未分類

未分類

今日、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく…

近年、ウェブ上の就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティング会社も増加しています。あなたが特許を取ったことがあるなら、ヘッドハンティングの対象になりやすくなります。彼らは、特許を出願した人のほかに、研究開発で論文を発表した経歴のある人や、マスコミによって注目を浴びた人など、何かしらの「功績」を残したと思しき人をターゲットに、電話やメールでコンタクトを取り、ヘッドハンティングのネタにしようと考えています。
未分類

もしも再就職の前に、今働いている会社の同僚たちがあなたの退職を知る…

もし転職することが、今働いている会社の人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、職場の空気が一変することがあります。人間関係によって、妬みなどから意地悪されることもあります。酷い場合には、意図的に残業を押し付けられたりすることもあるので、軽はずみに「転職します」と周囲に伝えるのは考えものです。
未分類

再就職の面接につけていく腕時計は、明らかに目を惹くタイプ・・

再就職をする際の面接につけていく腕時計の事ですが、どう見ても目立つ時計はつけないほうが好ましいです。腕時計で目立つものというのは有名ブランドの腕時計であるとか、といったことだけではありません。逆にチープに見える腕時計に見られてしまうとか、そういう目立つという意味であって両極端な意味で目を惹く、ということでとらえておきましょう。
未分類

再就職しようとする際に絶対に書く必要がある履歴書などにおいては…

転職をしようとする際に必ず必要となってくる履歴書や職務経歴書などについては、だいたいはパソコンを使って作るのが当たり前です。今現在の日本においては履歴書はパソコンを使わず自筆で準備するのが普通だと考えられている面も多々ありますが、それは新卒の就職活動やアルバイトやパートの時に用意する履歴書であって、実際には、転職の時は100%手書きでないといけないと言い切ることはできないのです。
未分類

就職活動をする場合に注意すべき求人は、そこまできつくなさそうな仕事内容なのに給料がよ…

就職活動をする場合に気を付けて欲しい求人内容は、そんなにきつそうな仕事内容ではないのに給料が高く、拘束される時間が長めというものです。このような求人内容は、給料に『みなし残業代』が含まれているケースがよくあります。みなし残業代というのは『みなし』とも呼ばれ30時間・45時間というように(時間は例えです)求人の記載内容に時間が併記されているものです。
未分類

転職の際の採用面接では、小規模業者だったらほとんどが人事担当者になりますが…

再就職の際の面接では、中小企業であれば、大抵は「人事」が面接担当ですが、状況によっては、人事以外が担当するかもしれません。直接、これから一緒に仕事をする現場の一番偉い人、一言でいえば役職クラスである部長や課長が担当することになるでしょう。とりわけ事務職や営業職に再就職する場合は資格などという人の評価が難しいですから、やはり自分という人物を売り込んでいくことが必要であります。
未分類

もしあなたが転職を考えているなら、前もって「資格」を取っておくと選択肢が増えます。

もし将来、転職したいと考えているなら、転職前に資格を取るとステップアップします。また、在職中に資格取得しておくのがベストです。転職にそれを有効活用できるので、次の仕事も見つけやすくなります。なので、在任期間中が資格取得においての一番最適です。あなたが未来を考え、このあと役立つ資格を持っておくと、今の仕事に別れを告げても前向きに次に進めるはずです。
未分類

将来に目を向け、たのしい気持ちでいながら再就職に向けての転職活動…

たのしい気持ちでいながら転職と向き合うことで、メンタル面での重荷も少ないので、転職期間中の堕落も避けられるでしょう。そのうえメンタル面が良好であれば、割と早く転職先も見つかるはずです。もっとも良いのは、やはり、休職期間を作らずに新たな勤め先を見付けることが大事です。
未分類

2,3ヶ月まえに、転職をやっとしたというのに、少ししか仕事もしてないのに…

ほんの2ヶ月まえに、転職したばかりであるにもかかわらず、入ってすぐに辞めてしまうことを決断する人がなんとなくよく見受けられます。何故そうなるのかと考えてみると新たな気持で新しい職場に飛び込んだものの、「自分自身の理想としていた仕事とおかしいと思うほどギャップがあって幻滅した」「ルールに慣れなかった」というワケで退職してしまうみたいです。
未分類

全くの初挑戦の業界などに転身したいと考えているときには、…

全くの初挑戦の業界などに転身したいと思っている場合には、自分が前の職場で育んできた腕前や今まで経験したことが生かせるという内容の訴えがいるようになります。その業種の未経験者はその分その分野で働いたことがある人よりも事実、不利な状態になりますけど、自分自身が保持しているスキルがその分野でも十分に生きるということをうまく話すことができれば、勝負になる場合も出てきます。
タイトルとURLをコピーしました