2021-06

未分類

再就職の際に必ず受けることになる面接では、中小企業であれ・・

転職の際の面接は、小企業であれば、大体、そこの会社の「人事」担当者が面接官ですが、場合によっては違うこともあるようです。例を挙げるなら、これから仕事をすることになる作業部署の一番偉い人、わかりやすく言うと管理職クラスである課長や部長が面接する可能性も考えられます。
未分類

もしもあなたが転職したいと考えているなら、あらかじ…

もし転職を予定しているのなら、転職前に「資格」を取っておくと選択肢が増えます。とくに、仕事をしているあいだに資格取得をしておくと、転職活動でそれを生かせることができるので、転職先を探すのが容易になります。ですから、在職中の時間が一番最適といえます。もしあなたが未来を考え、このあとに役立つであろう資格を取得しておけば、今の会社を辞めたあとも前向きな姿勢で転職に挑むことができます。
未分類

楽しみを見出しながら再就職に向けての転職活動をすることができたら、…

楽しみながら転職活動をすることができれば、精神的な負担も少ないので、結果として転職活動の間に堕落しないで済みます。メンタル面が健やかな状態であれば、あまり時間をかけることなく転職先も見つかるはずです。理想的なのは、やはり、スムーズな隙間のない時間で新しい職場に飛び込むことが大事です。
未分類

2,3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりなのに、わずかしかたっていない・・

このあいだ転職をやっとしたばかりというのに、早期に退職を決断する人がけっこうよく見受けられます。何故かと考えてみると私見ですが新たな仕事を手に入れたはずなのに「自分の期待していた職場と堪えられほど違っていた」「職場の雰囲気にどうしても馴染めない」と考えて別の仕事を探すことが多いようです。
未分類

全くの未経験の分野などに転身したいと思っている場合に…

経験したことがない分野などに転職したいと考えている場合には、前の仕事で、自分が養われた腕前やこれまでの経験値が生かせるという内容の自己アピールが必要です。初めての分野の場合、未経験の分だけそのジャンルで働いたことがある人よりも正直、不公平な状態になりますが、自分自身が保持している力がその業界でも生かせるということをしっかりと話せれば、戦うことができるケースも出てきます。
未分類

新しい職場(転職先)では、年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。

新しい職場(転職先)では、すぐに「年間報酬」を高望みしないほうが無難です。入社したはじめの年度は、ほとんど試用期間を含んでいる会社がケースが少なくありません。私の転職して新たな仕事をした時は、四苦八苦して転職したというのに、悲しいかな前いた会社での年間報酬とほとんど同じということがありました。
未分類

転職での面接などの時に担当者が名刺を手渡してきた場…

転職における面接などに関してもし面接担当者に名刺を差し出されたとしたら、あなたも相手の方に名刺を渡すべきであるのか?と悩んだときは、ほとんどの場合は差し出さないもの、と思っておいてください。転職のための面接とは仕事の延長ではなく、職に就くための就職活動の一部であるわけですから、大方は名刺を交換する時間とは異なります。
未分類

転職活動をする上での最後の問題として、今勤務している会社の退職があります。

転職活動における最後に残る難関として、「今勤めている会社をいかにして辞めるか」という問題があります。転職先から採用の内定をゲットしても、現在勤務中の会社が、あなたを離したくないと引き留めることは多々あります。そういったケースでは、絶対に退職する、という強い気持ちを維持することが重要といえます。
未分類

現在では、株や不動産投資等の不労所得や自営業・起業といった生き方も社会的に人気を集めています。

近年では、株式・不動産投資をはじめとした不労所得、もしくは個人事業や起業を目指す人も増えています。一概に「会社の下で働く以外は怖い」といった従来の見解も変わりつつあるようです。1960年代ごろの高度経済成長を遂げている最中には、どうなるかわからない自営業で生きるよりも組織の一員のほうが安定していてました。
タイトルとURLをコピーしました