の人たちがあなたが退職すると知ってしま…

    転職することが、今の会社の人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、状況が大きく変わるおそれがあります。労働環境によっては、問題はないこともありますが、意地悪されるおそれもあります。さらに、意図的に残業を押し付けられたりすることもあるので、軽率に「転職します」と周囲に伝えるのはあまり良いとは言えません。そういった状態を回避するため、今所属している職場では、いたって真面目に仕事をしておきましょう。充分に警戒しておけば、良い状態のまま最高の形で仕事を辞めることができます。しかも、何の問題もなく円満退職に至れば、転職後、何かあったときに相談できるチャンスも手に入るはずです。業種などに関係なく、どこの企業も人とのつながりが大事なので、転職前のトラブルはしっかり回避しておきましょう。

    看護師は、歴史的にも女性比率がとても大きい職です。

    前なら看護婦ですが看護師という仕事は、どうしても女性比率がすごく高い職です。ご存知のように気力だけでなく体力ともに大きく消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。とうぜん職場での人間関係が上手くいかなかったり、自身の結婚や出産によってそれまでとは同等の勤務が継続できなかったりして、仕事と私生活との両立がかなり取りづらい仕事です。実際、人付き合いや仕事と私生活との両立で悩み、転職する人が多いといいます。流動性が高い仕事であるため、看護師は、国内のあらゆる場所で人材不足になっています。つねに各医療機関は、看護師が足りない「売り手市場」となっていて、それが転職希望が後を絶たない状態に拍車を掛けています。

    転職とは、希望する企業とのやりとりというより、採用担当の面接係員との…

    転職のための活動は企業そのものよりも、ある意味、「担当面接官」との勝負ともいえるでしょう。面接で良い印象を与えるために、はじめに面接だからといって平常心で対応することを心がけましょう。「お見合いする」と捉えておく向かうのも大事でしょう。とくに面接を通じて最も初めにあなた自身の人間性や人柄をチェックされるので悪い評価になるような行動は注意しやめましょう。また常識的な社会人らしく面接に適した服装(T・P・O)を意識しておく必要があります。あなたの個性を表現できるといいでしょう。企業にとって必要な人材と感じてもらえれば、かならず転職活動での良い結果が出しやすくなるはずです。

    転職活動にあたって準備はやらなくてはいけません。

    転職活動を進めるには、相応の準備はしなければなりません。一言で準備といってもたくさんありますが、そのなかでも、「ファッション」を気にしている人は多いはずです。ですが、ここ最近の、採用面接に関しては形式ばらない服装で良い会社もあるため、きっちりビジネススーツを着て出向かなくても良いでしょう。とくに会社の創設してすぐの会社などは、厳格な規則もないことが多く、私服で面接をした方が、相手先に良い印象をあたえます。そして、フランクに話が出来るのも魅力です。さらに私服であれば、面接の間に、服装について、盛り上がる可能性もあります。ですから、もしかしたら面接担当者に気に入らえるチャンスを作れます。というワケで、転職活動をする際は、企業の「創業年数」に注目してみて、(ベンチャー系企業相手の)面接時には正装はせずに私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。

    未経験である業界などに転職したいと思っている場合に・・

    経験のない分野などに転身するときには、前の仕事で身に付けた能力やこれまで経験したことを発揮できるという自己アピールが必要です。その業界で経験をしたことがないという人はその分その業界の経験者よりも事実、不利な状態になりますけど、自らの持っている能力がその業界においても生きるということを相手に話せれば、勝負になる場合も十分にあります。そのような訳で、経験が全くない業界にチャレンジする場合は、その業種とこれまで自分が働いてきた職務内容とのつながりを徹底的に探しましょう。

    『今すぐ転職したい!』と思っている人でその意志が強いのであれ…

    『なるべく早く転職をしたい!』という願望があって、自分の意志が本当に強いものであるなら、辞めたいということをすぐに上司にそのことを伝えるべきです。ただし、ここでは曖昧な表現をすると場合によって必ず言いくるめられます。実際に私も、上司へ転職についての相談をしたのですが、話がこじれておよそ半年、予定が伸びてしまいました。辞職することをはじめて直属の上司に話した時は年度末、数ヶ月延びて退職が認められたのは同年の11月です。本音はちょうど年度末を区切りにしたかったのに、大変驚きました。やっぱり人事の采配等もありますでしょうが、スタッフの希望を聞かずに、上司を含め、会社ぐるみでズルズルと伸ばされたので、心底前の職場に対してガッカリしました。

    もしあなたが、転職を意思を固めたなら、周りの人にはひそか・・

    仮にあなたが、現職からの転身を決意したのなら、徹底して会社の人にはこっそりとそれを言わずに、転職活動を進め、転職先が決定していないのなら、可能な限り同僚に気づかれないように淡々と業務をこなしていくのがもっとも安全です。現職中、その点を認識していれば、希望通りのいい転職先が容易に見付けることができなくても、転身を延長しながら現職をそれまで通りに続けることも何ら問題がありません。そうではなくて、軽率に、「転職するつもりでいる」と口を滑らせると、会社は、その言葉を受けた態度をします。そればかりでなく会社内で「辞めるつもりです」と言ったが最後、「あの人はもうじき転職する」と広まります。そういった状況のあとで、転職したい思いが消えて、「やっぱり退職しないことにしました」となっても、同僚たちは、「一度は辞めようとした人」といった目であなたを見るので、在籍中、身の置き所がないと感じる可能性が高いです。

    そのうち転職を希望しているのなら、現在の仕事での納得いかない部分、不満に思う部分…

    そろそろ転職活動をするに当たっては、今いる職場・業務の何が気に入らないのかを明確にしておいた方が良いです。これは当然できていると思われますが、意外とできてないです。もともと不満があるからこそ、転職しようと思っているはずです。が、「ちゃんと現在の業務や業務の問題なことを明確化する」ことをほとんどの人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職選びでのミスを防げます。そのあとに、転職を叶えたとしたら、「今の仕事よりも不便になりそうなこと」を明確にイメージしてみましょう。転職したとしても、現状の問題が全て改善するとは限りません。ですが、メリット・デメリットの両方を前もって理解しておけば、転職の失敗は防ぐ事が可能です。

    「転職サイト」は、大手が運営しているもののほうが掲載される会社の数も多くなるので・・

    転職サイトは知名度の高いサイトの方が掲載される会社の数も多くなるの…

  • 転職サイトはよく知られたサイトであるほどたくさんの案件が掲載されているため、関心のある2~3社を、まずはサイトに登録して、希望する勤務地や収入に対してチェックを入れて、あとは条件に合う案件が自動的に通知されるように設定しておくと転職活動がかなり楽になります。初めに限っては登録するのにけっこう時間がかかるので、登録前に履歴書と職務経歴書を忘れずに準備し、さらにそれらをテキストファイル化しておき、コピー&ペーストしつつ登録していくと手間が省けて便利です。登録を行う初日は、時間が少し掛かりますし、案件の検索・応募をするだけでも苦労しますが、次回以降は、新着情報だけチェックすれば良いので、初めにきちんと準備しておくことを推奨します。

  • 転職のための活動中はとにかく、最初にとにかく自身の内心・・

  • 転職をするための活動をしている最中は、まずゼッタイに内心が慌てないということを忘れないようにしたいものです。会社で働きながら転職活動をするのであれば、それほどないかもしれませんが、退職の後に行う場合はどうしても心のうちが焦燥感が出てしまいがちです。であるので、冷静に活動することを忘れないようにしましょう。今後、自分がやってみたいことや、思い描く理想の職場などを明瞭にしてみましょう。実際の職場におけるそれらが矛盾していないか、しっかり、冷静に確かめてみましょう。そうすることで、満足いく転職が実現します。

  • 新たな仕事でこれまでに培われてきたスキルを活かせられれば・・

  • 新しい職場で、これまでのキャリア・スキルを生かせたとしたら、即戦力として一目置かれ割と早く仕事場にも馴染めるし、いい人を求人している雇い主側もそのような即戦力は常に必要なので、雇用側が判断しても即戦力となる転職はそこまで難しいものではありません。加えて今までの仕事内容と同じような仕事内容なら転職はかなり楽になるでしょう。とはいえ、ある程度の実力があるといっても一流企業の事務仕事や、公務員(国家・地方ともに)などは、時代・景気に関係なく中々の難関になることを肝に銘じておきましょう。

  • 転職活動をするのなら、「履歴書」「職務経歴書」が必需品です。

  • 転職活動では、履歴書と職務経歴書が大事です。ほとんどの会社が履歴書に加えて職務経歴の記載内容を元に面接するかどうかを決めるため、まずはこれらの書類の作成が重要といえます。単に穴を埋めるだけにとどまらす、内容を充実させることが大切です。「職務経歴書」では、今まで経験してきた職務の詳細や、可能な限り自己アピールとなる内容を記載しましょう。さらに、現在の職務で挙げた実績を、例をあげれば売上を過去○年の平均を△パーセントアップさせた、など具体的に記します。難しいと思う場合は、転職エージェントに職務経歴書のチェックをさせたり、上手な文章を引き出したりして自分の価値を高められるように活用をはかることも転職を成就するための有益な方法です。

  • 転職する時に行われる面接を受ける時につけていく腕時計のことなのですが・・

  • 再就職する時に行われる面接のときにする腕時計の事ですが、ビジネスの場らしからぬ目立つタイプのものはやめた方が安全といえます。目立つ腕時計と言うのはブランドの腕時計とか、というだけではありません。それとは真逆でチープなものに見られてしまうとか、そのような目立つという意味であって真反対で目立つのだと認識しておきましょう。再就職の面接のときの腕時計はポジションとしてはスーツやネクタイと同じように考えて、面接するにふさわしい安全なものをしたほうが確実です。しかし、年齢に見合った腕時計であるということも必要な条件であり、新卒の時に面接で準備した腕時計よりはわずかでも高い腕時計にした方が転職の面接においてははっきりと断言できます。

  • 今まで私は、新たな仕事を探す時は主に「ハローワーク」を利用していました。

  • 今まで私は、「転職サイト」を使うより、「ハローワーク」に通っていました。というのは、大手の転職サイトはやはり都心の企業の求人がほとんどだからです。であったため、転職活動をする時は、「ハローワーク」しか利用していません。やっぱり、求人募集をするいくらか企業数や給料などで若干の見劣りがあるものの、昔から地域に寄り添った企業が多く、安心して面接に進むことができます。また、「ハローワークって地味な雰囲気がある」と誤解している人も多数いるはずです。以外にも、転職サイトには掲載されていない求人があるので、もし今の会社を辞めて転職したいのならば、お近くのハローワークに行って相談するもの良いかもしれません。大手転職サイトのようにこれでもかというくらいの電話・メールに悩まされる心配もありません。

  • 新卒採用で入った会社を辞めて、悩んだ結果、転職すると決意しました。

  • 新卒採用で入った会社を辞めて、決意を新たに転職しました。会社を辞めた後は、とても不安で悩みこんだりもしました。しかし、数年で会社を辞めて、中途採用として働いている人が大半であると自身が転職活動をしたことで分かり、いつの間にか将来の不安がなくなりました。なにより転職をすると徐々に肩の荷が下りる気持ちになり、「本当に自分のしたいこと」を探す手間が嬉しくなっていきました。なかには「辞めることが悪」といった転職を好ましく思わない意見もありますが、それが必ず正しいとは限らないと感じました。私のケースでは転職をやって良かったと思っています。

  • 派遣で働いています。派遣法や労働契約法のおかげで否応な…

  • 派遣として就業しています。派遣法や労働契約法のおかげで残念ながら馴染みのある就業先での勤務があと数か月で終わります。同じく派遣で働いている人の中には派遣先の企業で正規社員の地位をゲットした人もいるのですが抜擢された理由としては実際のところ仕事が優秀というわけではなく派遣先の上司へのあしらいが上手な人で引き立てがあった様子。仕事を遂行する能力よりもおじさんにゴマをする能力の方が必要なんだねーと別の派遣の同僚と派遣先の職場で毎日不満をたれています。

  • 転職の意思があるのなら、すぐに「年収」の高望みはしないほうが良いでしょう。

  • 新しい仕事についてすぐは年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。とりわけ初年度は大概「研修期間」が含まれているというのが可能性が高いです。私の場合は四苦八苦して手に入った職場なのに、なんと年収が前職での稼ぎとあまり同じだったことがあります。それに加えて、仕事はきついうえに、とても責任のあるもので、初年度を乗り切るのにたいへん労力を伴いました。そういった経験から、1年目は、仕事を覚える期間と割り切り、状況が許す限りやれるだけ転職前の段階で貯蓄しておくことに尽きると思います。

  • 転業を近いうちにするつもりなら、多くの会社の採用・・

  • 再就職を予定しているのなら、小まめに色々な企業の採用情報を調べたり比較したりしておくと就職先を大いに選びやすくなります。今の仕事になにか納得のいかない部分があるケースでは、本格的に転職活動をする際に、どんな企業でもいいように映ってしまいます。そういった状況下では、どの企業に決めればよいのか、迷ってしまうので選択を間違える可能性も少なくありません。そのため、短期で嫌になってしまうこともあるので、事前に会社の良し悪しを判断するための目を養っておくべきなのです。方法としては、会社の雇用に関する情報だけ見る以外に、転職したい会社の取引している会社にも目を向けてみましょう。透明性を重んじる企業は取引している会社を公表していますし、逆にそうでない企業は、宣伝ばかりに力を入れる傾向があるので、確認しておいて損にはなりません。また、企業によっては、個人グループに入っていたりもするので、グループ名をチェックし、詳細に目を通してみてください。

  • 転職エージェントに登録した場合、電話やメールで執拗に連絡が入ってきます。

  • 転職サイトに一旦登録すると、電話・メールが頻繁に掛かってきます。そのため初めて利用された人はとてもびっくりするケースが多いです。「転職エージェント」は、転職を成功に導くことが仕事ですので、かなり積極的にかまえています。その中でも大手エージェントは、転職を成功させることによって企業からお金を受け取る仕組みであるといえるので、転職活動される人の都合よりも企業側を優先的に考えるケースが目立ちます。その上転職エージェントは、契約数を増やしたいために、内定がでた瞬間に、入社するよう後押ししてくることが少なくありません。対抗策として自分の気持ちや意思を明確にし、安易な妥協をしないように気を付けることが必要です。

  • 転職先を探している間は、趣味に打ち込むほか、体力づくりを意識しておく…

  • 転職先を探している期間中は、趣味に打ち込むほか、体力の低下を招かないようにしておくと良いでしょう。会社が決まり、新たなスタートを切ったとき趣味に夢中になっていたおかげで気付かないうちに集中力が上がります。さらに体力アップしているために、その場の社員さん以上にスタミナがあるということを認識することができます。ということで、休職中は趣味に力を入れることと、体力をアップさせる努力をしておいて損することはありません。もしも、その職場で同じ趣味の人と巡り会えれば、話題に花が咲きます。ですから、これまでできなかったことにトライしてみるのも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。

  • 20代の時点で転職を2回し、そして現在、いくつか資格を取得するため、…

    これまで20代前半に転職を数回行い、現在は資格を取る目・・

    これまで20代前半に転職を数回経験し、そして今、資格を手に入れたいので「派遣社員」で勤務しています。フルタイム勤務とは違うので毎月の収入は以前よりも少ないです。ですが、以前より心と時間に大きな余裕が出来ています。学生の頃に資格を取り、仕事をできる人はとても少ないです。身近にそういった人を見てしまうと私もああなりたかったと見えてしまいます。これまで私は、成功している人と自分とのギャップに肩を落とす日もありました。しかし現在では、結婚を契機に生活環境が大きく変わり、そのなかで将来の進路も定まったので自分の人生に満足できるようになりました。

    生涯初の失業保険を受ける際に、「何もしなくても自動的にもらい続けられる」と考える人・・

    失業保険の給付を受けたことがない人は、「何もしなくても自動的にもらえる」と考えている人が極めて多いですが、それは間違いです。本当は、失業保険の給付を希望通りにもらうためには、求職活動を行っていなければならず、それに加えて、毎月1回、ハローワークに通う必要もあります。毎月スタッフに求職活動の状況をきちんと説明して真摯に仕事を探していることをわかってもらえれば次の月の給付が振り込まれるという仕組みです。他方、きちんと就職活動に取り組んでいないと思われたり、月に一度の職員との面談を欠席したときは、決まりとして給付を一時停止したり、ときには以降の給付資格自体を失うおそれもあるので、そうならないために注意が必要です。

    今から転職活動をしていく人で、次の仕事をはじめるまでにある程度期間がある場合…

    今年中に転職活動を始める際に次の仕事をする前にある程度期間があるのなら、可能ならば「失業手当」をもらっておいた方がお得です。これは今働いている会社側でもし「雇用保険」を払ってくれている場合は、手続きをすれば誰でも失業手当を受け取ることができます。詳細の手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。自己都合で会社を辞めたのなら、失業手当を受け取るまでの待機期間が3ヶ月となりますが、場合よっては企業の都合や残業時間によってはただちにもらえる場合もあります。このときの、受け取れる「失業手当」の金額については、会社の辞めた月の近々の給料を基に計算されるので、働いている会社に繁忙期や閑散期がある方は理想なのは繁忙期の後に辞めたほうがいいです。

    数年前は求人情報では、求める人材の「性別」まで書かれていました。

    何年か前までは求人誌に性別がハッキリと記載されていました。けれど最近では、「男女雇用機会均等法」が施行された影響もあり、採用において、男女の差別があってはいけないルールが敷かれ、募集要項の条件に「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。そうはいうものの、募集情報を出す会社は、男性・女性どちらでも平等に雇用するとは限りません。ですので、男性を希望のジャンルに女性が応募したり、その反対に女性が欲しいのに、男性が応募してくる、というようなトラブルに悩まされる場合もちらほら。例として、「女性が活躍できる職場です」という内容の求人募集は、雇用主が働き手は女性を必要としている、と考えたほうが良いといえます。

    転職をする場合絶対に準備しないといけない履歴書について…

    再就職しようとする際に必ず準備する履歴書や職務経歴書などについてですが、たいていは手書きではなく、パソコンを用いて作成するのが多いです。今の日本においては履歴書はパソコンを用いず手書きで書くのが一般常識と思われることもよくありますが、それは新卒に関する就活やアルバイトの際に作成する履歴書であって、転職においては絶対に手書きでないといけないとまでは言えません。自筆の方を高く評価する時もあるようですが、違うケースがだんだん増加してきますから、パソコンを用いて作った履歴書でも良いとする会社は意外にもいくつもあるのです。

    転職をする際でほぼ100%聞かれるのは退職したのはなぜか、という話です…

    転職をする際に面接でほぼ必ず追求されることが会社を辞職したわけですが、この質問に答える時には話の中心を前職のことにしない方が賢明です。退職するに至った経緯が中心となり話が進むとほぼ確実に悪い面を伴った話題になってしまいます。ポイントとしては、どうして前の職場を辞めたかという点をこちらの会社にどうしても入りたいという考えがあったからといった話題にするべきであり、今面接に来ている会社の方に焦点を向けていくべきなのです。転職理由でも、そういった内容ならば、マイナス面を消し積極性を前面に押し出した前職を辞めた事情にすることが可能です。

    転職時、インターネット上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント・・

    仕事を探すのに、ウェブ上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント)のお世話になることもあるでしょうが、あなたがそこに登録し、運よく職を得ることができたとしても、失業保険とは何の関係もないので注意が必要です。ハローワークを通さずに就職が決まったとしても失業保険は給付されないのであとで後悔しないように気をつけておきましょう。なお、「ハローワーク」を通じて斡旋してもらった会社に就職したときは、就業のための準備金として一時金が支給されます。ネットを拠点にする就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。単に斡旋の報酬として企業から紹介料をもらうだけで、失業保険とは何の関係もありません。これについて理解していないと、失業中にお金をもらえない状況になるので、就職エージェントの利用を考えている人は、充分に注意しましょう。

    再就職を考えている際に見る募集事項は、おおまかなものと・・

    職を変えようとしようとしている時に注意を向ける求人情報については、目安として、アバウトに載っている可能性もあり得ます。そのため、書いてある情報は100%正しいものだと信頼しない方が最善でしょう。なかでも生活に大きくかかわってくる給与においては社員を平均した額なのか?最低保証の金額であるのか?最も高く見込んだ給料であるのか?という見極めができる人は少なく、勝手な判断で決め込んでしまうと、今後、後悔することもあります。そのため、募集要項については、基準だと思って、そのようなとても肝心な内容は直に確かめてみた方が好ましいです。

    転職の面接などの場面でもし名刺を渡された時、こちらも名刺を相手・・

    再就職における面接などに関して面接担当者が名刺を差し出してきたら、こちらとしても名刺を相手側に差し出す方が良いのかどうかと対応の仕方に悩んだら、大体は差し出す必要のないもの、と考えておきましょう。転職のための面接においては仕事内ではなくて、職を得るための採用活動の一部です。ですからほとんどの場合は名刺を交換する時ではありません。加えて、あなたは立場上会社の者としてではなく、個人のことでこの場にいるわけです。要するに、もしも相手側から名刺を渡されても、あなた自身はもらうだけでよくて、面接担当者に相手に渡す必要はないと言えます。

    自分のスキルや資格を有効活用しつつ、転職を考える場合・・

    自分のスキルを有効活用しながら、就職活動する場合は、比較的、転職しやすい業界と比較的、転職が難しいジャンルがある事を理解しておいてください。転職がむずかしくないジャンルは、慢性的な人手不足に陥ってる「医療・介護」がおなじみですね。医療・介護の分野では看護師および介護士資格が必要であるため、ハードルが高めの業種ともいえます。今、医療や介護の現場で勤務している人が、仕事に対しての不満によって、異業種へ再就職してみたいと思う場合は、すぐに行動するのはキケンです。「医療」「介護」以外の業界は、働き手の流動性がそれほどありません。そのため、簡単に考えないことが重要です。転職を実際に行う際は、異業種では「医療」「介護」のような売り手市場ではないと覚悟しておきましょう。

    仮に再就職しようとしても万事うまくいくと言い切ることはできません。

    仮に再就職を目指そうとしても、万事うまくいくというわけではありません。もしも転職するのなら、いずれにしても転職をしなくてはならないなら速やかに変えたほうが良いでしょう。ほとんどの場合、20代の若いうちはかなり有利ですが、30代後半~40代を迎えてしまうと転職結果は、たいへん厳しくなります。もしも、重要な役職に就いているのなら、転職の意識が強くなっていても今の仕事を続けるということを選択項目の一つには入れておくべきです。会社を辞めてから転職活動をスタートさせるよりも、今の会社には残ったまま転職のチャンスをしっかり掴んでおく方が後悔することもありません。

    再就職の際の面接についてですがクールビズで良いとと書かれていることもありますが・・

    職を変える際の面接での身なりは企業側からクールビズでお越しくださいと記載されている場合もあるようです。しかし、クールビズで赴くのは本当は良くないのでは?と思ってしまいます。クールビズに関する迷いを抱えている人々に伝えたいのは、クールビズでも良いとされている面接の際は伝えられた内容を実行したほうが無難です。混乱してしまい、真夏であるのも関わらずしっかりとスーツを着用すると相手側に不自然な印象を持たれてしまうので、会社側からクールビズで来てくださいと伝えられたらクールビズの格好をおすすめします。

    現在の自身の職場・仕事内容についてほとんどの人は不満を感じていると思います。

    現在の自身の仕事や勤め先に関して、何かしらの不満点があるはずです。

  • 今現在の自分の勤め先や仕事に対するほとんどの人は、何かしらの不満を感じているでしょう。「自身の持っている能力(スキル)を正しく評価してくれない」したがって、「報酬はアップしないし、将来的な出世も期待できない」といった不満を挙げる人が少なくありません。しかしながら、気持ちは理解できます。しかし、そのような不満が強すぎる人の場合、自分の力量を過大評価してはいないか、改めて確認することが不可欠です。仮に、自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分を生かせる企業や職種がない」と転職するまでの空白がながくなるので生活費にしわ寄せが来るおそれもあります。可能性があるので、注意しなくてはいけません。ですから転職で良い成果をあげるためにも、実際の自身の能力を厳しい目で客観的に評価してみてください。

    働くにあたって心的にまいってしまい転職を考えざるを得ない状況に追い込まれたのな…

  • 仕事をするにあたり、精神的なダメージが増え、転職を考えざるを得ない状況に追い込まれたのなら、職場の人に相談するよりも家族と話して、会社を辞めるかどうかの判断をした方が良いです。なぜならば、働くということは自分の事でもありますが、同時に身内の問題でもあります。毎月、納得のいく報酬がいいとしても精神がボロボロになるほど我慢して仕事を続けることは好ましいとは思えません。今の時代は経済的に豊かなことよりも、働く本人が働きやすいことを大事にしても良いはずです。ですから、あなたの家族とあなたの心も大切にしましょう。

    求人サイトをチェックする折、デスクワークが希望だから・・

  • 求人に関係する情報を見るとき、例えば、「デスクワークがしたい」と思っている人ほど製造業を見逃してしまっています。そういった人は、「製造業は製造マンの求人募集だけだ」と勘違いしている場合もあります。製造業の求人募集でも、現場に出る製造の仕事だけでなく、経理、総務、人事などの人材募集をはじめ、資材、購買、営業管理といった「オフィス系」に分類される役職も結構多くあります。ですが、製造業の職場はビジネス街から遠いのでその箇所がマイナスと思うかもしれません。だとしても、自分のこだわりを捨ててみることで将来の可能性を高めてくれる機会になるかもしれません。

    転職することをスムーズなものにするには、あらかじめ、…

  • 良い転職する先を見つけるためには、事前の徹底した情報を集めることが不可欠です。それには近年はどんな中小零細企業といえども公式ホームページで企業のことをわかる場合が多いので、インターネットを駆使して自分の知りたい情報を調べておくとそれとその企業についてよくわからないことを整理しておくと良いでしょう。それと公式サイト以外にも「転職サイト」を利用してみるのも効率的ではありますが、さらに、インターネット以外の方法として、その職場を自身で確かめることも大事なことです。

    就職するため仕事探しをする場合に特に注意したほうがよい求人内容…

  • 就職のため仕事探しをする際に注意が必要な求人内容は、そんなにきつそうな仕事内容ではないのに給料が高めで、拘束時間が長いというものです。こういった募集内容の場合、給料に『みなし残業代』を入れて告知しているケースが多いです。みなし残業代は、『みなし』と呼ばれるもので例えばですが、30時間、45時間というように求人の記載内容に時間が書いてあります。これは、毎月このぐらいの残業発生が想定されるので、給料に残業代を組み込んで計算しておく、といった仕組みになります。(この仕組みは違法ではありません)仮に『みなし残業代35時間込』と記載があれば、「書かれた時間分の残業代も含めてこれだけの給料になります」というワケです。が、悪質なブラック系の求人では『みなし』という言葉自体が場合もあるので、気をつけましょう。

    転職活動を開始するにあたって、様々な手段で情報を得ることが多いと思いますが…

  • 転職を始める際、いろんな経路で情報を収集する人が大半だと思いますが、転職に関する「口コミサイト」は、かなりオススメです。過去に、会社に不都合な内容の口コミが掲載されたという理由から、サイト運営者に対して損害賠償請求をしたケースがありました。辞めた(辞めさせられた)社員の腹いせによってそういった口コミが投稿された、という見方が一般的ですが、違った角度から見れば、書き込みの内容が嘘であれば、会社としては気にしなくていいようにも思えます。あるいは、現実は『クロ』で「本当のことを書かれてしまったので、潰そう」と考えているのかもしれません。「口コミサイト」も炎上することで注目されるので黙認しますが、悪い口コミが目立つということは、それだけ、入社してから不利益になるリスクが高い地雷企業であると判断して良いでしょう。そもそも、いい会社には煙すら立ちませんから。

    初めて転職を行うとき、注意しなければいけないのは仕事を変える理…

  • 人生で初めて転職をする際、頭に入れておかなければいけないのはなぜ現在の仕事を去る必要があるのかについて頭の中で整理しておくことだと断言できます。その理由こそが根本問題なので、必ず考えておくべきでしょう。問題を解消できるであろう会社を選んでみてください。社会に出てからの転職活動は、学生時の就職活動とは違い、働きながら就職活動をしていくことから、時間の管理をうまくやっていかなくてはなりませんし、メンタル的な強さや体力も求められます。それがために問題の明確化ができていない状態で転職活動を行った場合、途中で挫折したり、息切れしてしまいます。「ゼッタイに転職したい!」「現状をなんとかしたい!」という感じの強い気持ちがない場合は、転職活動の開始はあきらめましょう。

    古来より「石の上にも三年」というコトワザがあるのですが・・

  • 古来より日本には「石の上にも三年」という教訓があります。現在、終身雇用制は死語になりつつあります。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験するのが決して珍しいものでなくなっています。とはいうものの、「転職」が当たり前になったからといっても、簡単に仕事を変えようとする行為はとても危険なことです。実際に再就職するつもりなら、重要なのはタイミングといえます。はじめに、現在の職場・や自分の置かれている立場などについて、何が不満なのか、何が不適なのかを箇条書きにして最低でも5項目、多くて10項目は紙とペンを使い、リストにしてみましょう。其れによって転職活動の次の一手を考えやすくなります。そして決断したら先るだけ迅速に、良い職を手に入れられるように進めることが大切です。

    転職活動における最後の壁として、「現職の退職」があげられるのではないでしょうか。

  • 転職活動をする上での最後の難関として、現在勤めている企業からの退職があげられます。転職先の企業から採用の内定をもらえたとしても、今いる会社が退職を慰留しに掛かるかもしれません。そういったケースでは、障害を乗り越えて退職する、という強い信念を維持することが重要でしょう。仮に引き留められ、一時的に残ったとしても、一時辞めたいと思った会社は、最終的には関係が終わることになります。退職を効率的に行うには、会社の規定に目を通しておき、退職までに必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届をきちんと作成しましょう。そして、決定権のある上司と相談し、「退職については、いかなる交渉にも応じる気はありません」とハッキリと伝えましょう。「円満退社」で現職を終えることも転職活動の重要なポイントです。

    派遣会社に登録して仕事をしています。

  • このところ私は派遣会社に登録をしています。ウェブサイトで気の向くままに自分に向いていそうな仕事を見つけ出し応募しようとすると「そのお仕事はもう別の人で話が進んでいます」とお断りされてしまい瞬間的にウェブサイトから仕事の情報が見えなくなるのですが、その翌日にそのページを見るともう一度載っています。これって結局私ではよくないのだということですよね。そうであれば最初からトラブルにならない程度にはっきりと教えてくれるといいのですが、なかなかそうはいかないのでしょうか。それともまた客寄せのための架空の仕事を載せているのでしょうか?

    派遣会社に登録して仕事をする人が近時は多くなっていますが・・

  • 派遣会社に登録して仕事をしている人が規制緩和以来、増加しています。派遣先が派遣会社にいくら支払い、トータルのお金(または比率)、自分に入るのかを可能な限り面接の際に質問しておいた方がいいでしょう。派遣業は、人手を欲する企業に人材を派遣し、その見返りに手数料を徴収する形を取っています。派遣会社の多くは、派遣労働者の取り分を公開していません。半分以上を派遣労働者へ還元しているなら、良いのですが中には開示すらしない派遣業者も少なくなく、酷い派遣業者では、労働者に3割しか還元しなかった、という場合もあり得ます。面接のときにきちんと返答しない会社は、不都合な点を隠す体質であることが少なくないので、極力その派遣会社で働くのは断念した方が良いです。

    先日転職先を見つけるために人材バンクへ登録を行いに行きました。

  • 昨日新しい仕事先を探すために人材紹介会社へ登録に出向きました。そこで登録するときのカウンセリングに出てきた担当の人の雰囲気が見たところ経験の少ない社員のようで、私が説明した話の3割もその社員は理解できていない模様。それにもかかわらず「このキャリアデザインではダメですね」とか「もっと強みを明確化しいていくべきでしょう」とか、わかったふうに偉そうにしゃべるので非常に不快な気分になりました。カウンセリングを担当する人はそこそこカウンセリングのスキルがある人にしてほしいものです。